雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

普通の範囲を越えた逸脱が起こるかどうかの見きわめがほしい

投稿日:

どんなことがあっても石油缶をひっくりかえして火をつけることなど絶対にしないと思える人もいる。また、カーッとして手首を切る人もいるけれど、浅い傷ができる程度の人、本当に血管まで切ってしまう人など、いくつかのレべルがある。薬を大量に飲む場合も、周りが大騒ぎして、一夜明ければホッとする程度の企てをしばしば繰り返す人もいれば、本当に死んでしまう人もいる。

あるとき、私のもとに、カーッとして石油の缶をひっくりかえして火をつけ、とうとう自分の家を燃やしてしまったという経歴を持つ方が相談に見えた、というあるカウンセラー。そして、よいカウンセラーを紹介してほしいと言う。そのとき私は大いに迷った。その人を別な心理相談室に紹介して、そこに通っていて、そこのカウンセラーの先生に腹を立てたら、やはり同じことをするかもしれないからだ。

人を裏切るにしても、仲間にコソコソ文句を言ったり、陰口をきいたり、会議の席で相手を非難したりする程度までの人と、そのグループの秘密をほかのグループに手紙を書いて内部告発してしまうというところまでやってしまう人もいる。

普通の範囲を越えた逸脱が起こるかどうか

失恋しても、一人で悲しんで、恋人に会いたいと言って、電話をかけたり手紙を出す程度で済むのか、それとも、恨みがひどくなって、無言電話をかけ続けのオフィスや家庭の玄関先で自殺の真似をするところまでいってしまうのか。

この人には、この範囲だったらかかわりを持ってもいいが、その範囲を越えたら、あまり親しんだり、かかわり合いを持たないほうが安全。こういう言い方は、残念だけれども、ある程度やむを得ない本音でもある。

普通の範囲を越えた逸脱が起こるかどうかの見きわめがほしい。ところが、残念ながら、この予測はなかなか難しい。ただし、やはりそうした過去の経歴を持っている人は、また同じことを繰り返す可能性があると思う方が安全なのはたしかである。そして、これからお話しするようなパーソナリティの狂いを見抜いたら、その相手にまきこまれない程度の距離をおく心の知恵が大切である。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

食べる、眠るという衝動を支配することができる恋愛感情

キーツ曰く、「愛のためなら死んでもいい」のである。あなたをどのように愛しましょうか?その方法を数えてみましょう。詩人エリザベス・バレット・プラウニングは書いている。たしかに、たくさんの方法がある。ピア …

no image

脳はチンパンジーほどの大きさしかなかった

人類学者たちが、彼らの化石の骨と歯を何百と見つけている。彼らは変化していた。そして頭蓋骨から、彼らが四足ではなく二足で立ち、歩いていたという証拠が見つかったのだ。人間の歩行はすばらしい。上半身で首と背 …

no image

アウストラロピテクス属の祖先たちが求愛する際

恋を語り合う言葉が生まれたシェークスピア著、あらしのなかで、ミランダがさまよい歩く人類のすばらしい新世界は、どうやら二万年ほど前にはじまったらしい。その時期、新人類が現在のケニアとタンザニアあたりの広 …

no image

洞察は真実のデータによって将来を判断すること

洞察とは、つまりはこの「真実のデータ」によって将来を判断することだといっていいでしょう。この目で見、この手で触れたことは同じ経験をしさえすれば万人共通です。われわれが生きている世界はいつも変りつつある …

no image

主観と客観の自我の分裂はフロイトが最初に発見したものだった

C子さんには人一倍厳しく、自分は部長なんだという態度を絶えずとっていないではいられない。現実のあの不器用さをいつも世話しているのは私なのに。でも、私は決してそれを世話する看護婦でも下女でもないわとC子 …