雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険料の払込が困難になることが予想されても

投稿日:

ここでは、生命保険の終身保険と定期保険について、色々と紹介して行きたいと思います。

・終身保険

高齢になって収入が減少した後は、保険料の払込が困難になることも予想されます。そのため、収入のあるうちに保険料を払ってしまって、あとは生涯にわたって保険料を支払わないで保障だけ継続してもらう、という方法が考案され、一般に用いられています。

被保険者が生存しているかぎり保険料を払い込むタイプのものを、有限払込終身に対して終身払込終身といっています。また、有限払込または有期払込の支払方法をとる終身保険を有限払込終身保険と呼んでいます。たとえば、六十歳まで保険料を払い込み、以後、保険料を払わないものを六十歳払込(または六十歳払済)終身保険というように呼びます。

終身保険では保障が終身続くため、加入後、契約者がかなりの高齢になる場合があります。この保険には特定の保険期間がなく、終身にわたって保障が続き、保険加入後、被保険者がいつ亡くなっても保険金が支払われます。

保険料の払込忘れなどで契約が失効してしまう危険が少なく

・定期保険

同じ保険金額に対して定期保険とこれらの保険とで保険料はそんなに違いません。積立金部分には配当金がつき、必要なときにはまとまったものが受け取れます。ある程度積立金(解約返戻金)がたまれば、保険会社からその部分を自由に引き出すこともできるのです。

契約した最初の一年は、定期保険より少し余分な保険料がこたえるかもしれませんが、一年たてば収入も増加して、負担感は緩和されるでしょう。保険の満期時(終身の場合は解約時)にいくらか受け取れる楽しみがある、養老や終身の積立金のたまりを使って保険料の自動貸付制度が利用できるので、保険料の払込忘れなどで契約が失効してしまう危険が少なくなる、という利点があります。

終身保険や定期保険の特性をよく知っておくと、加入する際に迷うこともなくなるでしょう。事前に勉強しておくことをおすすめします。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

医療保険・ガン保険の保険料に関する税務処理は

医療保険・ガン保険の保険料に関する税務処理は、2001年(平成13年)年8月国税庁より通達が出されています。医療保険・ガン保険の保険料に関する税務処理について、色々と見ていきましょう。 医療保障部分は …

no image

子どものいる場合の生命保険や、いない場合のケースなど

~夫婦で子どもがいる場合~ 30代の夫婦で子どもがいる場合は、独身者や子どもがいない場合に比べて当然家計の支出は多くなります。逓減定期保険や、収入保障保険などを上手に利用すれば、家計を圧迫しない範囲で …

no image

生命保険の相談はどこで行えば安心なの?

一家の貴重な生命保険という財産のことなのだから、相談料を払っても、正しい保険のあり方に沿った保険に加入できるよう、キチンと相談すべきだと思う。生命保険はどこに相談したらよいのか。どこに相談し何を信頼す …

no image

税理士が保険をすすめる場合に起こりえる問題点について

~保険そのものも販売理論(方法)も疑問、税理士が勧める場合の問題点~ 税理士は職業柄、いろいろな企業や団体の経理・税務顧問を行なう。顧問を依頼している企業・団体は懐具合をしっかりと握られていて、税理士 …

no image

ほけんのFPの評判

ほけんのFPは、有限会社ユニバーサル・リスク・コンサルティングが運営している保険の無料相談サイト。 ほけんのFPは、相談料が0円、無料で、費用を気にせず気軽に相談できます。複数の保険会社の中から、自分 …