雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

反物質というのはいま加速器でつくられますから

投稿日:

反物質というのはいま加速器でつくられますから、地上でいくらでも実験できるわけですが、物質と反物質がいっしょになって消滅するときのぐあいはこと細かに分かってる。そのときガンマ線が非常に強く出るということを地上で確かめてますから、そういうことが天体でも起これば、それと同じことが期待されます。

何か反物質の天体がデンと真ん中にあるかもしれない。反物質の天体があると、もっとガンマ線が強いはずだけど、ガンマ線が比較的弱いのでどうもあまりうまく説明できません。その辺はわりあい外から見たときの情報が多い。こと細かになってるわけです。そういうものをうまく説明するようなモデルというものをつくらなきゃいかんわけですが、それがまだ成功してないという。非常に小さな領域にものすごいエネルギーが凝縮した状態を考えなきゃいけないんで、ふつうの星の集団でないことは事実です。それははっきりしてます。

ふつうの粒子の反応というようなことからみれば

ただ、ふつうの粒子の反応というようなことからみれば爆発と呼んでもいいような、核反応で発生するときのエネルギーよりも一〇〇〇倍も大きいようなエネルギーが出ますから、それも写真なんかに撮りますとまさに爆発みたいなかっこうになります。全部物質が消滅して、いろんなエネルギーにかわるわけですから、そのこと自体は地上でいくらでも実験できるわけです。実験できると言ってもそんなにたくさん反物質をつくれるわけではないんですから、そこで物質と一緒になって消滅するときも、それほどの大きな爆発ではない。

原理的には反物質はいくらでもつくることができる。ものすごく電気代が要りますけどね。加速器というものを使ってやりますから、日本でもそういう加速器が筑波の高エネルギー物理研究所にありますが、ものすごい電気代です。爆発と言えば必ず人を吹き飛ばすほどだというのは、爆発という言葉がもともとわれわれの目に見える現象につけたからであって、ミクロのサイズでも、言葉に不足しているからそう呼んでるだけです。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

星の核融合反応

星の核融合反応といいますと、近いところでは太陽の中心でそれが起こっていますが、はじめ星は星間にある雲のようなものからできる。それが重力で固まり、固まると物が落ちてくるので、落ちてきた物質を受け止めなが …

no image

素粒子物理学でずいぶん広がった

素粒子物理学でずいぶん広がった。膨張宇宙後今まで約二〇〇億年たってるわけだが、最近では、たった一〇のマイナス三五乗秒後などという時期まで追いつめたつもりである。一〇のマイナス三五乗秒というのもゼロ秒よ …

no image

一億倍の重さぐらいのブラックホールがあるという考え

みんな準星に比べると規模は小さい。たとえば、準星での電波の強さに比べると、われわれの銀河ではそれより一万分の一小さいけど、とてもふつうの星から出てくるようなものでない放射が出てる。それがエックス線いと …

no image

コペルニクスの地動説の背景などについて

コペルニクスの地動説の背景などについて。 時代が移るにつれて、天体観測技術もいちだんと進歩し、星の運動について新たな事実が発見されるようになると、それらをうまく説明づけるためにはいっそう複雑な天体運行 …

no image

物理学と観測事実の進展につれて

今日語られている多くの内容は、物理学と観測事実の進展につれて、大きく変容していくと予想される。われわれは決して百パーセントの解明にむかって進んでいるのではない。解明されてきたことの総量はどんどん増えて …