雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ハリウッドものに限らずどんなイベントでも成立するプロモーション契約

投稿日:

プロモーション契約は、典型的なハリウッドものに限らず、どんなイベントでも成立する。ほんの数年前には、PRさせてもらうことを条件に、エスカーダがジェニファー・ロペスのウェディング・ドレスを作ってますよ。この契約もアッシュブルックが手がけたのだという。アッシュブルック社長が言う。出席することと引き替えに、アイスバーグ側は彼らに服をくれたんです。ジェニファー・ロペスみたいなスーパースターでない限りはね。私としては、サービスの交換、だと思ってるんだけど、セレブの出席条件ってこんなものなんですよ。

クライアントのアイスバーグ・ジーンズがスポンサーだったため、アシュレー・スコット、アシュトン・クッチャー、マイケル・ヴァータン、ガブリエル・ユニオンといった期待の新人にアイスバーグを着せて送り出した。結婚式の写真がイン・スタイルに独占掲載され、エスカーダは世界中で、何百万ドルもかけた広告に匹敵する注目を集めることができた。

セクシーでスキニーだという評判が広まることに

スザンヌ・コスタスのアール・ジーンの場合、まずセレブ現象が起こり、セクシーでスキニーだという評判が広まることになった。ジーンズ・メーカーのジョーダッシュが一〇〇一年に再始動した時には、マライア・キャリー、ロージー・オドネル(この人は全身ラインストーンのジョーダッシュでステージに出ていた)、クリスティーナ・アギレラ、グウェン・ステファニーといった面々にただで服を配っている。セレブの体に新製品を纏わせることは、ファッション・デザイナーにとっては聖杯のようなものである。

文字どおり、直接玄関のドアを叩いてきたのよ。シンディ・クロフォードも前のオフィスに来たことがあるし、とにかくセレブたちが次々に来てくれるようになってね。どうしてセレブたちの目に留まったのかはわからないけど、無名だったアール・ジーンを彼女たちが発掘してくれたの。うちは小さな会社で広告費用もないから、大助かりよ、とコスタスが言う。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

昔のファッションの形

土着の部族民が一五センチもの象牙の破片を鼻に通しているのを見て、西洋人はことさら驚いて見せる。でも、私たちの文化だって十分へンな慣習ばかりなのでは?不快というのは押しなべて相対的なものであり、私たちが …

no image

毛皮反対ムードが大勢を占めていた頃

一九九〇年代に毛皮反対ムードが大勢を占めており、売上も一九九一年に一億ドルを割って底を打った。しかし、売上の低迷する一九九年代のさなかにも、毛皮が完全に姿を消すことはなかった。FICAによれば、現在、 …

no image

ペット用品商戦に参戦するファッションブランド

グッチは犬用の茶色のレインコートを販売している。ルイ・ヴィトンが七〇年代に世に出したLVモノグラムの犬用レザー・キャリーは、一〇〇〇ドル弱で手に入るが、それほど余裕がないという向きも、オールド・ネイビ …

no image

ブレザーとパンツの組み合わせかた

・ブレザーとパンツの組み合わせ方 フランネル(flannel)という生地を知っていますか?想像以上に古い歴史を持つ布地で、むかしはまるで毛布のような生地で、厚く、丈夫な、頼りになる素材だったのでしょう …

no image

デザイナーの商品を店に仕入れるバイヤー

もともとはバイヤーや選ばれたメディア向けのお披露目の場だったメジャーなショーも、今ではライターやカメラマン、社交家、セレブといった人々が溢れて、まるでヴァーチャル・フーズフーといった趣である。クリスチ …