雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

部屋の掃除や日常の手入れのコツ

投稿日:

・落書きなどを落とす

クレヨンやマジックインクは、住居用洗剤をふくませた布でふいて落とし、湯ぶきします。

・壁(壁紙・合板)

壁紙は、薄めた住居用洗剤でふいた後、固く絞ったぞうきんで水ぶきしましょう。手あかは消しゴムでこすり取ります。落ちにくい汚れには壁紙用洗剤を使います。汚れ部分に洗剤を塗り、しばらくおいてからふき取ります。凹凸のある壁紙は、洗剤を塗った後、歯ブラシなどでかき出すように汚れを取ります。

・スイッチプレートの手あかを落とす

使っている間にスイッチプレートに付く手あかの黒ずみは消しゴムでこすって落とします。食パンでもきれいに落とすことができます。

・合板・ビニールクロス壁の手入れ

壁が合板かビニールクロスでも、壁紙同様水が使えるので、住居用洗剤で汚れを落とし、からぶきするようにします。合板は木目に沿ってふくようにしましょう。この後、ワックスをかけるといっそうきれいになります。また、どんな素材の壁も長い時間直射日光が当たると日焼けするので、注意しましょう。

カーペットの毛足のつぶれを直す

カーペットの毛足が家具などを置いたために、つぶれてしまったときは、スチームアイロンをあてて元に戻します。スチームアイロンがなければ、へこんだ場所を霧吹きで湿らせ、タオルをのせてアイロンで蒸します。

・小さな焼け焦げの処理

焼け焦げを作ってしまった場合は、焦げた部分の毛足をカッターで取り除き、余分のカーペットか部屋の隅など目立たないところから毛足をこそぎ取り、木工用接着剤で埋め込みます。あるいは焦げた部分をカッターで切り取ってその部分を張り替えます。

・カーペットのシミを取る

カーペットにコーヒーやソースなどをこばしたときは、乾いた布やティッショペーパーでたたくようにしてできるだけ吸い取り、住居用洗剤で押さえるようにふいた後、ベンジンでふき取ります。油をふくんだものの場合は、乾いた布などでできるだけ吸い取った後、5倍に薄めた住居用洗剤を古歯ブラシでこすり付けて泡立てて落とします。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

アイロンで貼れる障子紙の貼り方

アイロンではる障子紙というものがあります。特殊なノリが塗ってあり、アイロンを当てたところだけが熱でくっつくというものです。少し紙を引っぱりながら、上部の左から右へアイロンの先端で仮どめします。紙を障子 …

no image

整理・整頓・清掃を自分でできるようになるためのある方法

整理・整頓・清掃を自分でできるようになるためのある方法。 不要なモノがあふれているという自覚があっても、整理・整頓にかかる労力や時間を想像すると、ああ、面倒。このままでもいいやとなってしまう。まずは、 …

no image

収納スペースを作る作業

わたしにしても、できればしないですませたい作業です。しかしこれは、衣類をきちんと整理・整頓したいと思ったら、避けては通れないことでもあります。そう観念して、わたしはスーツ、ジャケット、パンツ、ジーンズ …

no image

封筒と便箋を分けて保存する

・封筒と便箋を分けて保存する 困るのは封書だ。サイズもバラバラで、たいていは箱に詰めて、どこか奥のほうにしまい込む。しかし、結局しまい込んだままになりがちで、これではダメだ。もらった郵便物のうち、はが …

no image

ピンと張る洗濯ロープ には小鳥のような木製ピンチが並ぶ

長くのびた2本の洗濯ロープには、小鳥のような木製ピンチが並ぶ。ふと気がつくと数が減っていることがあって、これも洗濯物干しの不思議。木製ピンチは、スーパーで売ってるプラスチック製に比べたら、バネの力も弱 …