雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

必要は発明の母であるといわれるように学問は必要によって生じた

投稿日:

必要は発明の母であるといわれるように、学問は必要によって生じました。一見、必要とまったく無関係な「学問のための学問」のようにみられる場合さえ、その好奇心というか、探究の姿勢は、やはり人間がこの世界に生きる、その生きる工夫の姿勢において、世界をとらえようとする動きに他なりません。

学問や芸術が、共同存在意識の立場からみた場合、つまり、人類全体からみた場合、人類全体の自覚の過程であり、意識化の過程である。この意識化は実際の生活の必要性(行動)と密接に結びついていますから、学問が実用主義的な見地から生まれることはいうまでもないし、したがってまたそうした学問が、実用主義の限界を伴うことも否定できません。

自分とは何だろう。人生とは何だろう。神はあるのだろうか、大宇宙はどこまで広がっているのだろうか、微粒子の実体はそもそも何なのだろうか。こうした純学問的と思われるような問いかけさえ、われわれがこの世界の中で生きていく必要や姿勢に根ざしています。

学問の発展に他ならない

そしてちょうど乳幼児が、生活の必要や、行動を通じて意識と自覚を発達させていくように、人類全体もまた、そうした必要に裏づけられた思考様式において、自覚を深めてきたのです。これが広い意味での学問の発展に他ならないでしょう。

夢の中において、それはもっとも端的に現われてくる。現実論理の世界に生きているから、夢といえどもこの論理をまったく無視するわけにはいきません。しかし、それでも、その夢の中では、たとえば現在の学校の友だちの仲間の間に、幼児期に知り合った人や母親の姿が登場したり、あっというまに日本からヨーロッパへ飛んでしまったり、水の上を歩いたり、空を飛んだりというような、現実論理を無視した動きが、あるいは時間・空間を超越した動きがでてきます。

人類はそうした学問の限界を、少なくとも人間科学においてはしだい芸術的な発想法、芸術的自覚の過程は、学問的自覚の過程とは異なった、しかも人類が古くから抱き続けている過程です。ここでは、実用、実際の必要に合わせた外界適応の論理ではなく、内的感情の論理が優先します。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

心の中にはこの回避心理がいろいろな形で働いている

母親が入院中は、毎日、病室に通って看病することができ、大変便利だったのだが、母親が亡くなってから、いつの間にか古い病棟の三階に面した廊下やエレべーターを使うのを避けている自分に気がついた。そこを通ると …

no image

鋭敏な嗅覚よりも鋭い視覚が必要だった

わたしたちの祖先である霊長類は、少なくとも三万年前には樹上の生活を送っていた。地面に落ちてしまわないため、そして熟した果実を見わけるため、彼らには鋭敏な嗅覚よりも、鋭い視覚が必要だった。その結果、サル …

no image

自分が激しく断ったりしたりしたことをはっきり覚えていない

都合の悪いことは覚えがない。不思議なことに、そういうふうに断る事柄こそ、多くの場合、彼が欲しくてしょうがないものなのだ。しかし、相手はあまりにもどぎつい言葉で断定的に拒絶されるので、もう二度と頼んでや …

no image

先史時代の人間も四年ごとの出産というのが定期的なパターンだった

伝統的な社会では、日々の運動、貧弱な食事、少ない体重が、四六時中子育てに明け暮れるという習慣と相まって、出産のあとは数年ほど定期的な排卵期が訪れなくなる。たとえば南アフリカに住むクン・プッシュマンや、 …

no image

自己制限の心理

回避心理と区別しなければならない心理がある。「自己制限の心理」である。自己制限の心理というのは、自分から不得意なものや苦手なものを行なうことをやめてしまう心理である。回避心理や場面恐怖の場合には、そこ …