雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

ヒステリー性格の演技型

投稿日:

どれもこれも、テレビドラマの場合だったらこのように演じるだろうと思うシナリオどおりである。彼もまたいつの間にかこの悲劇の主人公に奉仕し、彼女を命がけで救ったり、危機のときには駆けつけたりする、感動的な愛のドラマの主人公を演じている。

砦細な言い争いや食い違いがあると、彼女は激しく悲劇の主人公を演じ、手首を切る。ときには家出をして、はるか彼方の地から電話をよこし、またX氏が探しに行かなければならない。もっとひどいときには、別な男の子を誘って、「もうあなたには愛想がつきたから、この子と一緒に泊まることにする」と電話をよこす。

M子と出会って初めて、命がけの愛を知った。いまは彼女とのことだけが生きがいだと真剣である。いまのX氏は、どこまでが現実の社会生活で、どこまでがシナリオを演じる幻想の生活なのか混線してしまった。

演技性は、これまでの精神医学ではヒステリー的と呼ばれていた。ヒステリー性格として記載された内容はいままで述べた演技型とほぼ一致するが、ヒステリーの場合には、もう一つ、その演技が身体を使った演技という形をとるのが特徴である。

日常の生活に支障が出てしまっては気の毒だと

本当に重症で、日常の生活に支障が出てしまっては気の毒だと、周りの人はだれもが同情の気持ちを持つ。R氏は追突事故に遇ってからというもの、右下肢に麻痺が生じ、松葉杖なしでは歩けない身の上になっていた。

その歩き方はいかにもたどたどしく、深刻さがひしひしと伝わってくる。「Rさん、ほんとに大変ですねえ。大丈夫なんですか、階段なんか一人で上れますか、電車に乗れるんですか」、「ええ、何とかこの十字架を背負ってやっていこうと思ってます」と、雄々しくそう答える。

彼は、ハンディキャップに耐えてやっていこうと一生懸命に頑張っているのだが、この不幸な災難によって、重いハンデイキャップの持ち主になってしまった自分に対する悲しみと、怒りの気持ちがその言動や全身に表現されている。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

微妙な人間関係や心と心の情緒の世界で

ある人の話。かつての親友なので、自分から出かけていって、彼の更生に何とか自分が役に立とうとなにくれとなく世話をした。相手も感謝してくれていると思っていた。そんなつき合いの中で、自分の家に遊びに来てもら …

no image

好みのタイプは機会、タイミング、神秘性やバックグラウンドで決まる

恋人選びの裏に「愛の地図」があり、わたしたちは無数の瞬間にもまれて成長しながら、恋愛対象となる相手の好みをゆっくりとかたちづくっている。母親のウィットや言葉づかい。政治やテニスにたいする父親の強い関心 …

no image

恋愛ホルモンオキシトシン

オキシトシンは、自然のいたるところで見つかるホルモン。バソプレシンと同じように、オキシトシンも視床下部、そして卵巣と精巣で生産される。しかしバソプレシンとはちがって、オキシトシンは出産プロセスの最中に …

no image

真実のデータをつかむ

「あのとき買っておいてよかった」という人もいるでしょうが、無理して買ったら、あとで不景気になって、ボーナスは減るし残業手当も少なくなるし、それでも何とかやりくりしているうちにローンの金利が突然上ったり …

no image

自分が正義正論を言って一人よい子になっている

小さな狂いのある自己愛パーソナリティ障害の持ち主は、次のような人々だ。第一に、人との共感性がない。つまり、人がどのように感じているか、どんなふう悲しんでいるか、苦労しているかなどを共感して体験する能力 …