雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

投稿日:2014年11月22日 更新日:

・パソ

パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から細胞を削り取ってきて、それを顕微鏡で調べるのだ。医者にはパソコンが好きな人が多い。研究データを分析するのに便利だからだ。しかしだからといって、パソコンを略してパソと言ったりはしない。

・ハイパーバスキューラー

ガンの広がりを調べるために、血管の中に造影剤を入れてX線写真を撮る検査がある。その場合、血の気が多いガンには造影剤が集まってくるので、その部分が染まるのだ。血管が(バスキュラー)豊富だ(ハイパー)という意味。つまり、ガンは血の気が多いのである。それを見て、このガンはハイパーバスキュラーだなどと言うのである。

貧血、非治癒切除、肺真菌症(ハイシンキンショー)

・貧血

胃潰瘍や痔ならまだよいが、胃ガン、大腸ガン、子宮ガンなどが潜んでいて、そこから出血していると、貧血になるからである。それに、本当は白血病なのに、病名を患者に隠す場合に、あなたは貧血ですと説明することも多い。貧血は若い女性に多く、その原因は生理が多いため、というのが殆どである。だが、男性や中高年の女性の貧血は、そうはいかない。

・非治癒切除

手術によってガンをすべて取り除けた場合は、治癒切除というが、手術によってガンを取り切れていない、つまり体の中にまだガン細胞が残っている場合、これを非治癒切除といい、いずれ再発するか転移することになる。しかし、患者を安心させるために、本当は非治癒切除なのにガンはすべて取り切れましたと言う医者もいる。

・肺真菌症(ハイシンキンショー)

本当の病気は肺ガンなのに、患者にガン告知をしない場合に、病名は肺真菌症ですと説明することが多い。真菌とはカビのこと。つまり肺真菌症とは、肺にカビが生える病気だ。これと同じ発音の病気に、心筋症というのがあり、これを治療するには心臓移植が必要だ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

麻薬の払い出しのオキテ

払い出しとは、入院病棟用に薬剤を一定量ストックしておくために、定期的に薬剤部から出庫してもらうことをいう。新人看護婦のA美さんがはじめて薬剤部へ行くことになった。しかも、その用事は内科の末期ガン患者の …

no image

人体を解剖する実習

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むという精神論も含めて、この実習の出席が厳しい学校は多い。医学部自体が、一学年一人程度の小さな学部のうえ、 …

no image

年収を上げたい美容外科医必見の求人支援サービスとは?

形成外科の求人では、形成外科医という求人はあまり多くないようです。その理由は、形成外科を標榜する施設が大学病院など、大施設に限られているということがあるためです。 しかし、美容外科医の求人は見かけるこ …

no image

医学部大学の学生は医者になる過程で二度の強烈なショックを受ける

医学部の学生は、医者になる過程で、二度の強烈なショックを受ける。医学部に入ったときと、医者になり入局したときである。その二度のショックによって、ほとんどの医者は、自分が持っていた幻想の医者の世界がうち …

no image

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周囲の医学部信仰も衰えることはない。学生の能力を伸ばせる指導ができる教諭の少ないことが、結果、他の分野 …