雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険プランの定期的なチェック

投稿日:

身体にピッタリ合わせた洋服でも、五年、十年とたてば着られなくなります。身体に合わなくなったり、物理的には着られても心理的に陳腐化して着られなくなることもあります。三年、五年あるいは十年たったとき、やはりその加入のときのままでよいでしょうか。答えはノーであるに違いありません。いろいろな状況を慎重に検討、勘案して理想的な生命保険に加入したとします。理想的というのは、加入金額だけの意味ではなく、目的にあった保険種類の選択、受取人の指定、保険金受取方法の指定など、すべての面を含んでいます。

洋服でもそうですから、まして世の中は非常な勢いで変化していき、それにつれて私たち自身も、また私たちを取り巻く環境も急速に変化していきます。再検討してみると、変化の大きいことにきっと驚くでしょう。チェックには大して時間はかかりません。この環境変化に対応して、いつも理想的なーとまでいえなくとも少なくともそれを意識しつつ、それに向かって、保険プランを維持していくためには、加入後三年に一度くらいは保険計画をチェックすることが必要です。

保険金額はもとのままでよいか

たとえば、子供の学資確保だけを考えてこども保険に加入していたが、収入もふえたし家族の保障のために懸案の大型保障保険にはいろうとか、そろそろ老後の準備のことも考えなければならないから、普通養老保険や年金保険のことを調べてみよう、とかいろいろなことに気づくでしょう。ただ、その時慎重に決定したとしても、いまもそのままでよいでしょうか。契約の下取り(転換)制度も研究してみましょう。年数がたてば給与もふえ、家族の生活水準も上がります。土地を買い、あるいは家を新築、増改築され、ローンもふえているかも知れません。

受取人を変更するのは契約者の権利で、変更するときには、いままでの受取人の同意は必要なく、被保険者の同意を得れば、保険会社にその旨中し出て変更手続きをするだけでよいのです。受取人が変更されると、保険証券に裏書きされます。いままでの受取人が亡くなったり、自分が結婚したり、その他の状況の変化に応じて、いつも契約者の気持ちどおりの保険金受取人になっているかどうか調べておきましょう。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生保会社が破綻してはたされることがなかった約束事

解約返戻金は、掛け捨ての定期保険ではほとんど無いか、少ない。しかも原則的に掛け捨てであるから、保険会社が破たんしたとき、何も返ってこなくても仕方ないとあきらめもつく。これに対して貯蓄性という意味合いか …

no image

介護保障保険とは-要介護状態となったときの保障に

・要介護状態となったときの保障に 寝たきりまたは痴ほう状態となった場合、家族の精神的・経済的不安は非常に大きなものがある一方で、核家族化や女性の社会進出等により、従来の家庭での介護には限界が生じている …

no image

成人病の症状になったときのために

~成人病になったときのために~ がん、心筋梗塞、脳卒中は日本人の死亡原因の上位を占めており、これらの成人病は現代人にとって不安な病気です。これらの病気にかかると、高額の治療費が必要となるほか、働き盛り …

no image

はいれます・シニア入院保険はだれでも加入できるというが・・

はいれます・シニア入院保険という医療保険だが、これはだれでも加入できるという無選択型の保険で、加入できる年齢が五五歳から八〇歳までの男女となっている。このシニア入院保険は、医学上重要な関係のある病気の …

no image

65歳以降の生命保険の補償についてもよく考えよう

保険についてよくある例としてこんな話があります。 Dさんが加入していたのは、3つの定期付き養老保険。それぞれ死亡保障額が2500万円(合計7500万円)、月々の保険料が1万5000円内外で、合計で毎月 …