雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

初めての車選び-あえて輸入車から始めるのもあり

投稿日:2014年11月7日 更新日:

まずは、クルマと付き合うことの面白さが見えてくるクルマに乗りましょう。初めてのクルマ選びというのは、とくにアレコレ悩むもの。女の子のエントリーカーというと、当然のように名前が挙がるのがマーチですが、街中に溢れている今、あえてそれに加わる必要はないでしょう。また、はじめから、ポルシェだフェラーリだなんて買えまぜんし、仮にそれだけの経済力があったとしても、オススメしません。

少し経済的に余裕があって、左ハンドル車に抵抗がなければ、オペルを若い女の子が運転しているというのが最高に格好いいと思うのですが。どんなクルマを買ったら、どんなカーライフが待っているのか想像がつかないことがたくさんある。裏を返すと、ここでつまらないクルマを買ってしまうと、クルマってあんまり面白くないなぁということになりかねません。

大排気量の大きなスポーティカーではなく、コンパクトなホツトハッチが最適です。きちんとクルマの運転を覚えたい、上手に走れるようになりたいという男の子には、ドライピングの腕が磨けるクルマを選んで欲しいところです。ここでハマりやすいのが、シビックタイプRです。

車の買取査定を上げる色々なポイント

たしかにクルマのポテンシャルは高いが

最初は絶対的なパフォーマンスよりも、クルマの動きがきちんと伝わってきて、コントロールしやすいクルマを選びましょう。たしかにクルマのポテンシャルは高いのですが、運転すると、よく走る!よく曲がる!と感動はするものの、そこから先のクルマを操る領域に入るためには、相当のドライビングテクニックが要求されます。

べつにスポーツ指向じゃない。クルマはファッションの一部というスタンスの若い人も多いでしょう。でも、いい加減ローバー・ミニにハシるのはやめにしませんか?たしかにローバー・ミニは名車ですし、昔はいいクルマでした。でも、今や完全に過去のクルマです。

ファッショナブルなクルマ・レトロという概念を壊して、今のクルマに目を向けてみると、面白いクルマはけっこうあります。なかでもルノーの強烈な個性には、ぜひ挑戦して欲しいところです。また、プジョーのスポーツタイプは、絶対的な速さでいえばシビックタイプRにかないませんが、操ることの楽しさは、ずっとダイレクトに伝わってきます。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の乗降性の悪さは致命的-購入の前に十分に調べておくこと

年齢を重ねると、人間は誰でも身体が硬くなります。若い人には何ら気にならない行動でも大きな負担です。今でもときどき見かけることですが、クルマから、高齢者が転げ落ちるように降りてくることがあります。これは …

no image

新型ヤリス-パワートレインから品質まですべての面で改善

トヨタが第3世代ヤリスを公開した。新型ヤリスは、パワートレインから品質まですべての面で改善されており、クラスでは、最もスポーティなデザインを追求した。初めてお目見えするマルチメディアシステムのタッチ& …

no image

危険な運転をする人-そんなに急いでどこに行くの?

よく走る道の交差点でも数台のクルマが直進レーンから左折していくのを見たが、オーバースピード気味に曲がっていくので横断歩道を渡っている人たちに突っ込むんじゃないかと心配になってしまう。混んでいる右左折専 …

no image

日産フェアレディZ-スポーツ色を全面に押し出してのデビュー

ターボ車は日本初の自主規制リミットいっぱいの280馬力を実現。スポーツカーに乗ろうというキャッチコピーの通り、スポーツ色を全面に押し出してのデビューだった。独特なフロントフェイスとグラマラスなボディは …

no image

輸入車のシェアは都市部に多いが本来地方の道がお得意

自分の個性や使い方に合った、自分なりの魅力を感じられる一台を、決して無理をせずに乗る。現在の中古輸入車事情なら、十分それが可能だし、そうなって初めて、国産車と輸入車のフラットな評価ができ、国産車の、そ …