雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

春の山では野草の花の訪れとともに人々は山へ向かいます

投稿日:

春の山は、雪が解けて、春の花が咲き始めると人は山へ向かう(ハイキングと登山)。自山連峰、北アルプス、妙高連峰、飯豊連峰など高い山山はまだ雪で覆われていますが、その前衛の山々では雪解けも始まり、雪が解けたあとからフキノトウが顔をのぞかせています。日本海側に面した地域の長い冬が終わると、春は里から、里山へと移り、春の花の訪れとともに人々は山へ向かいます。

大きな山桜の下で持ちよった弁当を広げながら今年の豊作を願うのでしょうか。地元の人たちは、昼食の後、山菜をとったり、温泉に入ったりしてハイキングを楽しんでいます。新潟にほど近い角田山は、五〇〇メートルに満たない小さな山ですが、週末には山を周する登山バスが運転されるほどのにぎわいです。山頂から眼下に広がる日本海も冬の暗い難色を捨て、青い明るい海に変わっていきます。天気のよい時の日帰りハイキングなら、そういったものにこだわる必要はありません。しかし、後ろに広がる高い山々はまだ本格的な積雪期の登山シーズンです。

四季の変化に応じて違った表情を私たちに見せてくれる

服装も登山姿から、野良着、ふだんの服装まで様々で、足元も登山靴から、長靴、運動靴から地下足袋まで様々です。山は四季の変化に応じて違った表情を私たちに見せてくれます。その変化そのものが山登りの魅力のひとつですが、一方で、私たちが登りに行く際には、季節によって異なった準備をしなければならないということでもあります。登山者とはいえいろんな人が来ています。山小屋では、酒が入り談笑する時もそうですが、街の中の生活技術(態度)がそのまま出てしまうものです。消灯前でも寝ている人もいます。

お互い、譲り合いの精神が大切かと思います。装備類は指定の場所に持っていくようになります。その際、汚れは十分注意して落としておくようにします。翌日の出発の準備はできるだけ前夜のうちに済ませましょう。翌朝の出発時に天候がよくなかったら小屋の人にアドバイスを受けてもよいかもしれません。濡れ物を干す時など、小屋の指示にしたがってください。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山小屋の設備ってどうなっているの?

山小屋は、山という場所もありますが、全体的に必要最小限のサービスができる体制にはなっておりますが、街の民宿などと同じにはしない方がよいでしょう。最近は食事の質もよくなったり、泊り客とのミーティングを開 …

no image

防寒、保温の徹底で子供を守る

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウ …

no image

山スキーで必死にラッセルした経験

私が初めてスキーをしたのは小学校三年生の時でした、とある登山家。最近、思い返してみるとそういう体験も登山を始めた動機のひとつになっており、寒いのに連れていってくれた両親に大変感謝しています。上越の小出 …

no image

アウトドアでの子どもの病気は親にとって心配のタネ

アウトドアでの子どもの病気は、親にとって心配のタネ。新鮮な空気の中で元気に跳ね回り、十分な睡眠をとっていれば、そうそう体を壊すこともないが、発熱したり、風邪をこじらせて、それでものんびり構えていられる …

no image

山で雷に遭ったときの対処法

・雷には逆らうべからす 地震、雷、火事、親父、とはかつて怖いものの代名詞でした。山で遭う地震は怖いと思いますが、よほど運が悪くなければ遭うことはありません。ぼくは山を始めて50年になりますが、山で地震 …