雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターの健康管理のための注意事項集

投稿日:

・食事は健康の基本

ハムスターに好物ばかりをあげるのではなく、さまざまな食品をまんべんなく食べさせてあげましょう。栄養のバランスがとれた食事は、健康の基本。また、いつも新鮮な水を用意してあげるのもお忘れなく。

・運動は健康の柱

運動不足とストレスは健康の大敵。適度な運動は太りすぎを防ぐとともに、体力の増強に有効です。また、ストレス解消という一面も。

・かまいすぎはダメ

ハムに触りたい気持ちはわかりますが、彼らの自由を尊重し、上手に放っておいてください。

・衛生的な環境を

まめにケージを掃除して、細菌などに感染することのないよう気を配ってください。衛生的な環境もまた、健康の基本です。

・食欲と動きはどうか?

動きがのろのろとおかしいとき、体に異常のある可能性が大。食欲は健康のバロメーター。

・耳は汚れてないか?

汚れていたり、異臭がしたり、いつもたたんでないかチェック。

目に輝きはあるか?

・目に輝きはあるか?

うるんだり、腫れぼったくないか。目ヤニの有無も要確認。

・尻尾が濡れてないか?

濡れている場合は下痢をしているかも。フンのチェックを。

・毛並みにつやはあるか?

具合が悪いと毛づやもイマイチ。

・ケガに対する安全策

病気とともに恐いのがケガ。伸びすぎた爪や歯をまめに手入れすることは重要です。散歩をさせる部屋に危険なものを置かないようにすることも忘れないて。ふだんからケガをしにくい環境作りを目ざしてください。そのためには、ケガの心配のないケージやグッズを選ぶこと。ケガの予防は、まず環境からです。

毎日健康状態をチェックし、様子がへンなときは早めに動物病院へ。病気を早期発見できれば、それだけ治る確率も高くなります。ドワハムの様子がおかしいときは、なるべく早く病院へ連れていくのが原則。でも、夜などに具合が悪くなったときは、まずは適切な応急手当をしてあげて。歩き方がおかしいときは、骨折などのケガの可能性があります。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の噛み癖のしつけ

子犬の頃、手などにじゃれて軽くかんでくる(あまがみ)のをうちの子は痛いようにはかまないと放っておいた結果、かみ癖がついてしまうことがよくある。散歩のときなどにかかとや足をかんでくることがある。かむのは …

no image

通販サイトのペット事業への参入

通販サイトのペット事業への参入。 熱帯魚の飼育、販売には、金魚や錦鯉のそれと同様、高度な専門知識と経験が必要だった。当時の世相を記録した文献のなかに、サラリーマンの生活目標としてマイホーム、マイカー、 …

no image

ハムスターのかじりぐせが招く色々な危険

ハムがやたらとものをかじりたがることはご存じのとおり。かじることで、カスが体内に入ると危険なものがたくさんあります。塩素系漂白剤、洗剤、電池も中毒の原因になります。鉛など重金属、防カビ材などの化学物質 …

no image

犬が人や物を噛む場合の対処法

物を噛むアッと思ったらいつの間にかイスの足に歯形が・・などということはよくあることです。いたずらしてよい品といけない品の区別や高級家具の識別など、犬にできるわけはありません。興味を持った品が、そのまま …

no image

ドワーフハムスターとはこの世界のトップスター

ドワーフハムスターの人気ぶり。ゴールデンハムスターというかつての花形を抜いて、いまではドワーフハムスターこそがハムスター界のトップスターといっでも過言ではないでしょう。ドワハムたちは全部で4種類。人な …