雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

サバンナヒヒの生態と求愛

投稿日:

スマッツは何年にもわたってケニアの大草原でサバンナヒヒの生態を調査し、タリアとアレクサンダーの感動的な求愛行動を記録した。はじまりは、思春期に入ったタリアにさかりがついたときだった。

動物も、求愛の際には神経質になり、落ち着かなくなる。ティーンエイジャーの男の子はデートのときそわそわするものだが、それはサバンナヒヒにしても同じだーと霊長類学者のバーバラ・スマッツが報告している。

それまでタリアは、ほんの数か月前に集団に加わった同年代のアレクサンダーをずっと避けていた。ところがその日の夕方、タリアとアレクサンダーは、仲間が集まって睡眠をとる崖の上で、一メートルほど離れて腰を下ろしていた。

数秒ごとに、彼女は目の隅でちらちらとアレクサンダーを見ていた。やがて彼への視線がどんどん長くなり、毛づくろいの手もますます散漫になってきたところで、彼女はアレクサンダーの横顔をしばらくまじまじと見つめるようになった。

アレクサンダーは西を向き

アレクサンダーは西を向き、その鋭い鼻先を夕日に向けて、仲間たちが崖を登る光景をながめていた。タリアは自分の毛づくろいをしていたが、どちらかといえばおざなりな手つきで、心はどこかべつの場所にあるようだった。

アレクサンダーが顔を向けると、彼女はたちまちうつむき、自分の足もとをじっと見下ろしてしまう。アレクサンダーはやがて視線をそらせた。タリアはふたたび彼の方向をちらりと見るのだが、彼がまた目を向けると、視線を足もとに戻してしまう。

そんなぐあいに、ジェスチャーゲームはつづいたするとアレクサンダーが、タリアに目も向けずにじりじりと彼女のほうへにじりよっていったタリアはからだをこわばらせ、一瞬、アレクサンダーの目をのぞきこんだ。彼が近くに来ると、タリアは立ち上がり、お尻を彼に向け、肩越しに振り返っては、彼にちらちらと視線を送りはじめた。そうやってタリアとアレクサンダーは夜明けまでともに過ごしたのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

自己中心性を脱皮せざるをえない

初めは我欲の強い閉ざされた愛から出発しながら、私たちはその本来の意味追求の過程において、その自己中心性を脱皮せざるをえなくなり、その苦しみの後に、自己超越がなされて、より開かれた愛へと発展していく。あ …

no image

私は目の前が真っ暗になってしまった

私は目の前が真暗になってしまった。S男になりすましていたとはいえ、私はやはり心の中ではA郎だった。ところがそのA郎としての私の存在の持続が、急に崩れてしまったのだ。もちろん私の記憶ははっきりしているし …

no image

好みのタイプは機会、タイミング、神秘性やバックグラウンドで決まる

恋人選びの裏に「愛の地図」があり、わたしたちは無数の瞬間にもまれて成長しながら、恋愛対象となる相手の好みをゆっくりとかたちづくっている。母親のウィットや言葉づかい。政治やテニスにたいする父親の強い関心 …

no image

セロトニン減少の症状と愛する人のことを考えることの関係

愛する人のことをいやでも考えてしまうのは、セロトニンの一種が脳内で減少していることが原因だと考えられる。じつはこの論理はひと筋縄ではいかない。というのも、こうした化学物質はその量によって効果がまちまち …

no image

利己的な体験価値追求者が不遜な態度でいるならば

あるすばらしい体験をした人が、そうした体験をしえたことに感謝の念をもち、自分と他人との共同意識の中で、その体験が、自分を通して人類に与えられたというようなやや表現がオーバーではあるが意識をもてるときは …