雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターの多頭飼

投稿日:

ハムスターを選ぶときは、活発に活動している夕方以降に行くのがおすすめです。弱いコはいじめにあい、耳が欠けていたり、ケガをしていることもあります。もちろん、あえてそういうハムを選んで大事に飼ってあげるというのも悪くないと思います。フィーリングも大事な要素です。

一緒に暮らすドワハムは、すぐに仲良くなれるようなコがいちばん。まず実際に手で触れでみでください。ドワーフはショップで多頭飼いされている場合がほとんど。あ、このコだ!という直感が働いたら、それに従うというのもいいかもしれませんね。最初に希望していた毛の色などとはちょっと条件がちがってもこれから一緒に暮らすのですからやっばりフィーリングが重要。自分から手に近寄ってニオイを嗅ぐようなら大丈夫。

多頭飼いがドワハム人気の秘密?

何匹か一緒に飼いたいと思ったとき、ゴールデンではムリ。ドワハムの魅力のひとつに、ペア飼いや多頭飼いが可能ということがあります。でも、ドワーフなら多頭飼い可能です。といつでも、すベてのドワハムが多頭飼いできるというのはマチガイ。大人になってから一緒に飼っても、うまいかないことがほとんどです。ドワハムは、単独飼いでも寂しいとは感じません。単独飼いのほうが、飼い主との絆は深まるでしょう。実際には、ドワハムでも単独飼いをしている人がほとんど。

ドワハムをペアまたは集団飼いするときの基本は、子供のときから一緒に飼い始めるということ。複数飼いをしでいると、キキッという鳴き声を伴う小さなケン力は起こるはず。でも、たいていは問題ありません。別居させたほうがいいケースは、血が出るようなケン力をしてしまったときです。また、ペア飼いしていた片方が死んでしまった後に新しい伴侶を同居させる、というのもムリ。ただし、1歳以上のオスは、若いメスを受け入れることもあるようです。また、ドワハムと暮らす人に一番知っておいてほしいことは、ドワーフは運動要求量がとても高いということ。つまり、ドワハムはゴールデンよりもたくさん運動をしなくてはいけない動物なのです。覚えておきましょう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬が人間に使えた歴史は数えきれないほどある

番犬として立派に人間に仕えた犬の物語は数えきれないほどある。その一例が、一五七二年にネーデルランドが独立を賭けてスペインと戦っていたときの物語である。攻撃は周到に計画され、ジュリアン・ロメロ率いる六〇 …

no image

神経系統の機能、構造が全哺乳類に共通しているのは

生物学者にとって、脳のから脳の内外へ情報を運ぶ伝達器官や電気的反応作用にいたるまで、神経系統の構造が全哺乳類に共通しているのは、まさに貴重なことである。実際の行動観察から得られた情報だけで、ある行動に …

no image

独立心の強い、決断力があり、おとなしく、頭がいい犬

犬種別の気性や知能についてとなると、これらの本は事実をゆがめ、良くみせかけようとする傾向が一般的であるようだ。ダンディ・ディンモント・テリアを例にとってみよう。これは訴えるような深々と輝く目をした個性 …

no image

犬に知能があると認め言葉をしゃべるとまで考えた原始の人々

原始の人々は犬に知能があると文句なしに認め、言葉をしゃべるとまで考えたこともあった。たとえばアフリカのコンゴが植民地化されたとき、ヨーロッパ人は犬を火をもたらしたもの、偉犬な猟師、あるいは教師とまでみ …

no image

犬の言葉を理解できる能力はどのくらい?

犬の言語能力が、犬に到達可能なレベルの限界に近いのかどうか、わからない。知る限り、犬の言語の受容力と発信力について、徹底した研究の試みはなされていない。赤ん坊の場合も犬の場合も、発信された言語はほとん …