雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ダイエット

半年で10キロ痩せるために行ったこと

投稿日:

10キロ痩せることに成功し、その後リバウンドもなくさらにジワジワやせ、現在では11キ口やせて56キ口を維持しています人。

痩せられなかったため下がらなかった血糖値も、見事に正常になり、尿糖もマイナス(正常)になって健康状態が非常によくなりました。

数年前から、人間ドックで境界型糖尿病(糖尿病予備軍)と診断され、医師からも何度も痩せるようにと言われていたのに、何をやっても痩せられず、「どうしても痩せない体なんだ」と半ばあさらめていました。

それが、ダイエットとは意識しないで始めた体操で、思いがけすスムーズに痩せることができたのです。

どんなダイエットも長続きしなかった私ですが、転がったまま気持ちよさに合わせて体をゆするだけということなので、「これなら私にもできるかも」と思い、早速その日から体操を始めてました。

期間は特に決めず、気分に合わせて長くやるときもあれば、12〜3分で終了するときもあります。平均すると一日だいたい五分ぐらいは行っていたと思います。

半年で10キロ痩せることに成功

また、高齢の両親にも毎日体操を指導していますが、二人とも以前よりも健康状態がよくなってきたと言っています。私は、半年で10キロ痩せることに成功しました。新しい自分に出会うため、多くの人に是非体操を体験して欲しいと思います。

半年で10キロ痩せることに成功し、最近になっても、体重は痩せたままをキープしています。また、10キロ痩せることに成功したおかげで、友人たちからも「全体的に引き締まってきたんじゃないの?」と言われ、心なしかズボンがゆるくなったような感じがしています。そのほか、10キロ痩せたことで、体調は非常に安定しています。

また、書にも体操は大きな影響を与えました。書は、「自分でこう書こう」と思っているうちはまだまだで、筆自身がバネを持ったように自分の思惑を超えて自然に動いてこそ、良いものができると言われています。

それには、心身が十分にゆるんでいなければならないのです。私は、まだその域にまで至っていませんが、体操を始めて少しそれに近づけたような気がしています。

代謝UPやデトックス効果を狙う方法などを実践しよう

2、3種類を各2満ずつブレンドして使うことが多いのですが、女性ホルモン活性化のためにローズとパルマローザ、ゼラニウムといったバラ系の香りを混ぜるのがお気に入り、というある女性。自律神経に働きかける作用と美肌効果がある「精油」は、内外に同時に響く万能品。自分で嗅いで「心地いい」と思った香りが、そのときの気分や体調にフィットするものだと思うので、何種類か集めて、その時々で使いわけています。

代謝UPやデトックス効果を狙うときは、グレープフルーツとレモングラスを。満腹中枢を刺激してくれるので、お腹がすいた夜はコレを嗅いで我慢。イランイランとゼラニウムも、エネルギーUPに活躍です。精油をブレンドするときは、同系統の香りを組み合わせると調和しやすく、バランスよく楽しむことができます。

手首にパワーストーンをつけるようになりました、というあるエステティシャン。肌に直接触れる仕事柄、私の砦細な不調をも察してしまう敏感な方もいらっしゃいますし、すべてのお客様に心地いい気分でくつろいでいただくために、常に自分自身をクリーンにしておきたい。そんなふうに願っているからです、という。

リンパの滞りを解消して血流を流し

マッサージは、リンパの滞りを解消して血流を流し、肌そのものの美しくなる力を高めるのが一番の目的だけど、もうひとつ、定期的に自分の手で、自分の肌に触れることで、日々変わる肌のコンディションや、それこそ、お肉の付き具合をチェックする、「キレイのバロメーター」でもあると思うんです。ちょっとした砦細な変化も見逃さず、素早く対応できるから、結果的に、美しくあることを継続できる。

塩を生活に取り入れるようになって一転。悪いものは憑かずにパワーがついた感じで、エネルギーも無駄に放電されなくなったような、とにかく疲れにくくなって、仕事を懸命に頑張っても、年末に起こっていた首の痛みが起きなくなった、という。

消費カロリーが低い状態に

何故、私たち人間は食べるのか?それは私たちの身体を作るため、そして生きるためです。でも、本当に今の私たちは、そのためだけに食べているのでしょうか?多くの専門家は摂取カロリーと消費カロリーの引き算さえ間違わなければ、確実に痩せますと断言しますが、そう単純ではないのが、私たち人間の身体です。私たちは基礎代謝量の低下を実感することができません。だからこそ、体重計には毎日乗り、基礎代謝は週に一回か、少なくとも月に一回のペースで測ることをオススメします。

自分の消費カロリー(基礎代謝量十日常生活での消費カロリー量)の低下も実感できない。実はこれが危険なのです。なぜなら、消費カロリーのほとんどを占める基礎代謝量は、何もしなければ年々、下降する一方だからです。寝ているだけで消費してくれるカロリー(=基礎代謝量)はどんどん少なくなっていく。人はある年齢をすぎると、筋肉量が減っていくといわれています。筋肉量が減れば、当然の如く、基礎代謝量も減っていく。

カロリーオーバー

これでは、ダイエットの基本、摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことを守ろうと意識していても、実際に守れているか?は怪しいものです。今では自宅用のヘルスメーターやジムなどでも簡単に測れるので、是非心がけてみてください。消費カロリーを知らないまま摂取カロリーだけを気にしていても、もし、基礎代謝量が800キロカロリー(一日の消費カロリーは1400キロカロリー)しかない人が600キロカロリーの食事を3食繰り返していれば、当然カロリーオーバーになります。

日常生活で消費するカロリーには個人差がありますが、目安として運動をしない日の消費カロリーは600~800キロカロリーだと思ってください。基礎代謝量が1100キロカロリーある方は1700キロカロリーを一日で消費しているという計算です。こういった少しの誤算をなくすためにも、自分の身体を知ることが重要なのです。

あなたは本当に痩せたいの?

体型には正解はありません。その体型がその人の良さを引き出していることだってあるのです。ぽっちゃりしているのが似合っている人もいます。人それぞれの身体があり、人それぞれ、その人なりの美学があるはずなのです。でも、今の世の中、女性はみんな痩せているものとか、女性はみんな疫せたがるものという、一方通行の常識に縛られているように思えます。本当に獲せたいのか?本当に捜せる必要があるのか?太っているから締麗じゃないワケではありません。

そんな一般的な感性に縛られて、ダイエットするのは、ハッキリ言って無駄です。酷な言い方かもしれませんが、トレーニングをしても効果が出ない、シェイプしない方に共通していることがあります。それは、実は今の自分が好きなこと。今の自分で満足していることです。周囲の目を気にしてやっばり痩せないといけないかなあと思ってみても、効果は出にくくて当然なのです。何故なら貴女が本当に望んでいることではないのですから。

シェイプしたいんですよね?

自分は本当に痩せたい!と思う方もいらっしゃいます。それが、その方の本心だからでしょう。でも、中にはトレーニングを中断される方もいらっしゃいます。シェイプしたいんですよね?でも、身体を動かした後にガッツリお酒、飲んでいますよね?甘い物、毎日の習慣で食べていますよね?本当に変わりたいんですよね?本当の自分の声に気がついてもらいたいです。

そうでないと、トレーニングの時間は無駄になるばかりでなく、負のスパイラルをもたらしていくのです。たとえば、ちょっと太めだけど、仕事も恋愛も順調で、自信に満ち溢れているのに、周囲の目や意見(空気も含まれる)を気にして、今年の夏こそ、痩せなきゃーという女性がいたとします。それは、本心から痩せたいと思っていれば、苦痛なトレーニングではないはずです。でも、なんとなくで始めたトレーニングなら苦しくて当然。継続できるはずがありません。

排便のサイクルが完全に効率的におこなわれるようにする

日本では、戦後の高度成長期に大量生産・大量消費が奨励され、食品産業を発展させる目的で朝食をしっかりとりましょうという運動が展開された。朝食をしっかりとる習慣がアメリカで定着したのは一〇世紀初頭であり、それまでは昼食と夕食の一日二食が基本だった。ことの発端は、農業技術の進歩によってトウモロコシの生産高が急増したことをうけ、コーンフレークのメーカーが朝食をしっかりとりましょうという大キャンペーンを張り、牛乳と砂糖の業界がそれに便乗したことにある。

体内の老廃物と食べ物のカスを効率的に排池するには、大きなエネルギーが必要です。ところが従来の生活習慣のように朝食をしっかりとると、エネルギーの多くが消化に使われてしまい、この時間帯に効率的におこなわれるべき排池のサイクルがうまく機能しなくなるのです。排池のサイクルがもっとも効率的に機能するのが、朝の四時から正午くらいまでの間です。食べ物の摂取・吸収・排池という三つのサイクルは一日中おこなわれますが、それぞれの時間帯にもっとも効率的に機能します。

排池のサイクルが完全に効率的におこなわれるように

もし一週間、排便のサイクルが完全に効率的におこなわれるようにし、体内の毒素をすべて出すことができれば、みなさんは飛躍的に健康になるはずです。みなさんはいままで何十年も生きてきた中で、排池のサイクルがまったく停滞することなくおこなわれた日はほとんど一日もないのではないでしょうか?

消化に関するサーカディアンリズムの研究は、一九四〇年代にスウェーデンの科学者アレー・ヴァエルランドが創始し、その後、アメリカ健康科学カレッジのT・C・フライの独自の研究や生理学者のゲイ・ガイアールースによる生物時計の研究によって確立された。ちなみに、英語のbreakBstは断食(fast)を破る(break)という意味で、前夜からの断食を破る理想的な時間帯は朝であるという含意はない。会食やパーティーなどを含めて日常生活では柔軟に対応してください。

ウォーキング前の足マッサージで気になる部分のぜい肉が消失

・ウォーキング前のひとエ夫で気になる部分のぜい肉が消失

ウォーキングなどの運動をとり入れてやせたい部分だけをスリムにする方法があるそうです。通常、体脂肪は脂肪細胞の中に油滴というかたちで蓄えられています。油滴は、そのままの状態では燃焼しませんが、リパーゼという分解酵素が接触すると遊離脂肪酸に分解され、血液中に放出されて燃焼する性質があります。

ノルアドレナリンがやせたい部分にだけふえれば、その部分の体脂肪だけを分解できるのではないか。そう考えた専門家は、さらに研究を進め、ついに画期的な方法を発見しました。そのひとつがマッサージ歩きだそうです。この方法を実践すれば、だれでも理想のプロポーションをつくることができるはずです。

リパーゼを働かせるのに不可欠なのが、交感神経の末端から分泌されるフルアドレナリンというホルモンです。リパーゼは、ノルアドレナリンが分泌されて初めて、油滴を分解できるのです。

マッサージは、体脂肪の分解を促しますが、脂肪を燃やすわけではありません。血液中に放出された遊離脂肪酸は、10分もすれば、再びもとの体脂肪に戻つてしまいます。そこで、マッサージが終わったらすぐにウォーキングを始めて、分解された脂肪を燃やしてしまうという作戦です。マッサージ歩きのポイントは、マッサージとウォーキングをセットで行う点です。

深く呼吸するのが効果を高めるコツ

腰痛や便秘、尿失禁、冷え症などの健康面、ウエストの引き締め効果や代謝アップなど、ダイエット・美容面にも効果があるおへそのぞき。

おへそのぞきはとても簡単な動きですが、下腹部をしっかりと意識しながら行うことが重要です。おへそのぞきをしながら、呼吸を深く、ゆっくりとすることも忘れないでください。おへそをのぞくときに、首や肩だけの力で頭を上げてはいけません。

横隔膜を動かすつもりで深く呼吸をすると、使う筋肉への意識が高まり、おへそのぞきの効果がグンとアップします。骨盤を手前に傾け、下腹部の筋肉を使って頭を上げることを意識しながら行ってください。

基礎代謝を上げることができれば他に何もいらない

・背伸びだけでやせる驚異のダイエット

疲れたときや、体がだるく感じたときなど、背伸び、をしたくなりませんか?じつは、その背伸びに驚くほどのダイエット効果があるのです。なぜ、背伸びでダイエットができるのか。それをお話しする前に、一般のかたが意外と知らないダイエットの基礎知識を紹介します。

背伸びでやせるなんてナンセンス、と思われるかもしれませんが、これまで多くの人が、背伸びダイエットでダイエットに成功し、しかも高血圧やぜんそくなど、さまざまな症状も改善しているそうです。摂取カロリーに対して、消費カロリーが上回れば理論上は太らない、といわれています。摂取カロリーに関しては、最近ではスーパーマーケットやコンビニエンスストア、ファミリーレストランなどの商品にカロリー表示がしてあるので、1日の総カロリー量は、ある程度は把握できると思います。

ダイエットの基本は、脂肪を燃焼する基礎代謝を上げることに尽きます。基礎代謝とは、体温を保ったり、呼吸をしたりなど、生きていくために必要最低限の機能を維持するエネルギーのことです。消費カロリーに関しては、簡単に計ることはできません。ですから、カロリーを計算し、ダイエットを試みるというのは、非常に難しいといわざるをえません。

1日の総消費エネルギーの内訳

私たち人間の、1日の総消費エネルギーの内訳は、運動や日常生活の動きなどの生活活動代謝が約20%、食べたものを消化する際に消化管が働くことによって発生する消費エネルギー(食事誘発性体熱産生)が約10%、そして基礎代謝が約70%も占めるのです。

基礎代謝が高ければ、とくに運動をしなくても太りにくく、また、やせやすいといえます。運動も大事ですが、1日の総消費エネルギーに占める割合は約20%に過ぎません。ただ、残念ながら基礎代謝は加齢や冷えによって低下していきます。年をとるとぜい肉がつく、いわゆる中年太りの最大の原因は、基礎代謝の低下にあるのですが、基礎代謝は約70%も占めるので、これを上げるのが、ダイエットの近道といっても過言ではありません。

新陳代謝を上げる方法-刺激によってどんどん上がる

人間というのは、刺激によってどんどん新陳代謝を促され、生まれ変わっていく。人間のカラダというのは、毎日生まれ変わっている。でも刺激がないと、生まれ変わるきっかけがない。言ってみれば、角質が固まる状態になっていく。顔を洗っていないと、ヒフが角質化して、いまのあなたの顔も去年の顔も同じ顔になってしまう。

パターンを崩し、新しいことをすること、新しいリズムで生きること、生活をちょっとでも変えていくことによって新陳代謝が促される。心のぜい肉を取ったら、カラダのぜい肉も取れるし、カラダのぜい肉を取ったら、心のぜい肉も取れる。いままでワンパターンでしていたことと違うことをするとやせる。ダイエットは、カラダのダイエットと同時に心のダイエットだ。カラダのぜい肉を取ることと、心のぜい肉を取ることは同じなのだ。

楽しいことを後にとっておくのではなく、楽しみながらしていくというのがポジティブなダイエットだ。
いまやっていることを大きく変える必要はない。ちょっと変えるだけでまったく世界が変わる。やせたらモテるようになるとか、やせたらパーティーに行けるとか、やせたら水着を着られるとか、やせたら何かしようということではない。楽しいことをしながら同時にやせていく。

生活のパターンが同じになると

毛先をちょっと切ると、伸びるのが早くなる。つまり、生活のパターンを変えることだ。歩くこと、座ること、運動すること、食事すること、眠ることのパターンをほんの少しずつ変えていく。ホームレスのおじさんは、髪の毛が伸びているけれども、新陳代謝がとまって、あるところから伸びなくなる。生活のパターンが同じになると、あのおじさんの髪の毛と同じになってしまう。

刺激がないと、生まれ変わるきっかけがないということは、ダイエットだけに当てはまることではない。人生においてもそれは当てはまる。どうか皆さんも、色々な意味で生活のパターンを変えることに挑戦してみてください。

体重計に乗る習慣をつけるようにしよう

体重計ダイエットといって、一日四回、体重計に乗るようにすると、食べすぎ予防効果で体重が減るという話もありますが、数字の変動に敏感になりすぎて食べないダイエットにつながる可能性もあるので、おすすめはできない面もありますが、できれば週一回は体重計に乗る習慣をつけましょう。

食べたあとには一〜二キロ簡単に増えるので、細かい変動に一喜一憂する必要はありませんが、体重は単なる体全体の重さの数字なので、太ったかやせたかを正確には判断できませんが、やはり一つの指標にはなります。たとえば、体の水分が抜けて軽くなっている朝起きてトイレに行った後や、夜お風呂に入った後などに測るのがおすすめです。体重の測り方のコツは、同じ時間、同じ服装、同じ体重計で測ること。そうでないと、正確な体重の推移がわかりません。

体脂肪率は、月に一回測って変化をチェックするのがおすすめです。女性の目安としては、二〇〜一五%でしたら適正な範囲です。それ以上でしたら、脂肪を燃やす努力をしましょう。太っているかやせているかを正しく判断するには体脂肪率を測らないとわかりません。

重要なチェックポイントは体脂肪率

重要なチェックポイントは体脂肪率です。最近では、家庭用の体脂肪計も普及していますので、定期的に測定してみてください。みなさんご存じだと思いますが、肥満=体重のうち脂肪の重さの占める割合が多い状態です。

ダイエット中なら、成果のほどを知る意味でも週に一回はメジャーでサイズを計測したいところです。太ったかやせたか、いちばん大事なのは、結局のところ他人からどう見えるかではないでしょうか?体のサイズはある意味、体重や体脂肪率より重要です。定期的にサイズを測っていると、体重とサイズの変化は同時ではないということがわかるはずです。

測り方のコツは、鏡の前でメジャーを水平にして測ること。測る部分は五カ所。バスト、ウエスト、ヒップ、太もも、ふくらはぎです。また、バストだったら乳首の高さで測るなど、もっとも高さがある部分で測りましょう。

一番やせやすい季節は実は冬だって知ってた?

・いちばんやせやすい季節は冬

季節による体重の増減を調節したいなら、夏にもきちんと栄養を摂ることです。夏場の栄養不足の反動で太ることがほとんど。冬場のウォーキングやジョギングは、一年でいちばんダイエット効果が高いのです。ちなみに、秋や冬になると食欲が旺盛になって太るという人は、暑い季節に夏バテ状態になり食事量が減るタイプでしょう。寒い冬は家にこもっていないで、外に出て外気を感じましょう。

夏は暑いので、体は熱をこもらせてはいけないと、代謝を下げる傾向にあります。冬は外気が冷たくなるので、体が内臓の冷えを防ごうと、熱をたくさん作るので、かえって代謝は活発になるのです。冬は、クリスマスやお正月などのイベントが目白押しで、一年でいちばん太りやすい季節です。ところが、意外かもしれませんが、一年でもっともやせやすい季節でもあるのです。

梅雨時期のダイエットの落とし穴

春から夏に向けての暖かい季節は、水分の代謝が悪いいわゆる水太りタイプは、湿気を吸って太るのかと思えるほど、体の水はけが悪くなり、むくみがひどくなります。湿度が高くなると、余分な水分をうまく排池できなくなるのがこのタイプです。

気温の低い冬と違って、寒さから体を守ろうと体温を維持するために使うエネルギーが減るから、一般的に、春から夏に向けての暖かい季節は、冬に比べて基礎代謝量が少なくなります。ですから、水分と脂肪の量が多い水太りタイプの方は、梅雨太りに注意です。

ヨガやピラティスなどがもっともおすすめですが、できないようでしたら、おフダエクササイズなど太ももの筋肉を鍛えるエクササイズが効果的。血液やリンパの流れをよくして、むくみを防ぐ工夫をしてみてください。食事では、カリウムやマグネシウムの多い、果物や海藻、豆類などを多く摂るようにしてください。ハト麦茶や紅茶など水分の排池を促すお茶を、ホットで飲んで水分代謝を上げましょう。あとは、やはり運動です。

太りやすい人の食事はどんなもの?

・太りやすい人が食べているもの

しっかり食べているのにやせている人、全然食べていないのに太る人は、何が違うのでしようか?食べていないのに太りやすい人の食事例んは、シリアル十スキムミルク、カロリーメイト+カフェオレ、カスピ海ヨーグルトまたは寒天十青汁などがあげられますが、これらの食品はすべてダイエット食品の定番といわれています。でも、おすすめできるものは一つもありません。

やせたい方は、少しでもカロリーの低いものをと定食を避ける傾向にあります。けれども、サンドイッチや菓子パン、パスタなどの単品は、どうしても栄養不足になりやすく、ダイエットには逆効果。小麦製品なので消化も悪く、ダブルでアウトです。

青汁は、まずいのに無理して飲むとストレス太りを招きやすい。スキムミルクやカスピ海ヨーグルトなどの乳製品は、日本人が消化しにくいのでNG。シリアルやカロリーメイトは加工食品です。しかも小麦製品なので脂肪になりやすいです。

何時間サウナに入ってもやせません

最近流行のホットヨガ。大量の汗をかくので、水分が減るぶん、一時的にやせた気になりますが、やりすぎると脱水状態になります。脱水状態になると、血液がドロドロになり代謝が悪化します。確かに、汗や便・尿など排池物や老廃物を出すのは体にいいことです。とはいえ、何でも出せばいいというものではありません。みなさん、やせるためには汗をかくことがいいと信じ込んでいませんか?

代謝が悪くなると当然、脂肪を蓄えやすくなるのです。また、冷えを解消するためにサウナに入る人もいますが、これも間違い。しかも汗の塩分で、塩パックをやっているような状態になってしまいます。サウナの乾燥は、肌の水分まで奪います。体の表面は熱くなりますが、内側からは温まらず、むしろ恋の冷えがこもるだけです。肌のミネラルバランスを崩し荒れやすくなるのです。きれいになろうと必死で我慢して長くサウナに入っても、美容のためにはむしろ逆効果なのです。

リバウンドを防ぐには?効果的な方法とその実践

・リバウンドを防ぐ方法はありますか?

キャベツダイエットは、食習慣を改善するダイエット法です。理想的な食事バランスは、1日3食。1日2食になると空腹状態が長くなるため、体がエネルギーを効率よく取り込もうとして、かえって太りやすくなるのです。

ダイエットは継続することが番大事。食べ方に神経質になり過ぎて、途中でダイエットをやめてしまうより、調理にアレンジを加えるなどエ夫して、楽しみながら続けた方が確実に効果が上がります。1日3食必ず食べるクセをつけること。早食いには要注意。

また早食いも、満腹感が得られる前に食べ終わってしまうために、過食の原因に。ひと口キャベツを頬張ったら最低20回は噛んで、キャベツの栄養素をしっかりと体内に吸収するようなイメージで。そのとき、キャベツの葉を1枚ずつ口にするより、5〜6枚を一度に食べた方が噛みごたえを体感でき、脳にも満腹感を与えることができます。

また、1食につき20分〜30分かけて、ゆっくり味わうことが肝心です。いったん、このペースに慣れると、早く食べることがなくなってくるので、ダイエットを終えたあとも、リバウンドすることはなくなります。

キャベツを好きなだけ食べてください

ダイエット中はキャベツ以外の食事を、毎日1200キロカロリーに設定(女性の場合)しています。まずはできるだけ砂糖や油物を控えて、すでに体内にある余分な脂を燃焼させてやせることを目的としているからです。間食したくなったら、キャベツを好きなだけ食べてください。フルーツも可。間食するとなぜ太るのか。それは余分なカロリーが体内に蓄積されるからです。

空腹感を解消しようとドカ食いをしたり、間食をしてしまったりするケースも多く見られます。間食としてキャベツを食べる場合には、チップス感覚で1枚ずつつまむようにして味わってもOKです。そして、食事はしっかりと1日3回食べる。

ひと口だけなら大丈夫よねと間食がプラスされると、確実にダイエット効果は下がります。なぜなら、おせんべい1枚は約25キロカロリー。たったそれだけでも、毎日食べ続けると25年間で25kgm太る計算になりますから。

-ダイエット

執筆者:

関連記事

no image

ダイエットの必要ない人と必要な人を見分ける基準は?

・ダイエットに目覚めるべき目安は? 健康との関係については医学統計的、あるいは疫学的な根拠がありません。つまり、あくまでひとつの目安と考えるべきなのです。例えば、以前からなじみの深いものとして、身長か …

no image

腔周辺の深層筋をほぐすエクササイズ

骨盤エクササイズの正しいやり方は、くり返すことで体が覚えていきます。ときどき、ご自分の骨盤エクササイズの動きを横から鏡に映し、腰が前後していないか確認しながら行いましょう。腔を締めることに、特別な時間 …

no image

人間の老化の始まりはいつから?

人間の老化っていくつから始まると思いますか?三十歳?三十五歳?じつは二十歳を過ぎるとだれもが老化の道を歩むのです。えっ二十歳って、まだまだ若いのに。本当なの?と思うかもしれませんが、事実です。 脳の神 …

リアルフィット

リアルフィットの評判は?

リアルフィットとは 「リアルフィット」は、グループレッスンで行うダイエットトレーニングで、効果的に痩せられるダイエットジムです。リアルフィットは、グループレッスンなので、マンツーマンのジムに比べ、料金 …

no image

ダイエットは2段階に分けて考えるようにすると効果的

無理なダイエットをすると、脳から体が瀬死状態。食べてくださいという指令が出ます。たいていの人はそこで我慢できずにリバウンドするのです。しかし正しいやせ方をすれば三カ月後には脳から大丈夫ですよ、この体型 …