雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

人と話すときの距離を意識していますか?

投稿日:

人と話す場合の距離というのは、会話をする上で実は重要です。その人の声量や、相手の聴覚にもよりますが、普通の人であれば、十二メートル以内ならば話はできます。しかし、話と言っても、正常な会話ができるはずはありません。要点を相手に伝える程度です。日常会話できるのは、静かな環境のなかでも十メートル以内です。

満員電車で押しつぶされていても、三十センチ、相手の目との距離があれば話はできます。これ以上近くなると、お互いに顔をそらしてしまったり、あるいは、お互いに目の焦点を合わせようとして、顔を後ろに引いたりするものです。もっともこれ以上近くなっても話はできるのです。その場合はもう、顔の部分部分のクローズアップになりますので、目からくる感覚の異常さに言葉が左右されてしまって、まとまりのある話や、長い会話はできなくなってきます。愛し合ってい程度の話になりますが、この距離で政治改革問題を話せと言っても無理です。

理解がとても楽に

人が普通の声より少し大きめに声を張って相手に話しかけることのできる範囲は、建物のなかですと、相手の全身がすっぽり見えるこの約十二メートルの距離がだいたいの限度です。声と言っても喉をふりしぼるような声ではなくて、たとえば、ビルの長い廊下などで、前を歩いている人を楽に呼びとめると、相手がびっくりしないで、ごく自然にふり返る程度の声です。

十二メートル以上では怒鳴るよりほかに方法がなく、やがてのことには「ヤッホー」だけになってしまいます。逆に近いところでは、普通の会話では、約三十センチが話をする時の目の焦点の限度です。手を使って説明することがあれば、ワクのなかに手を持ってきて、つまり、自分の胸のところから口までの間に手を持ってきて説明するのです。そうすれば相手は手の動きと顔の表情を同時に見ることができるので、理解がとても楽になるのです。こういったことを理解しておくと、少し役に立ちます。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

自分の性格は自分の所有物だと思い込んでいる人が多い

私たちは、自分の性格は自分の所有物だと思い込みやすい。性格は自分がコントロールするものだと意気込み、コントロールできない自分を責めたり否定したりするのは出過ぎたことだと思います。性格を含めた自分の個性 …

no image

プランは原因・要因に直接働きかけるものになっているか

プランは原因に直接働きかけるものになっているか。「顧客からのクレームが多く、当社のブランド力が落ちています。原因は、クレーム処理に時間がかかりすぎることにあると考えられます。処理が追いつかず、クレーム …

no image

声が親に似る

声の質は最初に生まれた子に、両親のどちらかの声が割合はっきり出ています。そして、次の子が前の子と同性、つまり男男、あるいは女女とつづいた時には、最初の子と同じ影響が出る場合が、やや多いことがわかってい …

no image

話が下手な人の悪い特徴

話の下手な人と話していると、よけいなことまで気を遣わなくてはならないので、聞くほうも疲れてしまいます。だからついその人と話をしたがらなくなってしまうのです。自分は話が下手だと思っている人が、何となく仲 …

no image

話の説得力はどこから生まれるのか

いいタイトルは、いい聞き手をつくる。何かを説明をしたり、スピーチをしたりするとき、タイトルをつけなくてはいけないのです。タイトルをつけることは当たり前のように思います。ですが、説明に慣れていない方は、 …