雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

必要は発明の母であるといわれるように学問は必要によって生じた

投稿日:

必要は発明の母であるといわれるように、学問は必要によって生じました。一見、必要とまったく無関係な「学問のための学問」のようにみられる場合さえ、その好奇心というか、探究の姿勢は、やはり人間がこの世界に生きる、その生きる工夫の姿勢において、世界をとらえようとする動きに他なりません。

学問や芸術が、共同存在意識の立場からみた場合、つまり、人類全体からみた場合、人類全体の自覚の過程であり、意識化の過程である。この意識化は実際の生活の必要性(行動)と密接に結びついていますから、学問が実用主義的な見地から生まれることはいうまでもないし、したがってまたそうした学問が、実用主義の限界を伴うことも否定できません。

自分とは何だろう。人生とは何だろう。神はあるのだろうか、大宇宙はどこまで広がっているのだろうか、微粒子の実体はそもそも何なのだろうか。こうした純学問的と思われるような問いかけさえ、われわれがこの世界の中で生きていく必要や姿勢に根ざしています。

学問の発展に他ならない

そしてちょうど乳幼児が、生活の必要や、行動を通じて意識と自覚を発達させていくように、人類全体もまた、そうした必要に裏づけられた思考様式において、自覚を深めてきたのです。これが広い意味での学問の発展に他ならないでしょう。

夢の中において、それはもっとも端的に現われてくる。現実論理の世界に生きているから、夢といえどもこの論理をまったく無視するわけにはいきません。しかし、それでも、その夢の中では、たとえば現在の学校の友だちの仲間の間に、幼児期に知り合った人や母親の姿が登場したり、あっというまに日本からヨーロッパへ飛んでしまったり、水の上を歩いたり、空を飛んだりというような、現実論理を無視した動きが、あるいは時間・空間を超越した動きがでてきます。

人類はそうした学問の限界を、少なくとも人間科学においてはしだい芸術的な発想法、芸術的自覚の過程は、学問的自覚の過程とは異なった、しかも人類が古くから抱き続けている過程です。ここでは、実用、実際の必要に合わせた外界適応の論理ではなく、内的感情の論理が優先します。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

人格の連続性が微妙に途絶える

彼の記憶があやふやである。人格というものの基本条件というべき人格の連続性がそこで微妙に途絶えている。親しそうに話をしていたときのS君と、別なときに会ったときのI君ではまったく違う人のように見えたり、こ …

no image

社会的財産や役割を与えてしまうという筋書き

B医師は幸い独身であった関係で、実験の責任を負って、自らは名なしの行方不明人間として亡命してしまい(A三の整形手術で顔形をBと同じようにした上で身のすべての社会的財産や役割をA三に与えてしまうという筋 …

no image

自分のことで心がいっぱい

彼女は「もう一度自分とやっていこう」とバトラーに語りかけるのだが、そのときにスカーレットには、レット・バトラーがどんなに自分とアシュレーのことで傷ついているのか、あるいは怒っているのかについての思いや …

no image

どんなに反抗していてもいつも心の奥底で母にたよっている

私との面接の中で、彼はしだいに、出来のよい兄と比較されて育ち、その強い兄に敗れたみじめさ、兄に対する敵意に気づいてきた、と語るあるカウンセラー。 毎日のように、夜になると母のとめるのもきかず町にでかけ …

no image

視覚の恒常現象

私がAさんを五メートルの距離でみたときと、一〇メートルの距離でみたときは、網膜上のAさんの大きさは二分の一になってい。写真でみれば明らかです。ところが、私の目からは、まったく、同じ大きさに、むしろ二分 …