雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターのケアの方法

投稿日:

・シャンプーや水浴び

ドワハムは、野生では水浴びの習慣はありません。毛の脂分が落ちてしまいますし、毛が濡れると乾きにくいので風邪の原因にもなります。水やお湯を使って体を濡らすのは厳禁。どうしてもシャンプーしたいときは、ペット用のドライシャンプーが便利です。ハムの体が汚れてしまったときは、濡れたタオルで体を拭くぐらいにしましょう。ドワハムは砂浴びが大好きです。毛の脂分をとるには、砂浴びをさせるのがベストです。

・ドワハムのボディ・ケア

ハムを観察していると、しょっちゅう毛づくろいをしている様子が見られるはず。本来、ハムスターは自分で毛の手入れをするので、ブラッシングは必要ありません。しかし、春と秋の毛が抜け換わる時期は、抜け毛が増える時期。軽くブラッシングをしてあげるといいでしょう。毛の流れにそって優しくとかしてあげましょう。触られるのを嫌がらないハムなら、コミュニケーションとしても悪くありません。また、ブラッシングはマッサージにもなります。ブラッシングするときは、柔らかい毛の歯ブラシが最適です。ドワハムは体が小さいので、市販の小動物用のブラシやクシはちょっと大きすぎるはず。

ハムスターの冬の世話

・ハムスターの冬の世話

ハムスターが冬眠するのは、気温が5度以下になったとき。ペットのドワハムを冬眠させるのは、百害あって一利なし。野生では冬眠して過ごしますが、冬眠は体力を消耗する危険な行動。寒さ対策が重要な冬。飼育下の冬眠は中途半端になりがちなので、命とりになることも。少なくても、ケージ内の温度は15度以上を保つこと。冬はエアコンの常時使用がベストですが、それが不可能なときは、次のような対策を講じてください。ケージの下にはペットヒーターや電気あんかを敷き、ケージの外側から毛布をかぶせます。ケージを家の中で暖かい場所に置きます。また、巣材や床材を増やして巣の中も暖かくなるように工夫を。ただ、温めすぎてケージ内が蒸れないよう気をつけましょう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットマンションの開発に特化した専業会社

ペットの習性に基づいた設計共生型への流れに乗って、近年はペットマンション開発に特化した専業会社も何社か生まれてきました。その一社が東京都港区のある企業です。関係者によると、同社が開発したペットマンショ …

no image

大都市圏でのペット増加の背景

大都市圏でのペット増加の背景 ・大都市圏でペット飼育が増加中 ペットフード工業会が二〇〇四年一〇月に行った第一一回犬猫飼育率全国調査によると、日本では現在、さまざまなペットが飼育されています。飼育形態 …

no image

犬の吠え声-猟師たちは意図的に声の調和がいい犬を選ぶ

集団になった犬の吠え声はきわめて音楽的で、猟師たちが意図的に声の調和がいい猟犬を選ぶことがある。たとえば、一六一五年にジャーヴァス・マーカムは、声質の異なる猟犬の組み合わせ方を紹介している。美しい合唱 …

no image

生まれたばかりの子犬の注意しないといけないポイント

生まれたばかりの子犬は、体温が低く、しかもまだ自分で体温調節することができません。ですから、冬期は保温器具などを使って、体を温めてあげる必要があります。春先や秋口も朝晩は冷えますから、季節にとらわれず …

no image

ペットの高度二次医療、夜間救急など

あるペット専門センター病院は、西日本の開業獣医が共同で設立したものだという。あるペット専門センター病院では、ペットの高度二次医療、ペットの夜間救急、獣医の卒後教育、専門獣医育成の四事業を目的にしていま …