雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

生命保険の予定利率とは何か?

投稿日:

ここでは、予定死亡率について説明します。

予定死亡率=いま、コインを投げる場合、表が出るか裏が出るかは投げる前にはわかりませんが、何万回と投げてみれば、表も裏もその投げた回数の二分の二回にきわめて近い回数ずつ出ることがわかるでしょう。このように、一回一回でみると偶然で無秩序のように思われる事柄でも、大量に観察してみると、そこに一定の秩序、法則性がみつかります。これを数の法則といいます。

たとえば保険会社に積み立てられる部分が累積されて生命保険業界全体では百兆円以上というような大きな資金量になるのですが、この資金を運用すれば当然利息がつくので、この利息部分をあらかじめ見積もって、その分だけ保険料を安くしておこうというのが予定利率の考え方です。

実際に使用されている生命表

現在、実際に使用されている生命表は、日本全会社生命表一九八四-八五(略称、第五回全会社表)と呼ばれるもので、これは生命保険協会加盟の全生命保険会社(二十社)の昭和五十九年から六十年までの二年間の被保険者の死亡状況をもとに作成されました。このように、生命保険会社が被保険者のグループの実績をもとにして作成した生命表を経験生命表または単に経験表といい、厚生省が国勢調査による死亡統計をもとにして作成するものを国民生命表といいます。

払い込まれる保険料はその年度内に全部支出されてしまうわけではなく、ある一定の部分は将来の保険金支払いのために、保険会社に積み立てておかれます。人の生死もひとりひとりについてはその時期がはっきりしませんが、たくさんの例について調べてみると、たとえば三十歳の人千人のうち何人が一年以内に亡くなるか、あるいは平均的にみてあと何年生きられるか、などがわかります。このように年齢別の生存者数、死亡者数を統計的に表したものを生命表(または死亡表)といい、保険料はこの生命表の死亡率を基礎(予定死亡率)として計算されます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

簡易生命保険が一番安いのだというイメージは間違い!?

簡易保険は国が行っている生命保険事業だから、民間の生命保険よりも、すべてに勝ると思っている人は、驚くほど多い。確かに一時は民間の生命保険よりも保険料は安く、配当がよい時代もあった。しかし、歴史は移ろい …

no image

基本的な保険料の考え方-何とか払えるなという意識は危ない

初めて生命保険に入るシーンは、大方の人々は学校を卒業して社会人になった時だろう。保険料を、どう考えるか。保険料とは、自分が契約した保障の内容に対して支払う対価のことで、その金額も大事だが、受け取れる保 …

no image

格付情報の類型と実態-実は2種類の方法がある

格付けがどちらであろうと、最初に破たんした日産生命のときには、破たんまでに同社が公表していた債務超過額は約525億円ということだった。ところが破たんした直後に分かった本当の損失額は、それまで発表されて …

no image

ユニバーサル保険とは?画期的な生命保険商品

ユニバーサル保険は、日本では2003年になって出てきましたが、取り扱う会社も少なく、名前は同じでも米国のものと同等の商品性を持つものはごく一部しか状態。つまり、まだ一般的ではありませんし、みなさんの耳 …

no image

医療保障保険の問題-日本人の大きな誤解と錯覚

最近は、生命保険会社各社も医療保障保険の販売に力を入れ始めた。それでも死亡保険に医療特約(または入院給付特約)という形で加入している人がほとんどだ。この医療保障保険に関する部分は、日本人の保障に対する …