雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険は公共性の観点から運用に留意

投稿日:

生命保険は、国民経済全体の立場からみて、公共性の観点から運用に留意しなければなりません。保険料の予定計算の際の利回りよりできるだけ高く運用し、その収益を配当金として保険契約者に還元して契約者の実質保険料の負担の軽減をはかることが、保険会社の資産運用の最終目標であり、この目標に向かって、多額の資金が貸付金、株式、債券、不動産など様々な形で効率的に、また安全・確実に運用されています。

資産の運用には、契約者保護のため法律上の制限も設けられており、保険業法および同施行規則では投資の対象とその量的な制限を規定しています。たとえば、株式の所有については総資産の三〇%以内、不動産は二〇%以内とされています。保険会社では、この法律にもとづいて財産利用方法書というものをつくり、大蔵大臣の認可を受けて、その範囲内で資産を運用しています。

国民経済的にみた公共性との調和

契約者のための有利性と、国民経済的にみた公共性との調和にはなかなか単純でない問題を含んでいますが、生命保険会社の資産は、安全・確実・有利の原則に社会公共関係の配慮を加えながら運用されています。運用状況をみると、おもなものは、企業などへの貸付金に三五%程度、株式に二〇%程度、債券に一三%程度(有価証券は合計で四二%)、不動産に五%程度などとなっています。生命保険会社は従来から資産の一定割合を株式に安定的に投資してきました。

この結果、生命保険会社が投資(保有)している株式を全部合わせると、全生保で上場株式の一三%程度を保有しています。株式投資については、株式配当金の収入だけでなく、売却益を得ることも目的として純投資の立場で実施しており、これらの利益は、通常配当金として契約者に還元されるほか、長期継続配当および消滅時配当として長期継続の契約者に対する優遇措置の財源になっています。公社債(国債・地方債・社債等)については、全資産の約一三%を投資していますが、公社債の発行・流通市場が整備されつつあることから、生命保険会社の資産運用先として重要性が増していくものと考えられます。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険見直し方法-問題が分かったら即アクション

生命保険の見直し方法には、次のようなものがあります。 生命保険の見直し方法を説明しましょう。 ・変換 診査はありませんから、その時点の健康状態にかかわらず変換できます。ただし、この方法を使える保険会社 …

no image

生命保険への不安-入っておかないとやっぱりマズいの?

「フリーなので不安です。将来に備えて貯蓄も一緒にできれば・・」 貯蓄は三角、保険は四角といい、貯蓄は目標額を貯めるまでに時間がかかりますが、必要な時に自由に引き出して使うことができます。一方、保険は契 …

no image

保険を知人の紹介で入るとロクなことがない

生命保険の相談を寄せられる人は、近年とくに多くなってきたらしい。そのなかで問題なのが、親子兄弟・親戚・友人知人・先輩後輩に生命保険のセールスをやっている人がいて、その人の世話で加入したという保険だ。 …

no image

保険会社が更新型をすすめる理由はビジネスのため!?

定期付き終身保険には2種類あり、更新型のほかに全期型という種類があります。更新型は10年、15年という単位で保険段階的にアップしていくもので、全期型は保険期間全体を通じて、一律の保料を支払っていくタイ …

no image

在来系仏教寺院への生命保険提案

在来系仏教寺院への生命保険提案は、組織的な提案がほとんどされていない開拓余地の大きなマーケットといえます。今も一部の仏教会では、特定の生命保険会社を指定会社としていますが、加入に対する強制力は、もちろ …