雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

はたきの手入れなど

投稿日:

・はたきも手入れを

押し入れの掃除は、ふすまを外し、中の物を出してから行います。掃除機をかけてから、住居用洗剤て汚れを取って、からぶきし、完全に乾くまでは、中に物を入れないようにしましょう。この間に、中の物は表に出して虫干ししておきます。時折住居用洗剤をとかした水ですすいで、乾かします。毎日の掃除に活躍するはたきも手入れが必要です。押し入れ押し入れは湿気がこもりやすくカビがー和室発生しやすい場所です。

・ふすま・障子

障子の様の隅はどうしてもホコリがたまりやすいもの。荒神ぼうきや絵の具の筆が活躍します。普通、障子の桟は塗装されていないので、どうしても汚れやすく、時折白木用のクリーナーで全体をふくようにしましょう。はたきは上から下へかけます。障子の紙部分も忘れずにはたきをなでるようにかけましょう。敷居は住居用洗剤でふきます。引き手まわりは手あかが付きやすいところ。住居用洗剤でふきます。

押し入れのカビは結露が原因

結露やカビの発生を防ぐ簡単な方法を紹介しましょう。木製のすのこを押し入れの床や中敷きます。こうすると、押し入れに間ができ、風の通り道を確保することができます。壁面の方が気になるなら、このすのこを立てかけてもよいでしょう。押し入れは空気の通りが悪いところ。特に梅雨時や冬季は、湿気がこもりやすく結露しがちです。さらに、結露をそのままにしておくと、押し入れの壁にカビがはえてしまいます。このカビが、湿気と同様にふとんなどに移ることもあります。押し入れの戸をなるべく開けておくようにするのもよいでしょう。

また、市販の結露防止シートを押し入れの壁に張る方法もあります。換気はこまめに行い、エアコンや除湿器をうまく活用しましょう。湿度計を一っ買っておくと、湿度を目て確認することができます。カビが最も多く発生し繁殖するのは、気温20~28度、湿度65パーセント以上のとき。カビの繁殖を防ぐためには家の中の湿度をなるべく上げない注意も必要です。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

トイレの床の黒ずみなどの掃除方法

・トイレの床(クッションフロア) マットを敷いている場合は、週に一度は洗濯しましょう。ヒビもはがれも早めに補修をモルタルの外壁は、ヒビが入ったり、一部がはがれたりしやすいもの。放置すると、ここから雨水 …

no image

冷蔵庫の野菜をうまく収納する方法

・冷蔵庫の野菜をうまく納める 上手に納める方法は丸いものと長いものに分けて収納することだ。野菜室にうまく野菜を納めるのは結構難しい。まずキャベツやレタス、トマトなど丸い野菜は適当な大きさの四角い箱にま …

no image

排水口の嫌な臭い対策

排水口からいやなにおいがするとき。トラップには水がたまるようになっていて、この水が下水管からの悪臭の逆流を防ぎ、ネズミやゴキブリなどの侵入をシャットアウトする。トラップを有効に使うためにも排水管をきれ …

no image

本は図書館や駅に寄贈するといい

・本は図書館や駅に寄贈する 公立の小さな図書館では寄贈を受け付けているケースがある。不要になった本があるが、捨てるのはもたいないし、古本屋に売るほどではないいうときには、こんな方法がある。その図書館の …

no image

ダンドリを安全かつスムーズに進めるためには

ダンドリを安全かつスムーズに進めるためには、道具と材料、そしてキッチンペーパーの存在が不可欠なんだと気づく。料理開始とともにそこらは散らかってしまうのだから、目立つ壁にあって、料理するシンクとコンロの …