雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ヒールの高さよりもきれいな形が重要

投稿日:

洋服には生地の具合はまだまだ現役でも、シルエットが引退なんてことも多々あるので、要注意です。定番とはいえ、毎年ちょっとずつシルエットやディテールが変わっています。定番と言われるものは、数年前のものでも、上質なものだから、引っ張り出して着でも大丈夫、と思われがちですが、一生着られる定番ものはないと思ったほうが無難です。

普段から足をきれいに見せるために、ヒールは七センチくらいのものを選んでいたのに、その五センチヒールのヘマノロ〉のほうが断然足が長く細く見えたのです。ヒールの高さより、形が重要ということだったんですね。靴は足をきれいに見せるためのものと考えられているので、靴だけ浮いてしまうようなデザインや色のものはパス。たいていは服に合わせて、黒や茶、ベージュのパンプスやミュールを選ぶ。ため息がでるほどに美しいデザインの〈マノロ・ブラニク〉の五センチヒールの靴を手に入れたときに、びっくりしたことがあります、とある女性。

ブロンズの光沢ある靴

その活用度に感心したのが、ブロンズの光沢ある靴。全身黒の着こなしやマットな服で、一歩間違えれば地味に転んてしまいそうなときに、これをプラスすると、コーディネートにパンチがきいて、洗練された雰囲気になります。
エレガントな足元をつくるなら、靴は細身でトウが長くとがっていることが大切。基本は七センチですが、美しい靴なら、それより低くでも足はきれいに見えるはずです。

黒や茶の靴よりも、軽めで高級感がある色であることが大切です。デートなら、黒のジャージー素材のワンピースに合わせでもかわいいし、オフィス仕様のセンタープレスのパンツにも合います。そして、休日ならジーンズともOKで、インパクトがあるのに、何にでも合ってしまう懐の深さも気に入ってます。ポイントは、シルバーとゴールドの中間くらいの抑えめな渋い光沢であること。間違えてギラギラに光る靴を選ぶと、ただの派手な人になるだけなので、気をつけてください。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ホルムアルデヒドが健康に及ぼす影響で切実なのは

ホルムアルデヒドが健康に及ぼす影響でもっと切実なのは、刺激物になり得ることですね。敏感な人の場合、肌接触や吸入などで、アレルギー反応を示す可能性があるわけです。仮に、買った商品から消費者が被曝するとし …

no image

できるだけ自分の顔に合った色だけを選ぶようにする

キャミソールやチューブトップなど、インナーとしてのニットも活躍する機会が増えできた。インナーとして薄手のニットが活躍する。パリジェンヌは厚手のニットを好まない。なぜならば、秋から冬の主役はコートという …

no image

シックなスタイルは瞬く間に人気となり

悲しいことに、トレンドにも終わりがある。単に寿命がつきたというだけのことだが、年とともに滑稽で誇張された感じになっていく傾向が急激な衰えに拍車をかける部分もある。大社会学者のゲオルグ・ジンメルがかって …

no image

イージーオーダースーツといえば?

・イージー・オーダーといえば イージー・オーダーといえば、既製服と注文服の中間という印象があります。しかし実際の生産工程はかなり既製服に近い、というよりも既製服の生産ラインに、いかに特別のパターン(型 …

no image

ファッションショーやトレンドに関する報道を行うようになったメディア

真面目なニュース・メディアもファッションの世界に魅了されたらしく、ファッション・ショーやトレンドに関する報道を行うようになった。いわゆる政教分離を曖味にして広告主のコレクションの素晴らしさを褒めそやす …