雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターを冬眠させてしまうと死んでしまうことも

投稿日:

ハムの冬眠はシマリスなどと比べると浅い眠りだといわれ、疑似冬眠と呼ぶのが正しいという専門家もいますが、ハムスターは冬眠をする動物として知られていますが、その実態はまだ研究中らしいです。中途半端な冬眠になり、命を落とす可能性が大です。冬眠を防ぐ工夫をしましょう。エサは欠かさない。昼間は明るい部屋に置く。部屋の温度を15度以下にしない。ケージ内の温度は、20度くらいに保ってあげるのが理想的。では、ハムはどんなとき冬眠するのでしょうか。

たとえば、冬。冬眠は、冬をなんとか乗り切るため、動かずに体温を低下させてエネルギーの消費を節約する体のしくみ。ペットのハムは冬眠厳禁です。人と暮らしているハムの場合は、危険な冬眠をする必要はまったくなしです。飼育下で冬眠をさせてしまうと、野生のように準備がしっかり準備できていないので、冬眠中に命を落とすハムも少なくないです。冬眠明けは体力や免疫力が低下しているため、敵にもやられやすいです。気温が5度以下になったとき。エサが減ってしまったとき。日照時間が短くなったとき。これらの条件が重なると、ハムは本能的に冬眠してしまいます。

冬眠しなくちゃと冬眠してしまう

愛ハムは冬眠させないのが、ハム飼いのつとめです。暗い部屋にケージを置き、エサをあげるのを忘れ、しかも部屋の温度が5度以下になったときに、ハムは、冬眠しなくちゃと冬眠してしまうのです。また、夏の気温が高い地域に住む野生ハムは、夏眠して夏を乗り切ることもあります。通常は4~5度まで下がると冬眠モードに入るようですが、なかには10度でも冬眠してしまうハムもいるようです。

万が一、愛ハムが冬眠してしまったら、とにかく体を暖めることが大切です。また、余談ですが、シマリスは、冬眠する動物として有名です。ハムよりも眠りが深いといわれるシマリスの冬眠。シマリスには、冬眠時に体温が0度以下になっても、血液が凍らない物質があるらしいです。ハムの冬眠と違うのは、シマリスには冬眠誘発物質(ハイバネーション・タンパク)が確実に存在すること、体温や呼吸数を極限まで下げることなどがあげられます。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

人々の知的能力に一貫性が欠ける理由を解き明かす

生物の知能には特殊知能と一般知能とがあるという考え方は、人々の知的能力に一貫性が欠ける理由も解き明かしてくれる。データを集めてみると、結果はふたつの可能性の中間を示した。特定の知的能力を個別に測定する …

no image

ペットショップでは製品を次のポリシーのもとに開発

あるペットショップでは、製品をすべて、次のポリシーのもとに開発、製造しています。健康によいこと安全な食材と衛生調理にこだわる。おいしいこと嗜好性にこだわる。選びやすいこと目的や機能別の品揃えにこだわる …

no image

かなりむずかしい犬の解決能力のテスト

・かなりむずかしい問題解決能力のテスト まず、大きなボール紙を用意する。犬が跳び越えようという気にならないほど、背の高いものでなくてはいけない。このテストには少しばかり前もって準備が必要である。真ん中 …

no image

ドッグカフェの人気の秘密は?

ドッグカフェの人気の秘密は? 自分の店をつくるのだから既成概念にとらわれず、思いのままの店づくりをしようと、犬(dog)と音楽(music)とカフェ(cafe)がバランスよく混ざり合った癒し空間をコン …

no image

ハムスターの餌の容器を置く理由

・ハムスターのエサ容器を置く理由 エサを床材の上に直接置いてもいいのですが、それだと後始末がしにくくて不衛生になりがち。食べた量の把握もしにくいので、ぜひエサ容器を使ってください。 ・陶器製がおすすめ …