雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

光より早く動くことは可能なのか?

投稿日:

光よりも早く加速することはできる方法はないのでしょうか?例えば、エネルギーをつぎ込んだ分だけもちろん速度は速くなるわけですが、〇・九九九が〇・九九九九になるぐらいのもので、速度はほとんどかわりないんです。質量がどんどん重くなると考えてもよい。いまの加速器では質量を、止まっているときの一〇万倍にするぐらいのことができているんです。ですから、なぜかには答えられないけれども、相対論の言うとおりになっているということはその加速器という装置で完全に確かめられている。

ふつうだと、エネルギーをつぎ込むと速くなるというイメージがありますね。いつまでも力を与えていればいくらでもエネルギーが大きくなる。エネルギーが大きくなるというのは速くなることだろう、と。いま、光の速さの〇・九九九になった、もっとエネルギーをやる。そうするとそのうち超えるんじゃないかと思われるけれども、エネルギーをどんどんつぎ込むともう速度は上がらずに何が起こるかというと、質量が重くなる。

相対論は何を言ってるかといいますと

相対論は何を言ってるかといいますと、無限大のエネルギーをつぎ込んでやっと光の速さになる、無限大以上にすれば光を超すというわけです。だから、光の速さにほとんど近く〇・九九九九九九みたいになっているけれども、まだ光にはいっていない。光よりちょっと遅い。それで、無限大のエネルギーをつぎ込んでやっと光になる。

質量が無限に大きくなっていくと、原子の構造か何かに変化が起こるかというと、何も起こらない。それはもともと相対性原理というものが、どのような速さで等速運動をしている座標系で見ても現象は全くいっしょだということでしょう。無限大というのは魔術みたいなもので、無限大ということの手前で本当は何かあるんでしょうけど、光の速さにはなれないというか何というか、その相対論の大前提を崩せる何かがあるのかもしれませんけれども、そういう崩れる現象がまだ見つかっていないとしか言いようがないんです。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

ライト兄弟は約四十キロの飛行に成功

一九〇五年十月、ライト兄弟は約三十分間、約四十キロの飛行に成功した。その後、飛行機は第一次大戦の空中戦に使われるようになったが、飛行機の存在価値がはっきり認められるようになったのは、一九二七年、リンド …

no image

ブラックホールというのは物質のない空間の性質ですから

ある先生たちの会話。「いや、ブラックホールというのは物質のない空間の性質ですから、光は星に閉じ込められるわけではありません」「重力が強いと光の速度は遅くなって出られなくなるのですね」「いや、違います。 …

no image

長さは運動状態によってちがってきます

長さは運動状態によってちがってきます。電車の長さを前部と後部のランプが同時刻に光ったとき、地面にしるしをパッとつけて測定すると、電車の中の人にとって同時のときつけたしるしと、電車の外の人にとって同時の …

no image

空間が縮む伸びるって何?

ある科学者の会話。何か急に息苦しくなるじゃないか。興奮して言葉がぞんざいになり申しわけありませんでした。宇宙の膨らむ話はややこしそうなので、今度は縮む方の話にいきましょう。そうすれば、何といっても有名 …

no image

マーキュリー計画は慎重に行われた

アメリカのNASAは、一九六一年二月、今後三カ月以内にジョン・グレン、バージル・グリソム、アラン・シェパードのうちの一人が宇宙に向けて飛び立つだろうと発表した。それは人類最初の偉業になる、とNASAも …