雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターの夜の活発な行動

投稿日:

・ハムは主に夜活動

人と暮らすようになっても、ハムの習性は昔のまま。だから、昼間はずっと眠っている。ハムスターは完全な夜行性の動物です。これは野生生活をしていた先祖様から受け継いだ習性。ハムは主に夜活動し、月明かりの中でエサとなる植物や昆虫をさがすのです。ハム飼いの人ならご存じのとおり、ハムスターの動きは決して素早いものではありません。そんなハムスターが見通しのよい昼間に動き回っていたら、すぐに敵に見つかってしまいます。

昼間とにかく寝る。ひたすら眠る。たまにトイレに起きたり、寝ボケながらエサを食べることもあります。夕方そろそろお腹が減ってくる。起きて行動を開始。夜ごはんタイム。散歩をおねだりしたり、回し車で遊んだりと、活発に行動。ときどき疲れてうたた寝する。野生ではこの時間にエサ探しをしていたので体を動かしたくなってくる。早朝。ドワハムの1日はそろそろ終わり。ハウスに戻って寝る、といった行動パターンになります。

・睡眠時間は14時間

昼間の熟睡と、夜のうたた寝をあわせると、1日の半分以上は寝ている計算になります。ハムスターの1日の睡眠時間は約12~14時間。これは、無駄なエネルギーを消耗しないためかもしれません。

ハムスターと旅行

旅行先が気の置けない親族、友人宅の場合、あるいはペット回のホテルの場合は、いっそのこと、ドワハムも一緒に連れていつてしまうというのもひとつの案。ただし、旅先での世話こそ心配ありませんが、問題となるのは交通手段。移動による揺れ、空調、騒音など、どの交通手段を利用しても、ドワハムにはそれなりの負担、ストレスがかかります。

自家用車ならともかく、バス、鉄道、航空機などへのペットの持ち込みは、会社によって対応がまちまち。事前によ確認して、ドワハムの負担にならないような交通手段を選択してださい。旅先、移動中での脱走を警戒することはもちろん、周囲に動物アレルギーの人ガいる可能性もお忘れなく。ドワハムと一緒の旅行は、できれば混雑するシーズンを避け、休み休み余裕を持って移動してださい。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が人間に使えた歴史は数えきれないほどある

番犬として立派に人間に仕えた犬の物語は数えきれないほどある。その一例が、一五七二年にネーデルランドが独立を賭けてスペインと戦っていたときの物語である。攻撃は周到に計画され、ジュリアン・ロメロ率いる六〇 …

no image

犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている

遺伝的に受け継がれた行動パターンがどうあれ、犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている。ただし本能的知能によって修正しやすいものと、しにくいものとがある。その成功率は犬種とどの点を変えさせた …

no image

ハムスターの妊娠時の特徴や行動-兆候や期間など

ハムスターは、出産して初めて妊娠していたことが確認できるケースが多い。交尾が成功し、めでたく妊娠したメスのハムスターは、10日目くらいからハムスターに兆候が見えはじめます。でも、ハムスターの場合は、体 …

no image

ハムスターにおすすめの栄養のある食べ物とは?

・必要な栄養成分と選び方 ペレットを選ぶときは、栄養成分をよくチェック。ハムスターに求められる栄養は、以下のとおりです。 ・脂肪5%以上・繊維12%以上・タンパク質16%以上 これは乾燥重量での配分な …

no image

ブラッドハウンドという犬種

イヌ科動物特有の行動の多くが遺伝子によって決定されており、選択育種によってコントロールが可能になる。水の中での働きに適しているあるいは陸上での仕事のほうがうまいといった特徴を選んで育種をおこなえるとい …