雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターを冬眠させてしまうと死んでしまうことも

投稿日:

ハムの冬眠はシマリスなどと比べると浅い眠りだといわれ、疑似冬眠と呼ぶのが正しいという専門家もいますが、ハムスターは冬眠をする動物として知られていますが、その実態はまだ研究中らしいです。中途半端な冬眠になり、命を落とす可能性が大です。冬眠を防ぐ工夫をしましょう。エサは欠かさない。昼間は明るい部屋に置く。部屋の温度を15度以下にしない。ケージ内の温度は、20度くらいに保ってあげるのが理想的。では、ハムはどんなとき冬眠するのでしょうか。

たとえば、冬。冬眠は、冬をなんとか乗り切るため、動かずに体温を低下させてエネルギーの消費を節約する体のしくみ。ペットのハムは冬眠厳禁です。人と暮らしているハムの場合は、危険な冬眠をする必要はまったくなしです。飼育下で冬眠をさせてしまうと、野生のように準備がしっかり準備できていないので、冬眠中に命を落とすハムも少なくないです。冬眠明けは体力や免疫力が低下しているため、敵にもやられやすいです。気温が5度以下になったとき。エサが減ってしまったとき。日照時間が短くなったとき。これらの条件が重なると、ハムは本能的に冬眠してしまいます。

冬眠しなくちゃと冬眠してしまう

愛ハムは冬眠させないのが、ハム飼いのつとめです。暗い部屋にケージを置き、エサをあげるのを忘れ、しかも部屋の温度が5度以下になったときに、ハムは、冬眠しなくちゃと冬眠してしまうのです。また、夏の気温が高い地域に住む野生ハムは、夏眠して夏を乗り切ることもあります。通常は4~5度まで下がると冬眠モードに入るようですが、なかには10度でも冬眠してしまうハムもいるようです。

万が一、愛ハムが冬眠してしまったら、とにかく体を暖めることが大切です。また、余談ですが、シマリスは、冬眠する動物として有名です。ハムよりも眠りが深いといわれるシマリスの冬眠。シマリスには、冬眠時に体温が0度以下になっても、血液が凍らない物質があるらしいです。ハムの冬眠と違うのは、シマリスには冬眠誘発物質(ハイバネーション・タンパク)が確実に存在すること、体温や呼吸数を極限まで下げることなどがあげられます。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターに与えると危険な食べ物

ハムスターに与えてはいけない食品があります。トマトの葉と茎、ジャガイモの葉と芽と緑化した皮は、ソラニンという中毒物質を含んでいます。リンゴ、プラム、桃、サクランボ、ウメ、ビワの種にはシアン化合物を生成 …

no image

犬と人間の昔からの関係

犬の知恵はその血と骨の中にたくわえられている。人間の知恵は客体化される。博物館や図書館に、そして学者の頭の中に知識としてたくわえられる。人間の子どもはみな、世界を新たに学びとらねばならない。子犬はみな …

no image

犬の行動欲求や性質などを知っておこう

犬の行動欲求や性質などを知っておこう。犬は常に誰かとかかわっていたい動物。声をかけた触れたりして、コミュニケーションをたっぷりとることが大切です。また散歩中によその犬と遊ばせたり、飼い主さん以外の人と …

no image

犬の歯についた食べ力スは歯石や口臭の原因になる

歯についた食べ力スは、歯石や口臭の原因になり、歯周炎などをおこすこともある。子ども用のやわらかい歯ブラシか指先に巻いたガーゼでみがく。歯みがさ粉は不要。歯石はつめ先でこすり取る。がんこな歯石はスケーラ …

no image

社会的優位度を調べる犬のテスト

犬の社会的優位度テストというものがある。テスト者は犬が仰向けの姿勢をくずさない程度に片手で大の胸を押さえ、大の目をじっと見つめる。犬が目をそらせても、こちらを向くように強制してはならない。テストでは、 …