雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターのかじりぐせが招く色々な危険

投稿日:

ハムがやたらとものをかじりたがることはご存じのとおり。かじることで、カスが体内に入ると危険なものがたくさんあります。塩素系漂白剤、洗剤、電池も中毒の原因になります。鉛など重金属、防カビ材などの化学物質、ペンキ、接着剤などを使っているものは危険。ゴキブリとりを設置するときは、ハムスターが絶対に触れない場所を慎重に選んでください。ゴキブリホイホイにかかって、身動きがとれなくなってしまうハム。殺虫剤、殺量剤農薬、消毒薬、除草剤などは、命にかかわる毒物。殺風剤にはネズミが好むニオイがつけてあります。

ハムスターもネズミだということを忘れないで。ドワハムは野生で昆虫を食べることがあります。しかし、ゴキブリ、ハエなどは危険な病原菌を持っている可能性も。絶対にべさせてはダメ。アルコールやタバコに含まれるニコチンなどは、ハムには劇物です。食べるととても危険。ゴキブリ駆除剤、ほう酸ダンゴなどを食べてしまうと、急性の下病、落ち着きがなく歩き回る、ふるえる、興奮する、けいれんを起こす、呼吸が荒くなるなど。症状が悪化すると死に至ることもあります。

ハムスターは嘔吐ができない動物

昆虫の死骸も危険。殺虫剤などが付着している危険性があるからです。万が一、中毒物質を口にしてしまったとしても、ハムスターは嘔吐ができない動物。至急、動物病院へ。ハムの病気を直そうとして、人間の薬を与えないこと。かぜ薬などに含まれるカフェイン、アセトアミノフェン、頭痛薬に含まれるイブプロフェン、人間用の抗生物質などは中毒の原因になります。散歩の前に手の届かないところに片づけておきましょう。

ハムスターが食べても平気そうな食べ物でも、実は中毒成分を含んでいる食品がたくさんあります。シュウ酸は野菜のアクの成分で、カルシウムの吸収を阻害する物質。シュウ酸を含む野菜。ホウレンソウ、アカザ、カタバミ、スイバ、ツルナ、フダンソウなど。これらの野菜ばかりを与えでいると、腎臓障害を起こす可能性があります。これらは近くにあるとハムが食べてしまう恐れがあるので、くれぐれも気をつけましょう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスター選びのポイント

・パートナー選びのポイント かわいいからといって安易に飼ってしまっていませんか?ハムスターと暮らす前に、ちょっとだけ考えてほしいことがあります。か弱いドワハムたちを責任を持って守ってあげられる飼い主に …

no image

ペットとの共存・共生推進に貢献しようとがんばっているペットショップ

あるペットとの共存を考えたショップのお話。飼い主と子犬の双方にとってどんな売られ方が幸せなのか、それを考えさせられる店のポリシー。愛犬と楽しく暮らすには「エッセンスケア」というコンセプトで、ペットとの …

no image

犬の餌による刺激に対する反応を測るテスト

犬の餌による刺激に対する反応を測るテストというものがある。この刺激に対する反応を測るテストでは、望ましい行動が確立された学習の後期段階では、これらの報償も次第にはぶかれてゆく。ほめてやるだけで犬を訓練 …

no image

ジャッカルと犬の間の動物的交雑

ジャッカルと犬のあいだの交雑は、人為的に、自然な形でも頻繁におこなわれてきた。古代エジプト人は、異種交配の試みについて詳細に記録を残している。犬に関する浮き彫りや象形文字や絵画は、紀元前三〇〇〇年にま …

no image

順応力-犬の知能を考える場合

犬の知能を考える場合、私たちは訓練用の囲いや競技会のリングでむずかしい服従訓練を立派にやり遂げる犬を連想することが多い。そして警察犬、盲導犬、牧羊犬、捜索犬、救助犬など、高度な訓練を積んだ犬が、賢くも …