雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターの生活リズムを守ろう

投稿日:

・ドワハムの生活リズムを守ろう

ハムは完全な夜型生活。しかも人間と比べて長い睡眠時間を必要とする動物です。そのためには、次の4項目を守りましよう。

・ハムが寝ているときは、無理に起こしたりしないようにしてください。
・夜はできるだけ暗い場所で活動させる(夜も明るいと時間感覚が狂ってホルモン異常を起こす)。
・散歩は夕方から夜にかけて。
・昼間は静かに寝かせてあげる。
・エサは、起きてきてお腹が減っている夕方に与える。夕方にあげるのが無理なら、毎日一定の時間(夜)にあげること。

ハムスター自慢のポケットといえば

・頼袋はバッグ代わり

ハムスター自慢のポケットといえば、それは頼袋。ドワハムたちも、りっばな頼袋を持っています。頼袋に入れるのは、主にエサ。お腹がいっばいても、この頼袋にエサを入れて、またお腹が減るまで貯蔵したり、巣に持ち帰るポケットとして使います。また、巣材を運ぶときに頼袋を使うことも。頼袋の組織は、血管が少なくリンパ管が豊富で、よくのびます。頼袋の大きさは、ジャンガリやキャンベル、チャイニーズで3×3センチほど。ロボでも約2×2センチはあります。ゴールデンとドワーフの頼袋の違いは、ドワーフの頼袋は、内側に毛が生えていないということ。なぜドワハムには毛がないのか、理由はいまのところ不明。

ゴールデンは、頼袋の内側に毛が生えています。でも、毛があるほうがモノの出し入れはしやすいはず。ゴールデンよりドワーフのほうが頼袋の活用頻度が少ないのでは?という説もあります。エサが十分に与えられているペットのドワハムの場合、あまり頼袋を使わないコもいるよう。おもしろいのは、そんなコでも、飼い主がエサをやるのを1日忘れたりすると、不安になるせいか、次にもらったエサをせっせと頼袋にどんどんモノを詰め込めるんですね。そして、どちらか片方の袋しか使わないコもいます。お気に入りのサイドがあるのでしょう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

オオカミは犬の祖先なのか?

現在犬種が何種類におよぶかは判然としないが、全世界に八〇〇種以上の犬がいるともいわれる。これほど多種に分かれた一方で、ほかのイヌ科との類似点も根強く残っており、次のような疑問が湧いてくる。オオカミ犬の …

no image

ハムスターに元気が無い場合

ハムスターに元気がない、眠ってばかりいる、食欲がないなど、明らかになんらかの病気が疑われるとき、人間用のかぜ薬などを与えてしまう人がいます。でも、これは絶対にやめてください。人間用の薬でドワハムに与え …

no image

落盤から救出した犬のお話

落盤から救出した犬のお話。トロント大学で講師をしていたことのあるイアン・カリーは、霊的なきずなの顕著な例として、ウェストヴァージニア州の年老いた炭坑夫と、暗いトンネルに住む嵐という犬の物語を教えてくれ …

no image

犬の行動を理解することはできるのか

はたして犬の行動を理解することができるかどうか。ある犬の飼い主から聞いた、次のような単純な一連の行動を例にとってみよう。彼女の犬は、まず家の玄関の戸棚へと向かう。戸棚には引き戸がついていて、犬は前足で …

no image

パリア犬はインドやその他の中東全域で古代文明時代に知られていた

組織された集団で小動物の狩りをおこない、アンテロープやガゼルを獲物とする場合、子どもや弱ったものを選び出し、統制のとれた狩りをおこなうのがふつうである。しかし、野生犬は人間と長く関わり合ってきた。群れ …