雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

保険の営業員の説明が下手だと損をすることも

投稿日:

定期特約つき終身保険に加入したお客様は、自分が契約した保険は、あくまで終身保険であると記憶しています。その終身というネーミングのせいで、大事な保障が一生涯続くものという印象が残る。営業担当者の説明不足があります。最初にあくまで、お子様が自立されるまで、安い保険料で大きな保障を持つための保険です貯蓄性はありません。老後の保障は、せいぜいお葬式代くらいですと案内すべきなのですが、本質を語らない営業担当者が多いです。お客様に保険について考える気力を失わせてしまう定期特約つき終身保険は、後々、多くの問題を起こしました。

聞いてないぞ!だまされた!どういうことだと、事あるごとに騒がれるようになった。まず、お客様の怒りの声が多く寄せられたのは、60歳になると、それまで万が一の場合には3000万円受け取れるはずだった保障が、ガクンと下がって、たったの100万円になってしまうというものです。すでにいろんなところで取り上げられている話なので、ご存知の方も多いかもしれません。たとえば40歳で3000万円の保険に入ったお客様は、60歳になっても3000万円の保険に入っていると錯覚していることがほとんどです。

定期特約という期間限定のおまけの塊

実際は、100万円程度の保険金がもらえる終身保険以外の2900万円は、定期特約という期間限定のおまけの塊に過ぎず、遠からず消滅してしまうのです。3000万円の保険金が、ある時から急に100万円になってしまうことなど、夢にも思わないのです。3000万円という金額は、いかにも保険ならではという安心感を与えてくれる額だと思います。一般のサラリーマンなどで、預金日座に常にそれくらいは入っているという人は極めて少ないはずです。ところが、100万円ではどうでしょう?それも定年後の100万円です。

それまで払い込んできた保険料のことも思うと、いかにも割に合わない、少ない額と感じられるのではないでしょうか。多くの専門用語が並んだ提案書をお客様の前で広げて、これが終身部分です。そして定期保険が上に乗っていて、3大疾病の際に一時金がもらえる特約等も込みで3000万円。いずれも10年更新になっていますなどと、順番に読んでいくだけです。それでは、お客様はせいぜい、月々の保険料を記憶するくらいしかできません。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

住友生命ライブワンの評判-すべての年齢層を対象とした商品構成

住友生命のライブワンという商品には、何種類ものタイプの保険がある。 しかし、保険の中身は大同小異で、特徴をあげれば(Youタイプ)は被保険者を男性は一五歳〜二六歳、女性は一五歳〜三九歳を対象とし、さら …

no image

基本的な保険料の考え方-何とか払えるなという意識は危ない

初めて生命保険に入るシーンは、大方の人々は学校を卒業して社会人になった時だろう。保険料を、どう考えるか。保険料とは、自分が契約した保障の内容に対して支払う対価のことで、その金額も大事だが、受け取れる保 …

no image

逓増定期保険の保険期間満了時に無選択

逓増定期保険の保険期間満了時に無選択。 ソニー生命をはじめ一部の生命保険会社では、逓増定期保険の場合、保険期間満了時には無選択(診査なし)で平準定期保険に保険種類を変更して自動更新を認めたり、保険期間 …

no image

変額保険とは?悪の権化のように書きたてられていたことも

マスコミで変額保険は悪の権化のように書きたてられていた時期がありました。これは大きな誤解です。変額保険には、有期型と終身型があります。有期型は、定期保険と同様、ある一定期間に死亡・高度障害になった場合 …

no image

保険の知識をつけよう-営業マンに任せっきりでは損をする

かつて日本人は、水と安全はタダという神話的な考えを持っていた。しかし、最近は水にガソリンより高い費用を払い、安全を確保するためにセキュリティ会社に金を払う。でも、保険の情報を得るにはタダで、そのうえ何 …