雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

部屋を最初から汚れるものと思って作る

投稿日:

どんなに注意しても汚れるのだから、いっそのこと、ある程度は汚してもかまわない部屋を用意してあげよう。小さな子どもの部屋は、汚すなといっても無理な話。まずは床。畳や高いじゅうたんはもったいないので、畳の部屋であっても、上から安いカーペットを敷いておき、あまりに汚れたら取り替える。子どもが好むかわいい壁紙を張って、子どもが自然に大切にする壁にしておくのもいい。小学校の低学年あたりまでは、部屋のイメージやセンスにこだわるよりは、実用性を一番に考えたほうがいい。カーテンも同様だ。壁は、板張りや合成ビニール性にすると水ぶきできるので、汚れが落としやすい。

ぬいぐるみをキレイにする方法

飾ってあるだけでも汚れてしまうものなのに、触ったり抱いたりして遊んでいると、その汚れは驚くほど。子どもが大好きなぬいぐるみ。しかも、ざぶざぶ丸洗いするわけにもいかないし、掃除機で吸い取ったり、ハタキをかけたぐらいでは、ホコリすら満足に取れないという困り物だ。でも、シャンプーか中性洗剤を使えば大丈夫。お湯で溶かし、歯ブラシに古いガーゼを巻きつけたものにふくませて、ぬいぐるみの毛並みに沿ってふき取っていく。これで汚れはかなり落ちるはず。あとは蒸しタオルなどで洗剤をふき取ってから自然に乾かし、最後にブラッシングすればできあがり。

古いシールはアルコールではがす

長くそのままにしておくとはがれにくくなる、子どもが壁や柱、勉強机などに貼りつけたシール。これは粘着剤が固くなってしまうせいで、無理にはがすと粘着剤がって汚なくなってしまう。この場合に、もっとも効果的なのがアルコール。まず、シールの表面にカッターや紙やすりで傷をつけてアルコールをしみ込みやすくしておく。つぎに、消毒用のアルコールを、ボロ布にしみ込ませて、上からトントンとたたくようにしてつける。あとは指でこすれば、シールを簡単にはがすことができる。木製家具や塗装壁など、アルコールによっていたむ可能性のある場合は、アルコールではなく洗剤液で代用するといい。どちらを使う場合も、目立たない場所で一度テストしてからにしよう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

コンロまわり収納でスッキリさせよう

・コンロまわりをスッキリさせる キッチンがあまり広くない場合、調味料がコンロのまわりにごちゃごちゃとあふれかえっていると、いくら掃除をしてもすっきり見えない。そこで、思いきって調味料全部をコンロまわり …

no image

ウレタンマットを玄関の段差に置こう

・玄関の段差にウレタンマット玄関や勝手口に 少しでも段差をなくし、ケガをしないようにするには、ウレタンマットを敷けばどうだろうか。段差があると、赤ちゃんや子どもが落ちてケガをしたり、お年寄りが上り下り …

no image

ふすまの張替えを自分で行う場合

全部普通のクギで止めているものもあります。まず、左右の枠を外します。折れ合いクギ、ネジクギを使っているものは(枠の表面にクギの頭がない)、枠の上部に当て木をして金ズチでたたくと外れます。次に上下の枠。 …

no image

決めかねるモノは1カ月後に

・決めかねるモノは、1カ月後に 最終決定それでも必要不要を決めかねるモノについては、ひとまず1カ月ほど仮の置き場所を決めて、そのままにしておきます。そうしたうえで、次のようなチェック項目で、あらためて …

no image

超簡単!野球のバットの転倒防止法

・野球のバットの転倒防止法 バットを立てかけておく場所が意外とない。男の子が大好きな野球。でも、ここにちょっとした問題。壁などに立てかけておくとちょっとした弾みで倒れてしまい、音はするわ、へたをすると …