雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

ひと目惚れは自然の摂理

投稿日:

ひと目惚れは自然の摂理「目にした瞬間から、彼女は彼に首ったけ。とにかく彼の近くにいたい、彼に惜しまず愛情を捧げたい、とばかりに、彼の行くところならどこでもついてまわっていた。彼の声を聞くだけで、思わず映えてしまうほどだ」。

どんな動物も、好みがうるさいもの。こうした選り好みが自然界のなかで頻繁に見られることから、動物に関する文献にはその現象を表現するための言葉がたびたび登場している。たとえば「交配相手の優先」、「選択的誘引行動」、「個体の優先」、「偏愛」、「性的選択」、「交配相手の選択」。好みはうるさいが、たいていの動物がその好みを表現するのに時間はかからない。

マサチューセッツ州ケンブリッジでエリザベス・マーシャル・トーマスとともに暮らしていた落ち着きのない小さなパグ犬ヴァイオレットは、ベつのパグ犬ビンゴに恋をしていた。

求愛行動は危険をはらんでいる

求愛行動は危険をはらんでいる。性交するためには、不名誉な姿勢をとらなければならないからだ。そこに捕食者や競争相手が飛びかかってこないともかぎらない。同じように重要なのは、交配は貴重な時間とエネルギーを消費する。

ヴァイオレットが見せたのは、ひと目惚れのありとあらゆる症状だった。そんな彼女の行動は、自然界ではよくあることだーある重要な理由のために。たいていの生きもののメスには、繁殖期か、生理学的に熟す特定のサイクルというものがある。メスにしてみれば、子どもを授かって遺伝子を次世代に残すための時間は、ほんの数分か、数時間か、数日か、あるいは数週間にかぎられている。だから交配相手の履歴をつくづく玲味するために数か月もかける余裕などない。

多くの種にとって、オスもメスも即座に惹かれ合うことで、求愛に費やす貴重なエネルギーを特定の個体に注ぎ、すみやかに繁殖のプロセスを開始することが可能になるのである。おそらくわたしたち人間も、そうした現象を受けついでいるのだろう。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

社会的本能、種族保存としてはっきりしているのは

人間の場合、母親が自分よりも子どもをたいせつにする気持は、決して一時の情の迷いではなく、個が必ずしも絶対的な存在の単位ではないことのあらわれと解すべきでしょう。人間において、本能の役割は極端に後退して …

no image

困った人が必ずしも嫌われるわけではない

「フーテンの寅さん」はどうして人気があるのか。第一に、天衣無縫で傍若無人でわがままなのだが、その傍若無人さが、みんながそうなってみたい願望を満たす分身の役目を果たすからだ。第二に、寅さんの間の抜けたと …

no image

人が恋に落ちる瞬間は性欲からも来るのか?

豊富な恋愛遍歴の持ち主オウィディウスは、性的に強く惹きつけられると、人は恋に落ちることが多いと信じていた。しかし性欲がつねに恋愛感情を引き起こすとはかぎらない。それは大勢の知るところだ。 性交からはじ …

no image

他者や自然との関係を見失ってしまう問題など

分化することと生き生きしてくることとは、少なくとも成長にとって、並行しているようにみえるけれども、生き生きと無心で何かをしているときは、逆に自己と外界の境界はなくなっているともいえるし、いわんやそれが …

no image

求愛戦略を区別、評価する心の仕組み

わたしたち人間のとびきり上等な精神的、肉体的能力が進化するとともに、求愛戦略を区別、評価する「心の仕組み」、いわば「性選択装置」が誕生したのではないかと考えた。そこから祖先たちは、求愛のシグナルを区別 …