雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険下取りのメリットや利用にあたって留意しておきたい点

投稿日:

・古い契約を下取りしてもらう

何口にも分かれているのは、保険料の払込やなんかで面倒だし、これを保険会社で下取りして一件にまとめてくれないかな、というときに役立つのが契約の下取り制度です(正式には転換制度といいます)。もう一件追加加入しようかという時、気になるのが今までの契約です。保険に加入してしばらく年数がたちました。当時は十分な額だったつもりが、いまとなってみると、いろいろ不安もあって少し足りないかな、という感じです。

下取りのときには、いままでの契約の積立金が解約の場合よりも契約者に有利に評価されるほか、長期継続配当および消滅時配当の権利もそのまま新契約に引き継がれるなど、既契約を有効に活用できる仕組みになっています。新しい契約に加入する場合には、下取り制度(転換制度)の利用がよいでしょう。これは、新しい契約に加入する場合、手持ちの契約を保険会社に下取りしてもらって、新しい契約に割安で加入できる制度です。

大型保障保険に切り換え

すでに加入している契約を下取りしてもらって、大型保障保険に切り換えようというわけです。この手続がすんだあとは、もとの契約はなくなって、新契約または一件にまとめられます。利用にあたって留意していただきたい点を記しておきます。その一は、もとの契約の満期時期は新契約となって変わってしまっている、ということです。加入後かなり期間が経過して、満期が近い契約を下取りに出す(転換する)時には、このことによくご注意ください。

一人で複数の契約に加入している場合、多くの保険会社では名寄せをして年に一回はあなたのすべての契約の現況報告一覧表を送ってくれます。古い契約はとても大事なものですから、新しい保険に追加加入する場合、契約が複数になって面倒だ、ということが我慢できるなら、かなり年数のたった契約はそのまま継続し、新しい保険にもう一件入るか、あるいは保険金の中途増額制度を利用されるのも一法だと思います。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

老後のためであれば保険よりも貯蓄の方が有利

同じ保険金額であれば、期間に限りがある定期保険よりも終身保険のほうが保険料コストは上がります。そこで、終身保険に加入する意味、目的をはっきりさせ、それを満たす商品かどうかの検証をしてみましょう。保険料 …

no image

保険の目的の違うものを抱き合わせたことの弊害

定期保険特約付終身保険の加入者の大多数が、こんな内容とは全然知らなかったと言うことが多いらしい。大多数の人々が誤解のまま契約を持ち続けているということは、加入時にどれだけ正確な情報を契約者に伝えたのか …

no image

個人年金保険とは?老後の生活資金の確保をしたい人向け

~老後の生活資金を確保したい個人年金保険~ 老後の生活資金の確保をしたいというニーズに応えるために、個人年金保険が登場しました。あらかじめ決められた年齢から毎年一定額の年金が支払われます。老後の生活資 …

no image

保険は収入保障保険がおすすめ-保険料が安くなる

~定期付き終身保険をもっと安く~ 更新型のメリットを利用する方法はないでしょうか。定期付き終身保険には更新型と全期型があり、そのなかでも更新型が多くの人が加入している保険です。更新型のメリットは、定期 …

no image

保険の種類は2つだけ

保険の種類は2つだけ。「保険」の契約とは、万が一のことが起きてしまった後に、「経済的に遺族を守ってくれる」ガードマンを雇うようなものです。ただ、保険料が警備保障費と違うのは、期間限定の「警備保障基金」 …