雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険はパッケージ商品ではなくバラ売りされているものに入るべき

投稿日:

基本的に保険にはパッケージ商品ではなく、バラ売りされているものに入るべきだと思います。何より、わかりやすいからです。それでも、一点だけ言っておきたいことがあります。医療保険やがん保険は、パッケージ商品においては特約扱いだった機能個々にバラ売りされている商品です。お店の都合でコース料理しかメニューになのが、アラカルトのオーダーも可能になったようなもので、お客様にとっては歓迎すべきことです。最近ではテレビCMでもお馴染みの医療保険やがん保険がたくさんある。

入院に備えるだけなら、死んだ時のための保険までセットになっている商品なんか検討することないだろう?と思われた方もいらっしゃるでしょう。それは正論です。長期の入院の場合にも備えましょう。女性特有の病気で入院の場合には別途、お金を支払いましょうという具合に、どんどんオプションとして追加できる特約が増えてきている。もちろんお祝い金もつけられます。

シンプルな内容ではなくなってきている

さらに、終身保障特約という死んだ時のための保険も足せるようになっています。そうすると結果的に、小型の定期特約つき終身保険みたいな契約が結ばれることになります。バラ売りされている保険にも、近年、首をひねりたくなるような傾向が見られます。入院に備える医療保険といっても、病気やケガで入院した場合に、1日1万円支払われますといったシンプルな内容ではなくなってきているようです。バラ売り商品のパッケージ化。つまり、バラ売りされている保険のパッケージ商品化が進行しているようです。

ある保険営業員。「気持ちはわかるし、話も聞きます。でもできるだけ手短にねと、それだけのこと。キャリアが長い女性など、私なんか若かった時は、自分の客でも何でもないオヤジでも、とにかく手を握ってごめんなさい!で終わらせてたものよ。あなたがやったら効くわよ。行ってきなさい。騒ぐ人は怖くないの。本当に怖い人は、会社側の誠意が見たいと思いますとか淡々と言ってね、金取ろうとするの。その時は支社に電話しなさい。今日は、ぜんぜん大丈夫よと、落ち着いたものです」他人事だということです。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

財産形成給付金保険とは?

財形給付金保険は、文字どおり財形給付金制度の特典を受けられるように特別に設計された生存保険で、七年ごとに、積立金累計が財形給付金(生存保険金)として支払われます。 中小企業の財形給付金制度の実施を助成 …

no image

保険の目的の違うものを抱き合わせたことの弊害

定期保険特約付終身保険の加入者の大多数が、こんな内容とは全然知らなかったと言うことが多いらしい。大多数の人々が誤解のまま契約を持ち続けているということは、加入時にどれだけ正確な情報を契約者に伝えたのか …

no image

支出のバランスが大切-早死にしても誰も喜ばない

親が死亡して死亡保険金を分割するような場合も、均等でなければお兄ちゃんのお菓子の方が大きいというように、相続が兄弟姉妹の亀裂の始まりとなることは、珍しいことではない。 生命保険金の受取りの場合も、受取 …

no image

オール・オア・ナッシングの二者択一

私はいつも、お客様の保険との付き合い方を考える場合、天気予報の「降水確率」のことを思います、とあるもと保険営業員は語る。4人家族の保険料負担の平均は、年額で50万円を超えます。日本では万が一の際に備え …

no image

98歳定期保険など

保険会社によって、98歳定期保険・95歳定期保険を扱っていますが、90歳超であれば、100歳定期保険に比べても商品性に大きな違いはありません。中小企業オーナーにとっては、「勇退退職金の準備は従来の物ー …