雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

人は変人になりたくないと思っている

投稿日:

概して、人間は、自分らしいと思える程度に目立ちたいのであり、変人には見られたくないと思っている。ごく普通の人々が普通でないものに手を出してみたところで、(別世界の人である若干のセレブやファッション関係者などと違って)キワモノ扱いされるのがオチである。オリジナリティは恐ろしい。だから、社会的に受け入れられると考えられるものから、はみ出ないよう気を付けなければならないのだ。

店のファッションの感性というのは全体的なものであって、どんな服を買おうと、その店の他の商品と必ず合うようにできているのです。つまり、そのブランドは、ファッションの選択でバカにされるようなことはありませんよ、と着用者に請け合っているわけです。こう語るのは、反消費主義活動家のパッカード・ジェニングスである。
世間一般に浸透したアウトレット・ストアでのショッピングでは共同体に所属しているような感覚が得られますが、そういう所属というのはある種頼りないものです。

安心感を持てるのは服ばかりではない

GAPは比較的リスクがないし手頃だね。ロサンゼルス在住の二四歳の建築家、プレナンが言う。服というのはリスクのないベーシックと、平凡を嫌った、あくまでもその時の流行にこだわったものに分かれる。ファッションの鍵となるのは、常になじみの存在でいるということだ。これといって特別なところがない。反対に、ディーゼルみたいな店は、もっと高くてファッショナブル、だけど、誰でも着られるわけじゃない。とにかく値が張るし、GAPなんかよりもスタイルが限られているから。

ル・シルク二〇〇〇のような豪華レストランで食事をするには、四つ星フレンチを食べられるだけの予算以外にも、それなりのテーブル・マナーや相応しい装い、物腰が必要だが、マクドナルドでの食事ならポケットに小銭が入っていればいい。安心感を持てるのは服ばかりではない。ショッピング体験そのものもまた然りである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

GAPがオープンする店舗を増やし続けた

GAPにはうなるほど金があるので、全体の売上を伸ばしながらどんどん店を増やしてこられた。クラスタリングは、一九九〇年代初期に広く行われるようになったもの。発想は単純。狭い範囲に店舗をたくさん出すのです …

no image

服の買い物で失敗しないための実践的な方法

本気で買い物をするときには、前日の夜から自分を盛り立てることが重要。本気の買い物の日は、なるべく一日を自分のためだけに使えるよう調整します。翌日は、しっかり朝ごはんを食べ、きちんとお化粧をし、まず美容 …

no image

ポンチョが大人気だった時代

アパレル・メーカーは手頃な価格帯の商品を製造し、ノードストロムなどでは、フリー・ピープルの黒と紫の品が五六ドルで販売されていた。瞬く間に、さまざまなスタイルのポンチョが登場した。ポンチョはホントにキュ …

no image

美は苦痛と言うが、半ば冗談、半ば真実

目立ちたがりの私たちだが、その反面、周囲から浮かない本性。苦痛に満ちた、一見グロテスクな慣習でも、いちあいファッショナブルなものになってしまう。まさに纏足がいい例だった。伝説では、宮廷内で、ある王子の …

no image

地元のお店の服をあなどってはいけない

娘を育てるなら、緑が多く、環境のよい場所がいい。そう考えて、都心から少し離れた場所に引っ越しをして、十年が経ちます。食品はもちろんのこと、衣料品も揃う駅ビル(よく言えば、こじんまりしたデパートとも言え …