雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険下取りのメリットや利用にあたって留意しておきたい点

投稿日:

・古い契約を下取りしてもらう

何口にも分かれているのは、保険料の払込やなんかで面倒だし、これを保険会社で下取りして一件にまとめてくれないかな、というときに役立つのが契約の下取り制度です(正式には転換制度といいます)。もう一件追加加入しようかという時、気になるのが今までの契約です。保険に加入してしばらく年数がたちました。当時は十分な額だったつもりが、いまとなってみると、いろいろ不安もあって少し足りないかな、という感じです。

下取りのときには、いままでの契約の積立金が解約の場合よりも契約者に有利に評価されるほか、長期継続配当および消滅時配当の権利もそのまま新契約に引き継がれるなど、既契約を有効に活用できる仕組みになっています。新しい契約に加入する場合には、下取り制度(転換制度)の利用がよいでしょう。これは、新しい契約に加入する場合、手持ちの契約を保険会社に下取りしてもらって、新しい契約に割安で加入できる制度です。

大型保障保険に切り換え

すでに加入している契約を下取りしてもらって、大型保障保険に切り換えようというわけです。この手続がすんだあとは、もとの契約はなくなって、新契約または一件にまとめられます。利用にあたって留意していただきたい点を記しておきます。その一は、もとの契約の満期時期は新契約となって変わってしまっている、ということです。加入後かなり期間が経過して、満期が近い契約を下取りに出す(転換する)時には、このことによくご注意ください。

一人で複数の契約に加入している場合、多くの保険会社では名寄せをして年に一回はあなたのすべての契約の現況報告一覧表を送ってくれます。古い契約はとても大事なものですから、新しい保険に追加加入する場合、契約が複数になって面倒だ、ということが我慢できるなら、かなり年数のたった契約はそのまま継続し、新しい保険にもう一件入るか、あるいは保険金の中途増額制度を利用されるのも一法だと思います。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険に加入する際に注意したい項目

営業員から計算書(設計書)を見せられると、保障の内容よりもこの保険料なら支払えるかなという、保険料第一主義になっているようだ。生命保険は自分と自分の家族のために加入するものと、再確認してほしい。ところ …

no image

生命保険ってなに?難しくなく知ってみると面白いものです

生命保険って、なに?知ってみると、面白いもの、生命保険は老後を守る手段のーつ。生命保険を利用しなければならないとき、生命保険に対して自分自身のしっかりとした知識と理念が無ければ、常に保険会社と保険屋さ …

no image

終身保険が初めて生命保険に入る人にぴったりである理由

終身保険が、20代の独身、とくにこの時期に初めて生命保険に入る人にぴったりである理由を挙げます。 第一は、お金が貯まるという点です。 20代は、結婚資金や住宅購入資金を貯めたい時期でもあります。貯蓄を …

no image

健康保険の仕組みや中身を知っておくと戻ってくるお金が大きい

高額療養費制度について知っている人は意外と少なく、知らない人ほど複数の民間医療保険に加入している割合が高いといえます。気をつけなくてはいけないのは、原則として申請しなくては払い戻されないケースがあるこ …

no image

アカウント型保険はその状態になるとは限らないことの保障では?

絶対という言葉を使うなら、人に等しく絶対にあるのは死だけで、それ以外の状態は、絶対にあるともいえないし、絶対にないともいえない。そういう状態になるかならぬかは、確率の問題だ。最近の抱き合わせ保険のうち …