雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

部屋の色を効果的に変える

投稿日:

・部屋の色はこうする

アパートやマンションなど、隣どうしで間取りも同じ、広さも同じはずなのに、なんとなく広く見える家と狭く見える家とがある。これは色の使い方に大きな差があるということ。カーテンが黄色でソファが赤、ベッドカバーはピンクでテーブルは白。横にはオレンジ色のカラーボックス。こんな色調では、ゴチャゴチャとした印象を与えるばかりで、統一感も何もあったものではない。注意して見てみると、広く見えるほうは部屋の中の色数が少なく、狭く見えるほうは何色もが一つの部屋の中に混在していることが多い。

壁や床の色はそう簡単には変えられないので、自分で工夫できるとしたら家具やカーテンなどのファブリック類。これを、1色かせいぜい2色までに抑えると、スッキリとまとまった印象になる。たとえば、カーテンやベッドカバー、ソフアなどは、ベージュで揃える。家具を木製にするのなら、デスクもチェストもすべて同じ色調の茶色で揃える。このくらいの色調なら、たいてい無理なく揃えられる。赤やオレンジなどの派手な色を使いたいなら、かなりのセンスが必要。はっきりとした色は、ポイントとして入れる色のように少量を効果的に使うといい。

インテリアの色はここから決める

同じフローリングといっても、深いブラウンもあれば、明るいブラウンもある。敷き詰めるタイプのカーペットも、それ1枚で部屋の印象がずいぶん違ったものになる。部屋をスッキリと見せるコツは、使う色合いをまとめること。このとき、ベースになるのは、ずばり床の色。まず床の色合いを決めておいてから、壁、カーテンなど、面積の広いものから順に、床と相性のいい色を決めていく。

家具では、ソファやチェストなど大きいものから順にコーディネイト。小物はアクセント感覚で、一番最後に決める。部屋のイメージを変えたくなったら、カーテンやソファなどの色合いを変えるだけで十分効果がある。面積の広い床や壁は、なるべく地味な落ち着いた色にしておくと、シンプルで応用がきく。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

部屋の片付けは必要なものを使いやすいようにするとよい

部屋の片付けは必要なものを使いやすいようにするとよい。 整理・整頓は、モノを取捨選択するだけでなく、必要なモノを使いやすいように片づけ、不要なモノを処分するところまで終えて、はじめて完了します。途中で …

no image

貧乏性で捨てられない人は整理ができない

貧乏性で捨てられない人は整理ができない。 モノを捨てるのは、悪いこと、と考えるあなた。とにかくあなたは貧乏性なのでは?この性格は、戦中や戦後すぐの、モノのない時代に幼少期をすごした人に見られます。一般 …

no image

洋服の整理・収納

子どものころからの習慣で、衣類はよそゆき、ふだん着、家庭着などと分けてしまいます。これがかえって、整理を難しくするのです。こんなことなら、ランクづけをやめればよいのに、習慣とは恐ろしいもので、なぜかや …

no image

まな板の乾燥や衛生面

あなたはまな板を収める指定席を、どこに決めているでしょうか。流しの上につるす、流し台周りに立てかける、流しの上の棚に置く、といったところでしょう。こうした場所に収めること自体に問題はありませんが、使い …

no image

ブロック塀の補修はモルタルで行う

・ブロック堀の補修はモルタルで ブロック堀の一部が欠けたときは、モルタルを作り、穴とそのまわりを湿らせてからモルタルを埋め込みます。頑丈なブロック堀ですが、案外もろく破損することがあります。こんなとき …