雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

はたきの手入れなど

投稿日:

・はたきも手入れを

押し入れの掃除は、ふすまを外し、中の物を出してから行います。掃除機をかけてから、住居用洗剤て汚れを取って、からぶきし、完全に乾くまでは、中に物を入れないようにしましょう。この間に、中の物は表に出して虫干ししておきます。時折住居用洗剤をとかした水ですすいで、乾かします。毎日の掃除に活躍するはたきも手入れが必要です。押し入れ押し入れは湿気がこもりやすくカビがー和室発生しやすい場所です。

・ふすま・障子

障子の様の隅はどうしてもホコリがたまりやすいもの。荒神ぼうきや絵の具の筆が活躍します。普通、障子の桟は塗装されていないので、どうしても汚れやすく、時折白木用のクリーナーで全体をふくようにしましょう。はたきは上から下へかけます。障子の紙部分も忘れずにはたきをなでるようにかけましょう。敷居は住居用洗剤でふきます。引き手まわりは手あかが付きやすいところ。住居用洗剤でふきます。

押し入れのカビは結露が原因

結露やカビの発生を防ぐ簡単な方法を紹介しましょう。木製のすのこを押し入れの床や中敷きます。こうすると、押し入れに間ができ、風の通り道を確保することができます。壁面の方が気になるなら、このすのこを立てかけてもよいでしょう。押し入れは空気の通りが悪いところ。特に梅雨時や冬季は、湿気がこもりやすく結露しがちです。さらに、結露をそのままにしておくと、押し入れの壁にカビがはえてしまいます。このカビが、湿気と同様にふとんなどに移ることもあります。押し入れの戸をなるべく開けておくようにするのもよいでしょう。

また、市販の結露防止シートを押し入れの壁に張る方法もあります。換気はこまめに行い、エアコンや除湿器をうまく活用しましょう。湿度計を一っ買っておくと、湿度を目て確認することができます。カビが最も多く発生し繁殖するのは、気温20~28度、湿度65パーセント以上のとき。カビの繁殖を防ぐためには家の中の湿度をなるべく上げない注意も必要です。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

家具に移動できるキャスターをつけるといい

・家具にはキャスターをつけて 掃除機をかけようにも、いろいろなものがじゃまになって、ついつい隅っこのほうがおろそかになってしまう。大画面のテレビ、サイドボード、AVポードなど、リビングは家電や家具が所 …

no image

本はメモをつけてから捨てるようにする

・捨てる時はこれをメモしておく 新しく本棚を買ってはまたそこに入れる本を買って、というのでは、ただただ本が増えてしまうばかり。本をよく買う人に限って、どうも本は捨てられないという。これでは狭い家がよけ …

no image

大谷石の堀の補修方法

・築後五年、大谷石の堀が一枚だけボロボロ崩れてきました。 防水塗料は、外壁などのモルタル面に吹きつけて、アクリル樹脂をしみこませて乾かし、防水層をつくるものです。これを使ってみてはどうでしょうか。確実 …

no image

押入れを部屋にすることでスペースを確保しよう

・狭い部屋はこう解決する 押し入れは中を空にしてしまえば1畳分の空間になるので、かなり余裕ができる。子ども部屋が狭くてピアノやソファ、オーディオ類などを置くスペースがないという場合、もし押し入れがある …

no image

子供に整理をちゃんとさせる手っ取り早いコツ

家族が集まるリビングには、それだけたくさんのモノも集まってくる。脱ぎっ放しの服、読みかけの本、カバンや外したアクセサリー。それが四人分ともなれば、もうリビングはゴチャゴチャ。片づけなさいといちいち小言 …