雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターの出産後に注意すること

投稿日:

ドワハムがいくら安産型でも、母ハムにとって出産は神経を使うこと。もし、心配になっても、ケージを覆った布の隙間からそっとハウスを見るぐらいに。また、生まれた子ハムたちにも絶対に触らないようにしてください。よく見えないからといって光を当てたり、ハウスを持ち上げて覗くなどというのは厳禁。この間ハムたちを放っておいて。栄養状態が悪いと、母ハムは正常な子育てができません。妊娠中と同様に、高タンパクで各種栄養素が充実したエサをあげます。

ケージの掃除も生後2週間までは厳禁。母ハムはなにかに怯えたり、子ハムに人間の匂いがついたりすると、ときとして育児を放棄したり、子ハムを食べてしまうことがあります。こうした、母ハムの神経質な期間は約1週間続きます。栄養のある食事と水だけは切らさないようにして、あとは一切手出しは無用です。もし赤ちゃんに触ってしまったときは、お母さんにもすぐに触って。

巣から赤ちゃんハムが迷い出る

たまに、巣から赤ちゃんハムが迷い出て、母ハムがそれに気づいていないようなときがあります。そんなときは、子ハムに人間の匂いがつかないよう、柔らかいティッシュごしにつかむなどして、そっと巣に戻してあげてください。自分にも同じ匂いがついていると、子食いが防止できます。母ハムはときどき子ハムのお尻をなめて、排池をうながしてあげます。生まれですぐの子ハムは、目はまだ見えず、耳も聞こえません。

できることは、ただもぞもぞと動き回って、母ハムのおっばいを飲むことぐらい。生後3~4日では、赤っぽかった子ハムの肌の色が、少しずつ黒ずんできます。そして、頭→背→脇→腹の順で毛が少しずつ生えはじめるのです。やっと目と耳が開き始めるのは、5~10日頃。生後8~10日では、赤ちゃんはよろよろとケージの中を歩き始めます。生後12~16日では、全身の毛が生えそろいます。また、子ハムが自分でこはんを食べ始めるのが14~16日目となります。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

動物の叫び声は痛みを表すのではない

あるときべルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネルが、マールブランシュをサントノーレ街のオラトリオ会修道院に訪ねたことがあった。話している最中に、彼はマールブランシュが自分の足許で寝ていた妊娠中の犬を …

no image

生後一年以上経った犬はしつけが難しい

ブルドッグのある飼い主は、服従訓練の初級クラスを受けて、犬との生活が一変したと語っている。受講する前は、この犬にとって私たちなどいないも同然のようでした、語るある飼い主。鈍い犬種では基本的なしつけとし …

no image

ハムスターにおすすめの栄養のある食べ物とは?

・必要な栄養成分と選び方 ペレットを選ぶときは、栄養成分をよくチェック。ハムスターに求められる栄養は、以下のとおりです。 ・脂肪5%以上・繊維12%以上・タンパク質16%以上 これは乾燥重量での配分な …

no image

ヨークシャテリアの特徴と勇敢さ

テリア種を扱っているスコットランドの繁殖家は、テリアに望まれる特徴として被毛と勇敢さを挙げた。硬い針金状の剛毛が、岩場をすりぬけ、キツネやアナグマの巣穴へ跳び込む犬の皮膚を守っている。また追いつめられ …

no image

犬の能力を調べるあるテスト

ある専門家が考えた、犬の順応的知能のテストというものがある。テストでは重い本を数冊、あるいは板とレンガ数個が、テストでは犬きなボール紙が必要になる。テストでは大きなバスタオルが、テストでは小さなハンド …