雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

話し方が耳障りな人

投稿日:

話し方が耳障りな人がけっこういるようだ。

現代が求めている新しい話し方は、大ぜいを対象にしたスピーチを含めて、一方的に叫ぶ独演型のものではありません。対話調が基本です。ですから、間の取り方が話を生かしもすれば、殺しもすることになる。間の取り方によって、話し方が耳障りになるかならないかが決まります。

「話の間とは、聴き手との間にかわされる呼吸であり、それを調和させる沈黙の時間である」と考えたらよいでしょう。しかし、これが絶対と決められた間の取り方があるわけではありません。

元有名検事、薬剤師会の副会長など、内容的にはとてもいいことを話しているので、惜しいなと思う話があります。ラジオの放送ですから、アナウンサーやディレクターはきっと気づいているはずです。

進言なさるのが親切だろうと思います。もっとも、放送局としては大事なゲストということで、失礼だと思っているかもしれません。社会的には超のつくような有名人だけにもったいない話です。話し方が耳障りな人は多いものです。

尻あがりの疑問形の話し方は耳ざわり

最近では、少し下火になりましたが、語尾があがる、いわゆる尻あがりの疑問形の話し方は耳ざわりです。

語彙が少ないということでもありますが、同じことばを短い時間の中で何回も入れて話す口ぐせの人がいます。これは耳障りです。「やっぱり」「ですね」「つまり」「要するに」「はっきりいって」「変な話ですが」など入れなくてもいいところでやたらにこのような言葉を入れると耳障りで、それだけで話から離れてしまう聴き手もいるものです。

言葉の最後に「じゃん」をつけるのは、品位とい面では最低の部類にはいるでしょう。また、ね、さ、よなどつけるのも、非聡明にあげている人もいます。反論の余地はありません。つまらない末消的なことで、減点になるのはたいへん惜しいことです。

話というのは、音声を発して言葉をしゃべるものですが、その中にしゃべらない無言の部分があるのです。これが間です。話にとって、言葉を音声にして並べることは必要条件です。しかし、それだけでは死んだも同然の機械的な音の連続になってしまいます。

話し方が耳障りだと思われてしまう方は、こういったことに気を付けたほうがいいでしょう。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

話の組み立て方の良い例と悪い例

「原因と結論を最初に言い、次に理由を説明したり、状況を話す」これがどんな話にでも望まれる一番の鍵です。 例えば、「小学校の時、私達ボールを投げて遊んでいたんです。私達のなかに新郎もいたんです。そうした …

no image

恥ずかしさの克服は恥をかく経験を積むこと

今日という日は今日一日だけ。その中で恥をかくできごとがあったら本日の収穫です。今日が終われば、今日は明日のリハーサルだったんだとナットクする。恥をかくリハーサルを積むことで、自分を大きくできるんです。 …

no image

スピーチのコツは目線

ある統計では、右ききの人が多いせいもあって、私と同じように左側を見る人が多いのです。つまり観客を常に公平に見渡すためには、自分の視線の動きやすいほうを、充分注意することが、第一の要領です。これは何も演 …

no image

ノーと言える勇気が必要

自分に質問を投げる。質問を受けとる。答えを投げる、ピッチャーにもてキャッチャーにもなることです。マメにボールを投げることが個性の球根の発芽を早めるでしょう。意見に優劣はありません。堂々と「ノー」「いい …

no image

人生に無駄なことはない

彼に不快な思いをさせてしまったらイヤだし、傷ついた彼にサヨナラと言われるのも怖い。だってそれは、恋愛でカッコ悪いエラーをすることになるから、もし今、あなたがそんなふうに考えているとしたら、遅かれ早かれ …