雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

春の雪質の特徴と気をつけたい山での注意点

投稿日:

軽く準備運動してから登り始めるとまずチゴユリの白い花が歓迎してくれます。続いて雪椿の紅い花が日にあざやかに飛び込んできます。飯豊連峰の西、越後平野に面し連なる五頭連峰は新潟でも、もっとも登山者の多い山です。菱ヶ岳と五頭山は、一日で周回できますし、麓には村杉温泉をはじめ多くの温泉があり人気の高い山です。倉田山、五頭連峰、荒島岳、連休近くなると、春は一〇〇〇メートル級の山にもやってきます。

登山口には大きな駐車場やトイレも整備されています。この地域の山ではほぼ同じ高さの所に群れて咲いているのが特徴で面白いです。連休時であれば、福井の荒島岳、佐渡のドンデン山などもイワウチワの美しい山として知られています。日本海側ではキクザキイチゲも多く咲き彩りをそえます。イワウチワやショウジョウバカマの白やピンクの花が現れてきます。ことにイワウチワは林床一面に咲くことが多く、目を楽しませてくれます。佐渡や新潟の山々ではそういった花にまじって珍しいオオミスミソウに出会えるかもしれません。

五頭連峰のようなよく整備されたところでは

その辺りから残雪が現れます。五頭連峰のようなよく整備されたところでは、赤テープや赤ペンキの目印がありますので、あちこち動いて探す前に次の目印を見つけてから歩くようにすると迷いにくいものです。登る時は、道が雪で覆われていても高い方を目指せば頂上に着きますので簡単ですが、山中の少し開けた平坦地や下りは雪に覆われると道を探すのが困難です。高い山では気温が下がって雪が降ることもある時期ですが、さすがにこの辺の山で降ることはほとんどありません。

春の時期は、菱ヶ岳や五頭山などの一〇〇〇メートル級の山でも頂上付近には豊富な残雪があります。日が照って気温が上がればグズグズになるのが春の雪の特徴です。運動靴で来た人は靴下まで濡れてしまいます。登山靴や軽登山靴も防水がよくないと、濡れやすいものです。地下足袋も濡れてしまいますが、これはもともとそういう履き物で足が冷たくなります。長靴が一番儒れにくいのですが、斜面が少し急になると長靴や運動靴は滑りやすいので注意が必要です。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

長時間体が濡れることが最も危ない

山では、どんな意味でも長時間濡れることが最も危ない。雨やみぞれで濡れるだけでなく、自分の汗で濡れるのも危険なのである。体が濡れると、たとえ自分は猛烈に暑く感じていても、体温は着実に下がっている。登山に …

no image

冬の天気の注意

私たちの会では毎年一二月のボーナスの出た次の週末に安達太良山のくろがね小屋で忘年会を行っていました、とある登山家。雪上訓練は雪が少なく満足にできませんでしたが、夕方からシンシンと雪が降り始め、明日は訓 …

no image

夏山トレッキングの際の服装はどんなものがいいの?

大雪山系トムラウシ山の遭難事故では、なぜ下山を強行したのか、なぜ避難小屋に戻らなかったのか、疑問を呈されているところですが、さて、夏山登山で携行すべき防寒着は、フリースのジャケット1着でいいと思います …

no image

オートキャンプの魅力-すべて自力でやる素晴らしさ

オートキャンプの経験皆無、自分の足でずんずん山奥に入り、何カ月も出てこないことが多かった。新米ママというだけで、いきなり人生が複雑化してしまった今では、物量作戦が可能なオートキャンプはありがたい。最初 …

no image

雲ひとつない空からいきなり雨になることもある山の天気

雲一つない青空に、巻雲が出現すると、低気圧がこちらに向かっているというサイン。空を見上げて、雲の様子を観察する観天望気は、登山中とても重要なチェック項目です。雲底が下がって高層雲となり、どんより暗くな …