雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ハリアーはもともと米国市場をターゲットに開発したクルマ

投稿日:2015年4月5日 更新日:

ハリアーはもともと米国市場をターゲットに開発したクルマで、高品質な乗用車ライクな4駆モデルとして投入されました。トヨタは、クロスカントリーモデルの王者、ランドクルーザーを製造しつつも、新しい波を創り出すことに成功しました。ハリアーがその代表です。

米国でデビューしたハリアーは瞬く間に人気モデルになりました。ドレッシーな服装にも似合う4駆モデルという位置付けで、高級セダンにも見劣りしない内外装を持ちながら、セダンでは無理なラフロードにも乗り入れることができ、しかも乗り心地は快適です。

考えてみると、クルマ好きな若者は減少していたのかもしれません。なぜなら、こういったクルマを選んだ理由は、クルマの走りや基本性能に魅力を感けではなく、アメリカンなファッションに、そしてレジャーのための道具として選択していたように思うからです。

車の買取査定を上げる色々なポイント

学生を中心とした若者の遊びグルマとして人気

それまで米国のユーザーは4駆と言えばピックアップトラックくらいしか知りませんでした。荷台にサーフボードを積んで海へ出かけるパターンが代表的な使い方です。乗り味は基本的にトラックで、米国では税金が安くなるため、学生を中心とした若者の遊びグルマとして今も人気です。

日本でも、トヨタのハイラックスサーフ、日産のテラノなど、同種のクルマがデビューしました。米国のように税金が安いメリットはなく、クルマとしての出来も、乗用車としてはあまり誉められるものではないにもかかわらず、若いユーザーから人気を集めました。

一説には、米国では女性が運転するクルマの進路に妨害物を放り出して止め、悪事を犯す暴漢が少なくなかったとのことで、同じ状況でも4駆なら逃げることができるため、女性からの人気も高くなったとのことです。米国人、とくに学生時代にピックアップトラックを通学、遊びに使っていたビジネスマン、リタイアして郊外の家で暮らしはじめた熟年夫婦などにも魅力的だったようで、新しい市場を開拓しました。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の塩害-前所有者が海の近所だったら購入は慎重に

あとで泣きを見ないためにも、海辺の町で乗られていた可能性のある車は慎重になったほうがいい。もし前オーナーが海岸通りの釣り船屋さんだったら、あるいは夏のあいだは海の家の商品運びに使われていたワンポックス …

no image

輸入車に日本車を刺激してもらいたい

スカイラインと並んで、日産のもう一つの象徴だったフェアレデイZが復活を遂げ、米国で人気を得ています。ミドルクラスセダンのティアナは、非常に乗り味のいいクルマで、従来の日産車とはまったく違う味付けの脚を …

no image

ユーノスロードスターはスポーツカーとしての量産記録を達成

ユーノス・ロードスターはアメリカ、日本、ヨーロッパの世界各国で売れており、一時、マツダはこのクルマを月産4500台も作っていた。登場以来5年を経ても、まだまだその人気は衰えを見せず、ユーノス・ロードス …

no image

AT車のギアチェンジで気をつけたいこと

まるで男と女のつきあいみたいだが、男と女の間に、いかに親しくなろうともタブーがあるのと同じように、クルマには、できればやらない方がいい操作がある。しかも日本人には、このやらない方がいい操作を、なぜだか …

no image

中古車は必ず試乗させてもらわないといけない大きな理由

中古車店は、ほかにもうんとたくさんある。試乗したいと言って、店にできないとつつばねられましたなんて時は、購入前の試乗をさせないときは理由を聞こう。バッテリーを積んでないなら、ほかのクルマで始動させる。 …