雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

人と楽しく話したいなら

投稿日:

まずあなたに簡単にできることから出発したいものです。それはとりもなおさず、あなたに個性を失ってもらいたくないからです。およそ話というものは口がきければ誰にでもできます。ちょうど、食事をしたり、空気を吸ったりするようなものです。ただ時に人はおいしい食事をしてみたいと思い、清らかな空気を吸ってみたいと考えたりします。それと同じように上手に楽しく話をしたいものだと折にふれて考えます。

どんな人でも、話をしている時には、相手に楽に話をさせてあげるために、視線の範囲をよく守ることです。これはあなたが東京弁であろうと、誰があろうと、少しどもろうと、また、相手が外国人であろうと一向に関係のないことです。よく話し上手になる前提として言葉をよくすること、ことに標準語を覚えることを前提条件のように言ったり書いたりする人がありますが、その必要は一向に認めません。

ところが、話がうまくなるというのは、一種の才能と、それを訓練する努力と、発揮する機会が必要です。これまでの多くは、才能を芽生えさせたり、訓練のもとになるヒントを与えることをしないで、単に発揮する場での方法だけを述べています。

その人なりに工夫していくこと

大切なのは毎日の生活のなかで、その人なりに工夫していくことなのです。遺伝的な素質も違い、育った土地も環境も異なり、教養も、発声器官もすべて異なる人が、同じ内容の話ができるわけがありません。早く言えば、方法を試してみようかしらというヒントを書き、それが生まれてきた原理を説明し、日常生活のなかで、あなたがどこかでそれを応用してみようかという機会を見つけ出してさしあげることなのです。

テープルスピーチなど、そうたくさんの機会があるものではありません。むしろ大部分の人は一生の間にせいぜい数回、時には一回もないという場合が多いのではないでしようか。そんな特殊の機会のために、あわてて本を読んだところで、急に才能が伸びるわけのものではありません。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

健聴者は自分の五感が正常な状態だと思い込んでいます

健聴者の健、とはいったい何を指すのでしょうか。耳が聴こえるというだけで健聴者は自分の五感が正常な状態だと思い込んでいますが、本当に大丈夫なのか?「ろう者たちのほうが、健聴者よりよっぽど視覚がすぐれてい …

no image

相手の目を見て話すことへの疑問

もしあなたが話をしている時に、じいっと相手に見つめられうで不倫快なものです。実際に人は話をしている時に常に相手の目ばかり見てはいないものです。あなたは今までに、「常に相手の目を見て話をしなさい」と人に …

no image

話し方教室の内容は面白い

画材屋や古本屋へ出かけました。ミレー、マテイス、ゴッホ、ルノアール、ピカソスーラモシリアニル私には、ドキッとさせられた詩や芝居のセリフや小説の言葉をノートに書きとめる習慣ができました。今、表紙がパクパ …

no image

ユーモアを磨く方法は独創性にあり

ユーモアを磨く方法は独創性にあり。 日常生活の基本的な精神が欧米のそれと肩を並べた時、日本人にもすぐれたユーモアが培われることでしょう。今は無理をして言葉だけのユーモアを真似しないことです。それよりも …

no image

話は聞き手がいる

話は聞き手がいる。次のことを真面目に考えてほしいのです。聡明なあなたなら、このことの重要性については、すぐわかただけると思います。多くの人は、自分の目の前にだれかいると、話を聴いているものと誤解します …