雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターを飼う場合は日照時間に注意する

投稿日:

・昼夜のメリハリが肝心

意外と見過ごされがちなのが、ドワハムと日照時間の関係。ハムにとって理想的なのは12~14時間明るく10~12時間暗いという環境です。ケージの置き場所を工夫(夜は電灯の明かりが届かない場所に移動するなど)して、昼間は明るく夜は暗いという自然に近い環境を作ってあげてください。日照時間が適切でないとホルモンに異常が起こるので、繁殖ができなくなることもあります。ドワハムはとくに子宮卵巣系の疾患になりやすいので注意が必要です。昼間は太陽の光、夜は蛍光灯の光に照らされていたのでは、昼と夜の区別がつかず、ハムにとっては日照時間が長すぎます。

・ハムスターが安心して暮らせるように

ハムスターが安心して暮らせるように、ケージの床にはハムの体がほぼ隠れるくらい床材を敷いてあげます。人に飼われているハムも、ハウスに巣を作って暮らします。ハムスターは土の中にトンネルを掘り、そこに巣を作って生活する動物。床材は巣の材料になるほか、保温性を高める働きも。一般的に使われでいる床材について、それぞれの長所と短所を勉強しておきましょう。

ドワハムにとって・安全なグッズとは?

・ドワハムにとって・安全なグッズとは?

飼い主さんが自分のドワハムの個性にあったものを選択してあげましょう。ケージ内に設置するものの中で、絶対に安全なグッズというのは、はっきりいってありません。ということは、逆に長所と短所をきちんと知ることが大切。ものをよくかじるハムの場合は、プラスチック製のグッズはちょっと危険。かじりグセのあるハムには、自然素材のグッズを選んであげましょう。選び方の基準は、なんといっても口にしたとき(かじったとき)に安全かどうかということ。というのも、プラスチックのカスがお腹の中にたまって腸閉塞を起こす危険があるからです。かじれない陶器製のグッズを選ぶのも有効です。紙や木なら食べてもフンと一緒に排池されるので安心。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターがトイレを覚えない場合の対処法

野生のハムスターは、トイレを巣穴の中の寝室からいちばん遠い場所に決めていることがほとんど。ケージの中でも、寝室のあるハウスから離れた一角にトイレ容器を設置してあげてください。一般にドワーフはトイレを覚 …

no image

ハムスター用の床材の砂はどんなものがいいの?

・砂はどんなものがいい? ハムの美容と健康にもってこいの工ステが、砂浴び場なのです。仰向けになって砂浴びする様子は、とてもかわいいもの。園芸用の特定の砂(粒子の細かいゼオライトという乾いた砂など)でも …

no image

犬の祖先はジャッカルなのか?

ジャッカルに対して人々が抱くイメージは、裏街道をこそこそ逃げ回り、くずや残り物、ありとあらゆる汚いものをむさぼる姿である。オオカミの研究にくらべて、ジャッカルの行動や知的能力に関する研究はかなり遅れて …

no image

ハムスターを複数飼いする場合、世話の手間はかなりのもの

・たくさんの子ハムを全部飼えるのか? ハム飼いの人なら、誰しも赤ちゃんを産ませてみたい。子ハムの誕生を見たいと思うのではないでしょうか。でも、問題は子ハムたちをどうするか。いくら多頭飼いがしやすいドワ …

no image

犬の経験値が脳の機能と構造におよぼす影響

人の食べ残しで育てられる犬は多い。成犬ならそれでも充分生きてゆけるだろう(最高の健康体は期待できないかもしれないが)。しかし、子犬にはおそらく充分とはいえまい。栄養素が脳の機能に影響を与えることはすぐ …