雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

実際に販売されている保険種類には色々なものがあります

投稿日:

実際に販売されている保険種類には色々なものがありますが、以下にそれら保険をご紹介しておきます。

・団体保険の種類

団体保険の基本原理は個人保険と同様ですから、たとえばこども保険のような特殊な個人的ニーズを対象とする個人保険種類を除くと、団体保険にも個人保険と同じようないろいろな種類があります。

・団体保険

団体保険とは団体保険(または団体生命保険、あるいは企業保険と呼ばれることもある)は、会社や官公庁などの職域団体、医者や弁護士などの同業者団体、あるいは同一の経済目的で組織されている同業組合など、多数の人の集団を対象として、一括して加入する生命保険です。

・個人保険

個人保険とは個人を契約の対象とするもので、個別保険とも呼ばれています。

・保険種類のグループ分け

実際に販売されている保険種類は、基本種類の組み合わせ方と、その組み合わせの度合いの差などによって非常にバラエティーに富んでいます。

保険の特色と保険料比較

定期保険・終身保険・普通養老保険・個人年金についてですが、終身保険は、保険料をみてもわかるとおり、定期保険と養老保険の中間的性格のものです。養老保険より貯蓄性は弱いですが、かなりの積立部分(解約返戻金)をもっており、一方、死亡保障も生涯続くということで保障性も十分で、生命保険の基本タイプとして最近人気のある保険種類です。貯蓄性が最も高いのが個人年金保険で、保険料の払込が終わると、一定期間あるいは生存中ずっと年金が受け取れます。自分のための保険です。次に貯蓄性が高いのが普通養老保険です。

生命保険の機能には、死亡保障(加入者本人の死亡による家族などへのリスクの波及に対する備え)と生存保障、資金の蓄積、老後への備えなど、貯蓄性が強い)とがあり、保険種類によってそれぞれの保障機能に強弱があります。定期保険は保険料は安いが満期のとき受取金はほとんどなく、保険期間中の死亡保障だけで、もっぱら他人のための保険です。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

生命保険の基礎知識を知らないと何百万円も損をすることも

無知勘違いで何百万円を捨てていることがあります。専門家のような知識を身につける必要はありません。しかし、自分が生涯の間で、いつ、どんな目的で、どんな保障を必要としていて、それに対して何がどれだけ生命保 …

no image

生命保険の延長保険に変更する

・保険料を払わずに契約を継続する 今後保険料を払わずにしかも契約を継続する方法はあるのでしょうか。文字どおり保険料を払わなければ、もちろん契約は存続しませんが、ここで保険料を払わないという意味を、当面 …

no image

無選択型終身保険とは?誰でも入れるってどういうこと?

誰でも入れるってどういうこと?本当に親切な保険なのか?という声もある無選択型終身保険は、大病の後であろうと病気で通院中であろうと、無条件に契約できるシニア向け保険です。保険料は終身払が中心で、高めです …

no image

色々な企業のメセナ活動

最近メセナ(企業の文化支援)という言葉がよくいわれますが、メセナという言葉もその概念もはっきりしなかった四十年前から黙々と継続実施されてきた。第一生命では、厚生省やNHKなどの援助のもとに、保健衛生を …

no image

不測の事態に備える保険

たとえば、小さな子供を抱えた働き盛りの世帯主と、平均寿命を超え、孫も自立しているような世帯主の死亡を比べてみる。死亡率では、断然、後者の方が高くなりますが、遺族にとって、保険金の有り難みが大きいのは、 …