雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

閉経と妊娠の判断を間違えたある女性の話

投稿日:2015年4月9日 更新日:

ダンナは大阪に単身赴任中で、目下高校生の2人の息子との3人暮らし。子どもはいずれも名門ラグビー部に所属し、小さいながら一戸建ての家も持って、なかなか順調な人生を歩んでるといえる。C子さんは49歳の、元気な保険のセールスウーマン。そんなある日のこと、ちょうど息子たちは合宿で留守。夫が久々に大阪から戻ってきた。十数年ぶりにやってきた夫婦だけの夜に、2人はめったにない睦まじいときを過ごした。が、その翌週、C子さんは青くなった。

来るべきものが来ないのである。もしかして、ニンシン?まさかこの年で?C子さんは焦った。あのとき、夫が帰ってこなかったら、いや、息子たちさえいてくれたら。この年になって、孫のような子どもを出産するのかと思うと、気が遠くなる。40の恥かきっ子、どころの騒ぎではない。だが、後悔しても始まらない。まあ、この年になれば遅れることもあるだろう、と楽観していたが、その翌週も、そのまた翌週になっても、やっばり来る気配がない。

いやはや実に20年ぶり、待ちに待ったが、ついに6週間が過ぎ、C子さんは意を決して、産婦人科の扉をたたいた。恥ずかしいわねなんて言っているようで肩身が狭い。皆、自分を見て、いやだわ、あの年で妊娠したのかしら。まわりにいるのは20代の若い妊婦ばかり。もし妊娠していたら、やっばり堕ろすしかないのかしらと、C子さんは、暗い気分で自分の番になるのを待っていた。

こわごわ診察台にあがったC子さん

こわごわ診察台にあがったC子さんだが、彼女をちょっと触診した先生は、即座にこう言った。あ、こりゃ閉経ですね。C子さんは頭の中が真っ白になった。その後はもううわの空で、問診でなにを聞かれ、なんと答えたかも覚えていない。一般に女性は、閉経前後は非常に体調を崩しがちである。なんですって、妊娠じゃなくて閉経?

いわゆる更年期障害である。あらゆる症状が一気に出て、精神的にも不安定になり、寝込む人も多い。ごくまれに、C子さんのようにまったく気づかずに閉経を迎える人もいる。産婦人科を訪れる患者の中には、実はこうしたカン違い組もけっこう多いらしい。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

病院の系列を知っておけば医師が求人を選ぶ際に参考になる

大学病院には、その中でいくつかの系統があります。大きく分けて、旧帝大系、独立系、新設系の三つに分けられますが、患者に圧倒的に支持されているのは、やはり旧帝大系の大学病院です。旧帝大系は、東京大学を頂点 …

no image

医者の紹介状の力-回復しない症状が回復したある例

紹介状に秘められた力というものがあるのをご存知だろうか。紹介状を持たない患者に対しては、大病院では流れ作業で診なければこなしていけない。手抜きして、投薬で症状を抑える程度の診療が行われているケースもあ …

no image

医師国家試験に合格させるために行われた犯罪行為

国家試験に落ちた医学部卒業生を対象として、二〇〇万円から四〇〇万円くらいの年間授業料で、翌年の医師国家試験の受験対策を講義する予備校です。予備校というと、ういういしい若者が学ぶ場というイメージがあるか …

no image

マインドコントロールとは何か?その例や特徴

マインド・コントロールという言葉がカルトなどと結びつけられることが多い。しかし、以前は自分自身の気持ちを前向きにもっていくことなども、マインド・コントロールと呼ばれていた。 ネガティブな意味で使われる …

no image

趣味は献血ですというある男性のお話し

会社員のNさんの趣味は献血である。いやあ、これがねえ。いいんですよ。同じマンションに住むOさんも、それを聞いて驚いた。献血、ですかあ?献血?よっぼど血の気が多くて?一度やったらやめられない。そうだ、今 …