雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険金は契約者の財産でなく受取人自身の財産として取り扱われる

投稿日:

A子さんは結婚五年ですが、まだ子供がないうちに、ある日、夫が事故で急逝しました。夫はいつもA子さんに俺は保険に三千万円はいっているから、君も安心だなといっており、また毎月保険料を払っていたため、A子さんも、夫に保険があることは知っていましたが、保険証券はよくみたことがありませんでした。

A子さんはすぐ保険会社に事情を話し、保険料も自分たちの家計からやりくりして払っていたのだし、夫の父親はもう亡くなっているので保険金は私(A子さん)に払ってほしい、と請求しましたが、こんな場合には、受取人であった夫の父親の相続人(このケースでは、存命中の父親の妻と亡くなった夫の兄弟姉妹)に支払われるとのことで、結局、A子さんは保険金を受け取れませんでした。A子さんが保険金を請求しようと証券を出してみると、その保険金受取人は、一二年前に亡くなった夫の父親になっていたのです。

こういうことになるのは、被保険者が亡くなられるとそのとき保険金受取人が確定し、保険金は契約者の財産でなく、受取人自身の財産として取り扱われるからです。結婚前に生命保険に加入する際、父親や母親を保険金受取人にしておくのはよくあることですが、もし被保険者(前の例でA子さんの夫)よりも前に保険金受取人(A子さんの夫の父親)が亡くなり、受取人を変更しないうちに被保険者が亡くなると、もう受取人を変更することはできません。

契約者貸付制度を利用している場合

契約者、被保険者、受取人の改姓、改名、あるいは名前、年齢の間違い町名変更、通信先の変更など保険料払込方法や社員配当金、保険金受取方法の変更保険期間を短くし、または延長すること払済、延長保険への変更保険金額の増、減額、借入金を返済するか保険料の振替貸付や、契約者貸付制度を利用している場合、貸付残高は手元に連絡されています。

これらの貸付にはとくに返済期限はありませんが、借りていればやはり利息がついてふくらんでいくため、都合をみながら返済についても検討してください。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険を安くする方法はいくらでもある

一般的に保険料の安い保険は、保障の質が低いと思ってよい。たとえば、一生涯の死亡保障のある終身保険に加入して、将来は死亡保障額を少し小さくしても一部分を解約して、解約返戻金を年金にしようと考えるなら、保 …

no image

保険で死亡することでしか得をしないものが多い

いま漢字系生保各社の主力保険は、質の悪いアカウント型保険、抱き合わせ保険の定期付終身の、2種類のうちのどちらかだ。主力保険が化け物という言い方をする人もいるが、一言で言い表すなら、抱き合わせ保険の定期 …

no image

10年定期保険・自動更新型に加入の際

10年定期保険=加入金額は、「借入金額×2」が一つの目安となります。大手の大同生命、PCA生命(旧社名オリコ生命)、三井住友海上きらめき生命、損保ジャパンひまわり生命、あいおい生命で販売する「無解約返 …

no image

保険の営業の極論で納得させるやり方

「極論」に走る営業は、やはり反則です。感情を共有しやすい、しかし、実は珍しい部類に入る個人の体験談を熱く語って、お客様の「感情」を揺さぶるやり方は、冷静な「判断」を狂わせるという点では、結局「おまけ」 …

no image

保険料の計算-計算機を使う習慣を身につける

保険証券は、日ごろ、大勢の相談者から寄せられる保険証券を見慣れている専門家でも、とても難解で読み違えることがあるという。特に漢字系生保の保険証券は、ゴテゴテと付いている特約が分かりにくく、読むのにー苦 …