雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

初めての幼児とのスキー

投稿日:

ある人は、娘が生後6カ月のころから4歳になるまで、そりを引いてスキーをした。三連休などにバンガローを借りて、そこをべースにデイトリップに出かける。これが彼らの十八番スタイルだった。娘はそりが大のお気に入りで、童謡のテープを持ち込んで聴きながら、そり旅行を楽しんだ。防寒は万全だったから、子どもにも文句はなく、親はけっこう長時間のスキーを満喫したという。あまり寒くないときにはカバーを開けたまま絵本を見たり、ぬり絵をしたり。ときどきはそりの外へ出て用を足さないといけない。

バンガローまでスキーで6時間かかるけど、娘はニコニコ牽引されている。でも外は寒いから、不必要に長居したがらず、親がせかす必要もなくて楽だったそうだ。スキー初心者の子ども達が疲れたときに、ちょっと乗せてあげる。そりにはジュニア用スキー板を収納する余裕がある。子どもも板も乗せて引っばりながら、親はスキーを続けることができる。

キャリアとそりを併用するしか手はない

ハイキングなら、3歳ぐらいの子はときどきキャリアから出て歩いたりするから、その間こちらも息がつける。スキーだとこうはいかない。背中でお昼寝中の赤ちゃんは、揺れがないと眠れないから、ちょっと立ち止まっただけで目を覚まして泣き始めたりする。スキーは、スタミナが要求されるスポーツなのだ。キャリアを背負っても、その重さに耐えられなくなる日はスキーのほうが早く訪れる。あとは、キャリアとそりを併用するしか手はない。そりが使えるのはせいぜい6歳まで。

それぐらいになると子ども達はじっとしていないし、自分でスキーをしたがるようになる。その後は、南極あたりでよくやっているように、そりを装備運搬用に利用する。ある家の1人娘が、初めてスキー板を履いたのは3歳のときだった。広々とした野原を、そろりそろりと滑る。雪の上を滑る感じをつかんでもらおうと、両親は軽い気持ちで娘を連れ出した。3~4歳児を対象にレッスンしてくれるスキーセンターもあるので利用したい。とはいっても、本当にスキーの楽しさがわかるようになるのは5~6歳ごろである。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山における低山とはどんな山のことか?

・低山とは、どんな山のことか 地球上ではその土地によって、気温、湿度、雨量、地質など、さまざまな環境要因に違いがある。とくに気候によって区別される地域は、おおむね生物の分布帯に一致している。日帰り登山 …

no image

トイレトレーニングの進め方-アウトドアで実践したい方法

小さな子供とのアウトドア。おまるを持っていけないバックカントリーではどうするか。健全なアウトドア・トイレの常識を、親であるあなたが教えることになる。小さな女の子は簡単にはいかない。しっかりパンツをおさ …

no image

ファミリー用カヌーの条件-子供にも本物のパドルを持たせよう

ファミリー用カヌーの条件-子供にも本物のパドルを持たせよう。 安定感があり、荷物をたっぶり積み込めて、パドリングしすいことがファミリー用カヌーの条件だ。子どものパドリングをあてにしていなくても、初めか …

no image

ウォーカーのトレーニングの一歩は「歩き」

山に行くと、よく林道を通って目的地の入口に近づくことがある。ちょっと見通しのよいところから先を見ると、林道がはるか彼方にまで伸びており、目的地はまったく見えない。こんな光景に出くわすと、もうそこで精神 …

no image

登山時にメモ帳に時間などを書いていくようにする

・メモする習慣を付けるべし 体力を計る物差しは、山に登ること。たわいもない坂道で息を切らせて、自分の体力の無さに標然とする人もいるでしょうし、胸突き八丁の急坂をスイスイ登って行ける自分に、自身のことな …