雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

閉経と妊娠の判断を間違えたある女性の話

投稿日:2015年4月9日 更新日:

ダンナは大阪に単身赴任中で、目下高校生の2人の息子との3人暮らし。子どもはいずれも名門ラグビー部に所属し、小さいながら一戸建ての家も持って、なかなか順調な人生を歩んでるといえる。C子さんは49歳の、元気な保険のセールスウーマン。そんなある日のこと、ちょうど息子たちは合宿で留守。夫が久々に大阪から戻ってきた。十数年ぶりにやってきた夫婦だけの夜に、2人はめったにない睦まじいときを過ごした。が、その翌週、C子さんは青くなった。

来るべきものが来ないのである。もしかして、ニンシン?まさかこの年で?C子さんは焦った。あのとき、夫が帰ってこなかったら、いや、息子たちさえいてくれたら。この年になって、孫のような子どもを出産するのかと思うと、気が遠くなる。40の恥かきっ子、どころの騒ぎではない。だが、後悔しても始まらない。まあ、この年になれば遅れることもあるだろう、と楽観していたが、その翌週も、そのまた翌週になっても、やっばり来る気配がない。

いやはや実に20年ぶり、待ちに待ったが、ついに6週間が過ぎ、C子さんは意を決して、産婦人科の扉をたたいた。恥ずかしいわねなんて言っているようで肩身が狭い。皆、自分を見て、いやだわ、あの年で妊娠したのかしら。まわりにいるのは20代の若い妊婦ばかり。もし妊娠していたら、やっばり堕ろすしかないのかしらと、C子さんは、暗い気分で自分の番になるのを待っていた。

こわごわ診察台にあがったC子さん

こわごわ診察台にあがったC子さんだが、彼女をちょっと触診した先生は、即座にこう言った。あ、こりゃ閉経ですね。C子さんは頭の中が真っ白になった。その後はもううわの空で、問診でなにを聞かれ、なんと答えたかも覚えていない。一般に女性は、閉経前後は非常に体調を崩しがちである。なんですって、妊娠じゃなくて閉経?

いわゆる更年期障害である。あらゆる症状が一気に出て、精神的にも不安定になり、寝込む人も多い。ごくまれに、C子さんのようにまったく気づかずに閉経を迎える人もいる。産婦人科を訪れる患者の中には、実はこうしたカン違い組もけっこう多いらしい。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

微笑みうつ病とは?特徴や症状

微笑みうつ病は、うつ病だが、人といるときはいつも笑顔でいれるタイプのうつ病。うつ病なのに楽しそうにしているので、周りには苦しみが伝わりにくい。 また、人といるときに笑顔になれるため、自分がうつ病だと気 …

no image

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

病院用語についてわかりやすく解説します。 ・一過性 一過性という語がついた病名や病状は、すぐに心配ない容体に戻るから、あまり心配はいりませんよ、という意味が何となく読み取れます。一時的にそのような状態 …

no image

教授回診のある秘密

ある大学病院には週に一度特診日がある。これは、教授が外来診察する特別診療日のことで、午前中に病棟の回診をし、午後は5時半まで予約のみの患者を受けつけるものである。あれが教授の仕事?たまたま内科診察室を …

no image

医者で知識の多い人を見極める方法や良い医者を見極める方法

知識が多い医者かどうかを調べるにはどうすればいいかというと、以下のような方法がある。たとえば、診察室に医学書が何冊も置いてあったり、今日の新聞に載っていた医学トピックスについて熟知していたり、待合室に …

no image

A型肝炎は治療で治る?原因は?うつるの?

A型肝炎は、A型肝炎ウイルスに感染することで発症する肝臓の病気です。食事から感染したり、人の便から感染することもあります。 海外に旅行に行って、旅行先で感染してしまうこともあります。あらかじめワクチン …