雑学

冷やし中華にマヨネーズが付いている地域がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラーメン丼のヘリの模様

冷やし中華にマヨネーズが付いている地域がある

冷やし中華にマヨネーズが付いている地域があるのをご存知だろうか。酸味の効いた爽やかな味と野菜のハーモニーが、口の中に涼しさを運んでくれる冷やし中華。

どこでいつから始まったか?コンビニの冷やし中華にマヨネーズが必ず付いている地域がある。冷やし中華にマヨネーズ。カラシではない。賛否両論ありそうだが、名古屋圏出身者にとっては当たり前のことだとか。

ただ、ひとつだけ違いがあり、それは、マヨネーズ。東海地区と東北、中国・四国地区は、冷やし中華にマヨネーズが付き、もともと、名古屋地区は店で冷やし中華を食べると必ずマヨネーズが付いていたことから、全国で実施した。結果的に定着したのがこの4つの地域だという。

大手コンビニに聞いてみたところ、冷やし中華のつゆや具材は全国どこでも同じで、つゆ自体は全国同一とのこと。かつて、コンビニのざるそばのつゆは西と東で味付けが違うと聞いたことがあった。だが、冷やし中華のつゆは全国どこでも同じ味だという。

ファミリーマートも同様に関東、九州以外の地区にはマヨネーズが付いている(なんとも絶妙な味わい)という。一体なぜか?よくよく調べると、冷やし+マヨのマッチングは、名古屋の有名ラーメン・チェーン店Sugakiyaで始まり、これがマヨラーにうけて愛知の郷土の味になったらしい。

春と夏、気温の変化に対応して酸味を強くするなど

春と夏、気温の変化に対応して酸味を強くするなど、つゆの味付けを変えるセブンイレブンでもエリア別に味を変えることはない。味付けは全国同じのようだ。地元だけでなく、他府県に行ったときにも、一度その土地のコンビニの冷やし中華を食べてみるといいだろう。

それがコンビニ冷やし中華にも受け継がれ、いまやマヨネーズが付いていないとクレームが付くほどポピュラーになった。ちなみに、冷やし中華そのものは、宮城県仙台市の北京料理店・龍亭が発祥の地だといわれている。

なお、名古屋圏以外では、いわき市など福島県の海側のエリアでも冷やし中華にマヨネーズが定番。これで出身地を判別することもできそうだ。

昭和初期世代はなんにでも醤油をかける。昭和中期世代はなんにでもソースをかける。昭和後期(平成初期)世代はなんにでもマヨネーズをかけるそう。

冷やし中華にマヨネーズをかける理由は、食べ応えが増して満足できる、コッテリと味が濃くなって深みが増すから、という声がよくある。

猛暑続きの夏に食べたくなる「冷やし中華」または「冷麺」。名古屋を中心とする一部地域ではマヨネーズをかけて食べる人が多いという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加