雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険加入状況一覧表の作成と手入れについて

投稿日:

・保険加入状況一覧表の作成と手入れ

保険加入状況一覧表には、保険会社名と証券記号番号のほか、契約者、被保険者、保険金受取人、保険期間、満期の時期、保険金額、保険料の払込時期などを記入してください。生命保険だけでなく、損害保険(火災保険や長期総合保険、自動車保険、傷害保険など)も含めて、加入している保険契約の一覧表を作っておき、それを随時手入れして、いつも最新の状態にしておく必要があるでしょう。

保険証券や、保険料の領収書、振貸、契貸の通知書などは散逸、紛失しやすいので、なにか適当な袋にまとめておくと便利です。また、その一覧表の内容については家族にも十分説明しておき、保険プランの定期的なチェックのときなどには家族で検討するのもよいでしょう。保険証券自体を銀行の貸金庫などに入れてしまうと、たまにしかみなくなります。したがって保険証券は手元におき、加入状況一覧表のコピーをつくって、むしろ証券よりもそれを貸金庫に預ける方がベターでしょう。

生命保険会社の資金量は百七十兆円以上

最近、新聞や雑誌などのマスコミでかなり頻繁に生命保険事業に関する記事が報道されるようになりました。これは、一つには生命保険が全国民的な高度普及の状態に達していること、高齢化社会を迎えてその観点からも生命保険の新しい役割に期待と関心が集まっていること、また生命保険会社側もこれに応えて新しいサービスを充実させつつあること、などによるものでしょう。生命保険に関する意見や、相談、質問などに対しては、生命保険協会や生命保険文化センターをはじめ各生命保険会社の本店、支社(営業部)あるいは支部(営業所)のどこでも応じていますので、ご利用ください。

また一方で、金融機関としても生命保険会社の資金量は百七十兆円を超え、国民経済や世界経済の中でその影響力が以前にまして相当大きなものとなっていることが挙げられると思います。生命保険事業は、生命保険の普及促進と保険金や年金の支払いを通じて国民福祉の安定と向上に寄与するという保険機能面と、保険料の蓄積の結果としての資産を運用する金融機能面の二つの顔を持っています。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険プランの定期的なチェック

身体にピッタリ合わせた洋服でも、五年、十年とたてば着られなくなります。身体に合わなくなったり、物理的には着られても心理的に陳腐化して着られなくなることもあります。三年、五年あるいは十年たったとき、やは …

no image

税務署が役員退職金が適正額であるかどうかを判断するには

税務署が役員退職金が適正額であるかどうかを判断するには。 役員退職金=最終報酬月額×通算役員在任年數×功績倍率(×功労加算係数)功績倍率は社長で3倍程度(5倍と規定したものは税務署から否認されたケース …

no image

死亡率に関するデータなどをベースに保険料は決められている

保険会社は、人の性別、年齢別に、平均余命といって、30歳の男性ならばあと48年生きて78歳で亡くなるといったデータを持っています。実際、このような死亡率に関するデータなどをベースに保険料は決められてい …

no image

保険は公共性の観点から運用に留意

生命保険は、国民経済全体の立場からみて、公共性の観点から運用に留意しなければなりません。保険料の予定計算の際の利回りよりできるだけ高く運用し、その収益を配当金として保険契約者に還元して契約者の実質保険 …

no image

不測の事態に備える保険

たとえば、小さな子供を抱えた働き盛りの世帯主と、平均寿命を超え、孫も自立しているような世帯主の死亡を比べてみる。死亡率では、断然、後者の方が高くなりますが、遺族にとって、保険金の有り難みが大きいのは、 …