雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

羊飼いは犬に10通りほどの命令を教えコントロールする

投稿日:

羊飼いは犬に一〇通りほどの命令を教えさえすれば、完全なコントロールが可能になる。

・終わり

この合図で犬は群れを離れて飼い主のもとへ戻る。

・伏せ待ち

伏せのポジションをとり、犬は地面に伏せながら群れから目を離さない。

・寄れ

犬は群れの近くに寄る。

・止まれ

犬は現在の行動をやめる。

・左へ、あるいは右へ

犬は家畜の群れの位置に対し、指示どおり左右いずれかへ向かう。

・来い

犬は飼い主の近くへ来る。

・離れろ

犬は群れから距離を置いて離れる。

・遅く、あるいは速く

この指示で犬はそのときにおこなっている作業の速度を遅めたり速めたりする。

・左に回れ、あるいは右へ回れ

この指示で犬は群れのまわりを巡回する行動に移る。

人間は犬なしに家畜を管理し、群れを見張り、ひとつに集めることは決してできなかったであろう。つまり、人間社会の犬きな経済基盤である農業の発展は遅れ、停滞したにちがいない。驚くなかれ、わずかこれだけの指示で(遺伝的な五つの指令パターンと組み合されて)、たったひとりの人間と一頭の犬が犬きな家畜の群れをコントロールできる。これらの指示は手や笛の合図と一緒に、あるいはそのふたつを組み合わせながら口頭でおこなわれる。

特殊な家畜に向いていたりするもの

犬種の中には、本能的知能がとくに群れを集めるのに秀でていたり、特殊な家畜に向いていたりするものがある。べルジアン・シープドッグ、タービュレン、マリノワ、ジャーマン・シェパード、ビアデッド・コリー、ブリアードは、オオカミ、コヨーテなどの外敵から犬型の家畜の群れを守るのに優れた牧畜犬である。

ウェルシュ・コーギー(カーデイガン、ペンブロークのいずれも)は、ウシを思う方向へ移動させようと脚に唆みついたとき、ウシに蹴り返されてもその踊が犬の頭上をかすめて被害にあうことがないように、とくに体高を低く改良されている。コリー(この名称は脚と顔が黒い山羊コリー、coleyからきている)、ボーダー・コリー、シェットランド・シープドッグは、とりわけ羊の群れを集めるのに素晴らしい腕前を発揮する。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

頭の良い犬が必ずしも最良のパートナーとは限らない

私たちは習慣の生き物であり、利口な犬は家族の翌慣を学びとって予測するようになる。学習能力に優れた犬は、家庭内での日常的なことがらについてものみこみが早い。知能の低い犬は反応が鈍い。部屋の真ん中の快適な …

no image

犬とのスキンシップの効果など

コーギーの集中力やあきらめない精神力、タフな体力や足の速さ、機敏な動きなどは、祖先の血を受け継いだもの。また、飼い主に忠実で、家族を守ろうとする気持ちが強いことも特徴のひとつ。群れを守ろうとする本能が …

no image

戦争中に犬に爆弾を背負わせた悲しい歴史

第一次世界大戦の時代に、犬が戦場に出た。フランス軍はとくに犬の鋭い聴覚を活用した。歩哨犬を前線のあちこちに配置したが、たいてい三〇メートルほど距離を離した二頭を一組にして使った。ドイツ軍は警備と歩哨の …

no image

犬の脳波では生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟

脳波測定でも、生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟である。しかし七週間ぐらいで、子犬の脳波パターンは成犬とほぼ変わらなくなる。犬も人間も同じように年齢に応じて知能が変化する。人間では顕在知能は幼 …

no image

ペットサービス業、施設などの向上

ペット病院の世界も、外部機関と連携して医療サービスの向上を図る時代になりつつあります。愛する愛犬に自然食をドッグ力フェは二〇〇〇年前後から急に増えてきました。犬の散歩の途中にちょっと立ち寄って、休息が …