雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

偏角の数値は地域によって変わる

投稿日:

・尾根の配置を見取る

周囲の尾根の配置を日で読み取り、それと同一の配置の尾根を地図上で探すことで現在地の把握ができます。

・東北と磁北

偏角の数値は地域によって変わります。磁石は北を知る道具と書きましたが、実際には少し西にすれています。二万五〇〇〇分の一地形図の上、すなわち北は真北と呼ばれますが、コンパスの磁針が指す北は磁北と呼ばれ、真北とズレが生じます。日本の場合、偏角は西におよそ六?九度あり北に行くほどズレが大きくなります。磁針方位または偏角と呼んでいます。

・コンパス

プレートを利用して進路を維持する方法を直進ないしは1、2、3(ワン、ツー、スリー)と呼んでいます。アウトドア用のコンパスとして有名なのが、シルバコンパスです。地形図と一緒に活用して初めて効果があります。現在地の確認とともに現在地から日的地の方向を調べることができます。北を知る道具としての磁石と方向を決めて進むことを可能にするプレートが取り付けられております。

傾斜の変換をとらえる

・傾斜の変換をとらえる

等高線の間隔が密なところが傾斜は急で、疎なところは緩傾斜になります。したがって尾根の形状がわかります。

・読図方法

等高線が意味を持つのはその間隔によって表現される傾斜とそれによって形作られる地形です。アウトドアでの地図読みは、等高線に始まり等高線で終わる(村越、前掲書)と言われています。道に迷ったら努めて冷静沈着になることが重要です。等高線が高い方に凸な部分の連続が谷、低い方に凸の連続が尾根になります。点であるピークと鞍部(コル)、そして線である尾根と谷が地形単位になりますが、ここに着目します。地図でも読み取りやすく、実際の風景の中でも目立ちますので地図と実際が一致します。

・視点の向きを意識する

1人間は真上からその配置を見ているわけではなく横から見ています。したがって尾根の配置には必ず重なりがあります。それを利用すると自分がその配置に対してどの方向にいるかを決めることができます。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

秋の山は植物、モミジの赤色が美しい季節

秋、気持ちの良い季節だ。色づいた森を歩くのは快適この上ない。乾いた空気、足元の枯れ葉を踏みしめる音。静かである。その静けさは、やがて山に冬がやってくることを感じさせてくれる。 この時期、植物も動物も、 …

no image

子供との遊びに付き合う場合のプラン

子供とアウトドアに出かけたら、子どもに必要なこと、子どもがしたいことに配慮して行動内容を決める。蒸し暑い夏の日にはサイクリングなんかもいい。いくら前から楽しみにしていた計画でも、猛暑の中、陽射しがジリ …

no image

登山時にメモ帳に時間などを書いていくようにする

・メモする習慣を付けるべし 体力を計る物差しは、山に登ること。たわいもない坂道で息を切らせて、自分の体力の無さに標然とする人もいるでしょうし、胸突き八丁の急坂をスイスイ登って行ける自分に、自身のことな …

no image

スキーに子供といく場合、服装などの用意はバッチリと行う

クロスカントリー・スキーは、静謡で美しい自然と一体になれるスポーツ。しかも年長の子どもにとっては、冬のアウトドア技術をまたひとつ身につける機会でもあり、体力やテクニックを試すチャンスなのだ。自分のこと …

no image

川遊びや虫を見つめるのは面白い

ヨモギの葉をよくもんで、葉の汁をガラスにぬっておくとよく見えると言われ実行し、タイヤチュープに乗り、一日中、川の中をのぞいていた。魚、川藻のついた岩、ユラユラする水中植物、湧き水に砂が舞い、また別の魚 …