雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

人を助ける仕事をしにきたつもりがギャップに驚かされる医局

投稿日:2014年11月19日 更新日:

最近でこそ患者が主役という言薬は使われるようになってはきたが、まだまだ大学病院の主役は主任教授なのである。大学病院の主役は患者ではなく主任教授だった。医者になり臨床の場に初めて接したとき、これまで受けてきた医学教育とのあまりのギャップに誰もが驚くようだ。立派な臨床医の姿を思い描いていたからだ。そこで意欲をそがれる医者も出てくる。

患者を救おう、患者のために役立とうと意気込んで医者の世界に飛び込んだのに、まったく違うものが見えることで、意欲を失って、何のために医者になったのかという疑問が出てくる。ひたすら研究だけをやった医者が、立派な医者として尊敬され、将来は教授の肩書きを持つことになる。

それでも、そんなチャンスに恵まれることはまれであるから、ある年齢になれば医局を去ることになる。開業医という道がまだ残されているだけ医者はいいと思われているし、教授も医局を去る医者が失業することはないと思っているから、医局員のクビを切ることにさほど非情さは感じていないようだ。君は開業が向いている、そんな言い方で終わりである。

研究至上主義の大学病院の医局

研究至上主義の大学病院の医局では、臨床的に優れた医者は評価されない。医学教育と同じように、臨床も何ら評価されないとすれば、研究だけを中心にやっていくことになる。評価されないことについては努力しなくなるのがふつうである。

それだけに医局を去るときはどこか不満が残り、主任教授への不満を持ったまま開業した時、他の病院へ就職していくことが多い。あるいは自分の息子や娘がまた母校の世話になると考えれば、当然母校の非難も出てこない。だからこそみな沈黙し、大学病院の現状はさっぱり見えてこない。医局の内情である。しかし、医者をやっていく限り、大学病院との関係は続くので、表立って教授批判をする医者はいない。

これが企業であればまだワンマンであろうと許されるかもしれない。しかし、医療という患者が主役であるべき場で、いつのまにか医者が閉鎖的な階層組織を作り上げ、医局を守り続けたことで、とんでもない方向へと進んでしまったのだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザはなぜ毎年冬に蔓延するのか

インフルエンザウイルスを拡大させる条件として、温度があげられます。湿度の度合いにより、インフルエンザにかかりやすくなることがあります。 乾燥は防御機構を破綻させる環境を作り出す可能性があります。粘膜上 …

no image

看護婦が医者の昇進を左右-うまく付き合っていかないと生きていけない

国公立の大学病院では研修医は先輩から放っておかれ、自分で経験を積んで覚えていかなければならない。だから、看護婦さんにフォローしてもらわなければ、医局では生きていけないという。 彼女たちもそのへんのこと …

no image

健康診断システムに疑問を持つ専門家の意見

現在の健康診断のシステムを否定したり、健康診断の問題点をいくつか指摘している専門家が多くいるようです。本来健康な人が、健康な職場で、健康に働いているのですから、当然と言えば当然のことですし、たいへん結 …

no image

低体温の子供が増えている問題

37度を超えると風邪などの病気を疑われますが、現在は平均体温自体が低くなっているので、それより低ければまったく問題にされません。 小学生が35度台でもほとんど問題にされることはないそうです。36度台な …

no image

医療ミスの民事訴訟の問題

死がからむような重要なケースは、まず担ぎ込まれないし、担ぎ込まれても大きな病院に送ればいいだけの話。しかし、ほとんどの勤務医にとっては、事故調は脅威になる。医師会に入っている勤務医は、即刻、医師会を辞 …