雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険会社の海外投資スタンスは変化している

投稿日:

金利、為替動向を含めた国際経済の動きにあわせて保険会社の海外投資スタンスは変化しています。企業などへの貸付金については、かつては運用先のメインであり、昭和五十年頃は全資金の七〇%近くが運用されていましたが、企業の資金調達の流れは著しく変化しています。外債については従来マーケット規模との関連もあり、主として米ドル債に投資されていましたが、最近ではマルク債、ポンド債、カナダ・ドル債、オーストラリア・ドル債などにも分散投資されています。

外国債については国内で運用するのに比べて三(四%程度の金利差(外国の方が高利回り)がある場合、保険会社側ではこの金利差に着目して先述の配当財源として、昭和六十年代の初め頃にはかなりのウエートをおいて運用してきましたが、その後の円高、金利差の縮小によって最近ではその運用シェアは減少しつつあります。外国証券は、主に外国債券と外国株式で総資産の約九%弱を投資しております。

リスクへッジの意味合いも

これらの外債と外国株式には生保の総資産の一二%程度(平成三年度)が向けられています。これら海外への資金分散についてはいま述べたねらいのほかに、国内での大地震の発生、あるいは、巨大リスクの発生に対するリスクへッジの意味合いももっています。バブル崩壊後は証券市場からの資金調達が難しくなり、企業は再び借入金による資金調達に重点を置いています。昭和五十年当時は、企業は借入金中心に資金を調達していましたが、間接金融から直接金融へのシフトを進め、特にバブル期にはいわゆるエクイティ・ファイナンスを中心に資金調達を行いました。

しかし今後は、企業は金融情勢を世界規模で展望しながら株式の時価発行や多様な社債の発行などで低金利の資金を調達していくとみられています。企業などへの貸付の内容をみると、鉄鋼、電力などの基幹産業を中心とし、ガス、運輸、通信、そのほか重要産業に対して行われています。生命保険会社の貸付金のウエートは低下傾向にあり、四〇%を割り込んでいます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険の転換を何度も勧めてくるセールス担当者には気をつけよう

いちど生命保険に加入すると、セールスの担当者が何度も何度も保障額が大きくなった新商品に変えませんかとやってくることがよくあります。でもちょっと待てください!転換はワナだらけです。 ・結婚して家族がふえ …

no image

病院に生命保険を売り込む場合

病院に生命保険を売り込む場合について、色々と紹介していていきます。 病院のドクターは、診療科目ごとにも特徴があります。病院に生命保険を売り込む場合、病院のドクターの現状と将来を見据えた、相続対策や一人 …

no image

利差配当保険とは?運用利益が出た場合その利益を配当金として還元

国内生保の有配当保険の保険料がいちばん高く、次いで損保系の利差配当保険、損保系の無配当保険、外資系の無配当保険の順になっています。会社によって扱っている保険種類は当然違っています。 これまでの選択肢は …

no image

ジブラルタ生命保険-昔の体質をひきずり単体保険の組み合わせ

ジブラルタ生命の保険はオーダーメイド保険だが、昔の体質をひきずり単体保険の組み合わせと指摘する専門家はいる。ジブラルタ生命は、平成一三年四月三日に発売したマイファミリーV(ヴァリエ)という抱き合わせ保 …

no image

税制適格年金の要件・要項

企業年金について、ほとんどが「税制適格年金」で、従業員数100名以下の企業では約25%が導入していますが、導入率は低減傾向にあります。導入率が低減傾向にあることからわかるように、余裕のない中小企業が増 …