雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険営業担当者が退社して契約は続いているというケース

投稿日:

本当に、不正な行為など、見て見ぬふりでもしなければ一目瞭然です。「そんなことをやって成績作っても、お前に将来はないんだぞ」などと注意する管理職もいません。ぎりぎりまで営業努力を重ねて、成績計上が締め切りに間に合った者は、その経緯を誰彼となく延々と語りたがりますし、表情にしても晴れ晴れとしたものです。しかし、大きな声では言えない手段を選んだ者の顔は、曇ったままです。達成感も安塔感も見られません。

自爆はもちろんですが、「不正契約」や「架空契約」で月末の売り上げの辻機だけを合わせるようなやり方は、キャリアのある管理職が見ていたら、一発で見抜けるはずです。数字さえ報告すれば、「端末の入力は済んだ成績計上できたんだね。そう。おめでとう」と、不問にされます。そんなことが毎月のように繰り返されるのです。

営業担当者が定着するわけがありません。当時から日本生命がテレビCM等で宣言している、「ずっと支える。もっと役立つとは、なんとも素敵なコピーです。しかし現実には、「生保の常識は世間の非常識」と呼ばれる恐怖政治が、「見せかけの売り上げ」を支えることに役立っていた。

受取人の名義を変えたいだとか

営業担当者が退社してしまっているが契約は続いているというケースがあります。それでも、お客様が、銀行の口座を変更したいだとか、受取人の名義を変えたいだとか、いろんなことを言ってこられます。営業部では、そんなお客様のフォローを、他の担当者などに振ります。新しい担当者が、そのお客様が望む諸手続きをしても、評価するシステムがないのです。

最近になって、やっと一部の会社が改善策を打ち出してきていますが、保険金の支払いに限らず、名義変更等、契約後のアフター・サービスを評価するシステムなど皆無に近いものでした。保険という、リピーターが限られている商品を、日々、新規のお客様に売り続けるのが仕事の歩合制営業担当者と、上層部からの圧力に怯え続けるサラリーマンの組織に、顧客との信頼関係をじっくり築いていく余裕はありません。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険の支払いがきつい場合どうすればいいか?

「給料が下がって親友の紹介で入った保険の支払いがキツいんです」 お付き合いはほどほどに。とはいえ、親友からの紹介となれば、やめにくいのが人情というもの。現在、保険料を支払い続けるのがかなりつらい。しか …

no image

子供保険の必要性-教育・結婚・独立資金準備に

こども保険では、満期(通常は進学年齢、結婚年齢など、子供のためにまとまった資金が必要な時期に合わせる)のときに子供が生存していると保険金が受け取れます。また不幸にして、保険期間の途中で契約者である親が …

no image

あなたにとって最適な保険とは何か?

20代・独身者・初めて入る人にとっての終身保険は、もっともオールマイティで将来的にも応用範囲が広く、見直しもしやすい自由度の高い保険だといえます。終身保険は老後の備えとしても有効です。終身保険は一生涯 …

no image

ライフプランナーが保険金をお届けする日まで

どうして大手と「採用2年後」の数字で比較するのだろうと、私の中で引っかかっていました、というある元保険営業員。たった2年間での比較です。生命保険の契約は長きにわたります。10年、20年に及ぶものはざら …

no image

アフラックのがん保険について

私はアフラックが出したメディカルチェックプラスというがん保険などは、正直言って好きになれません、とある専門家は語る。この商品と健康支援特約がついていないがん保険のBESTプランのパンフレットと比べてみ …